プロフィール

RYO

その他アジア

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2020/11 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:45
  • 総アクセス数:146415

QRコード

ジャークベイトの真実。ジャーキング動画

台湾のバラマンディについてお問い合わせを頂く中で、バラマンディをジャークベイト(ミノー)で釣ると、大型サイズを好んで狙えると以前からご説明しておりますが、なかなか文章ではイメージが湧かないと思いますので、少し前の動画ですが、掲載致しますので、
良かったら、ご視聴くださいませ。

さらに、下記に詳しくジャークベイトの釣りの説明文を掲載しました。



私が一番得意な釣りでもあるジャークベイトの釣りという事もあるのですが、少し長文のウンチク話を。
ジャークベイトの釣りが必ず上達する内容だと思います。
wufzefphr96vrw5hi8uj_920_690-964bb87f.jpg


バラマンディに限らず、ブラックバスもそうですが、海外の魚を狙う際に、私のお勧めと基準ですが、リップに厚みがあり水を切る動きよりも、リップが厚く・水を押す動き が出るジャークベイトが絶対となります。

よくあるトゥイッチでは軽快に動く、リップが薄いキレッキレのダートをする形状のルアーは使いません。
理由は、早い速度・強いジャーク・太いラインシステムには対応されていないからです。

そう・・・早く巻いたら、泳がない(アクション)からです。

基準としては、まずはルアーを少し潜らせるためにハンドル1〜2回転してから、ロッドを下段方向に連続でジャークしながらハンドルも同時に回して泳がせてみてください。

適合していないルアーは、すぐに抵抗・水圧に負けて、
ルアーが水面飛び出して、泳ぎません。

もっと分かりやすい基準としては、早巻きしてみてください。

回収する速度で。

これで水面から飛び出してしまうルアーはNGです。


bow54wn5gn5hnktrrxep_690_920-8e75106f.jpg

どんなに・強いアクションにも対応するのが最低条件です。

軽い力で軽快に動くルアーは、魅力的に見えますが、こういうルアーは大抵NGです。

日本製品のバスルアーに多いです......

20lbから50lbのラインを使用しても動きに影響が少ないというのも、最低条件です。

大体、これらの条件を満たすルアーは、太く・重い・強い強化リング・フックに変更しても、動きに影響が少ないです。
これも最低条件。

台湾のバラマンディ用にたくさんのルアーを持ちこれるお客様がいますが、意外に条件を満たすルアーを持ってくる方が少ないです。

特にバラマンディでは、ブラックバスやシーバスに使うジャークアクションよりも強く・速い動作のジャークをしますが、簡単なレクチャー・アドバイスで、操作方法は皆さんすぐに覚えて頂けますが、ルアーが悪いと全てが台無しになってしまいます.....

さらにマニアックなお話を。

ラインアイのトゥルーチューンをしない人が多すぎます。

トゥルーチューンとは、ルアーが真っ直ぐ泳ぐように、ラインアイを真っ直ぐに泳ぐように調整するのですが、通常普通に泳がしただけでは違いがあまり分かりません。

判断方法は、早巻きが一番分かりやすいです。

真っ直ぐ泳がなくても、釣れます。

釣れますが、本当の動き。本当の潜行深度。本当のルアーが動きが出ません。

騙されたと思って、実践してみてください。
完璧に調整されたルアーは、別のルアーぐらいに動きは違います。

※いわゆるメディアで活躍されているプロと呼ばれている人も、気にしている人が少ないことが多いです.....

完璧に調整しても魚を釣ったりするとズレてきます。
調整済みルアーのアイに瞬間接着剤を一滴垂らすだけで、少しだけ継続できます。

トゥイッチング、ジャーキングについて
本当の違い。を知っている人は、どれだけいるでしょうか?
メディアに出ているプロと呼ばれる方々も違いについて明確に理解している人は少ないです。
台湾へプロと呼ばれている方々も来られますが、間違っている方々が多すぎます…

私の実践テクニックは、本場アメリカのプロの方々に叩き込まれたテクニックのお話と、私自身が魚を釣り込んで、確かめた真実です。
これは、私のガイドに来てくださるお客様も目から鱗の真実です。


トゥイッチとは、ルアーを移動させずに、糸を弾いて、移動距離の少ない左右へダートされるアクションの事を言います。
リールのハンドルを巻かずに、ラインスラッグのみで動かすのが、本来の操作方法です。

ジャーキングとは、ルアーを強制的に進ませて、左右へダートさせるアクションの事を言います。
ハンドルを巻きながら、強くロッドを動かします。

トゥイッチは、ロッドティップとラインを弾くので、ピシピシとラインが水を切る音がします。

ここからが本題です。
ジャーキング。
本来のジャーキングは、ロッド操作時にラインの水切り音を出しません。(鳴っても良いですが)
ラインが水面を弾いて、ピシピシと音を鳴らしてジャークしている方。
実は、ルアーは余り動いていません!!

音が鳴っている時は、ラインを弾いてるのみで、ジャークアクションのパワーロスが生まれています。
本来のジャーキングは、強制的に早く強くルアーを進ませます。
巻きながら、ロッド操作を繰り返すので、ラインを弾くタイミングが無いので、音はしないんです。

糸の水切り音が鳴っていても、ジャーキングにはなりますが、それは「弱いジャーキング」です。
実際に音が鳴っていてもジャーキングにはなります。
誤解なさらずに。
弱いジャーキング。
糸が鳴るジャーキング、私もやります。

よくジャーキング。と言っている操作方法。
それは、実はトゥイッチングなのかもしれません。

そんな早く動かして、釣れるのか?
人間が操作可能な速度は、魚の逃げる速度に比べたら、余裕で襲われる遅い速度程度です。

ようするに、死にものぐるいで逃げる動きを演出するのが、本来のジャーキングです。

ラインアイ調整が完璧なジャークベイトを上記内容の通り実際にお試しください。

これがあのルアーか?という程に、別物ルアーと感じるくらいに、釣れるルアーに生まれ変わります。

このルアーは、釣れないと決めつける前に…

ルアーが悪い場合がありますが、ルアーのポテンシャルを引き出すのは、人間側なのです。



最後に....

ちなみに上記にマッチしたルアーも色々ありますが、
最近の私のお勧めは

ブルーブルー/ブローウィン!140S
mvg6uixruud57pggv7ht_920_690-5fe33a7f.jpg

イマカツ/リップライザー100

イマカツ/リップライザー130

vv9on4ybk5gi5b5zg2cx_920_690-62a56f2c.jpg

上記は特に安定してオススメできるルアーです。

上記条件を満たしているルアーは、たくさんあります。

最終的にはルアーと自分の相性が大切です。
自分が自信を持ってキャストを続けられるか?というのが大切です。
メディアの宣伝に踊らされず、
皆様も色々探してみてはいかがでしょうか?


それでは!!
楽しい釣りを!!
 

w3fzobdwujbpvt8x5ijb_920_482-9ee9625d.jpg
ys2g4e9nhddppbdgzf9r_920_920-1288e66d.jpg

コメントを見る

登録ライター

用語説明ページへ

大会は自分の釣りをリセットす…
20 時間前
ケンスケさん

シーバスのリカバリーについて…
1 日前
ねこヒゲさん

今日の釣行。
2 日前
BlueTrainさん

流れの変化につくヒラメ
3 日前
RIKUさん

まだ柔らかい北西の風
4 日前
平田孝仁さん

サングラスは釣り具である
4 日前
rattleheadさん

勝負の11月大潮でランカーシー…
4 日前
登石 直路(nao)さん

意外と凶悪なメガドッグ
5 日前
ひびき さん

一覧へ