Dr.TJの釣れない日記 https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 連休前に連発…の湘南メッキ https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcsfdvsoj8 2020-11-22T11:28:00+09:00  最近秋の花粉症まで酷くなってきたTJです。今朝もくしゃみが出て変な時間に目が覚めてしまいました。
 世の中は三連休で、どこに行っても混雑していることでしょう。私はと言えば…いくつかこなさなければならない仕事があって、ちょっと出かけるのは無理そう。そして勤め人だった当時の自分もそうであったように、カレンダー通り…いやカレンダー通りにすら休めない方のためにこの連休は釣り座を譲って、のんびり仕事をこなしておこうと思います。今回の記事はそんな三連休前に地元湘南で釣った備忘録になります。

 まず初日です。潮周りが良くなり、前回釣行以上に期待が高まっていたこの日、まだ薄暗いうちに目的地に到着。この日は前回釣行で、型は小さいながら数が出たサーフまで直行です。既にフラット狙いのアングラーが予想以上に入っていたため、恐らく釣れているのでしょう。私もなんとなくフラットを狙いたくなって(ライトタックルとしては)大きめのジグヘッドにアジング用のワームというセコリグでフルキャスト。適度なフォローウィンドだったため、結構な飛距離が出ます。その数投目、着水後テンションフォールさせていると、コソリ!という違和感を感じ、ロッドを煽るとヒットしました!ヒラメを期待したのですが、そんな感じじゃないな~…でもキビキビと良く引きます。っで上がってきたのが…

 メッキだった。
 私の場合、結局何やっても君が釣れちゃうのね^^;
 その後、長い海岸線を延々と歩きながら釣っていきます。

 前回同様、魚のサイズは小さめ。15㎝くらいの魚が中心です。

 この日も比較的波は穏やか。

 漁師さんも早朝から仕事をされていました。この方は何を獲っているのかな…それにしても年季が入ったこの漁船は風情がありますね。絵になります。

 しばらくして、約束していた極楽とんぼさんと合流しましたが、この魚を最後にバイトが止まりました。
 っで、毎度おなじみの迷走が始まったわけです。大体の場合、一か所で集中せずに動き回りすぎるとろくなことにならないわけですが…この日も案の定、あっちへ移動しては30分ほど打って、反応得られず移動、こっちへ移動してもまたダメで移動…そんなこんなで何キロ走ったことか…最終的には10月の末に良い思いが出来たサーフまで行った方が早いだろうということで、13:00頃に目的地到着。概ね2時間ほど、ろくに釣りもしないで動き回ったことになります。秋の夕暮れはすぐ訪れるというのに、とんだ時間の無駄遣いです。ところが、このサーフに着いたらいきなり連発!

 17,8㎝のギンガメアジに始まり…





 ちょっとバイトが出なくなったな…と思ったら少し移動して…

 また連発!私も極楽とんぼさんも順調に数を伸ばします。





 14:30を過ぎると日が西に傾き、どことなく寂しげな風景にうつろって行きます。晩秋ですね。



 この日はJackson/Pin tail tune 6が当たりました。サーフのライトタックルで私が最も信頼しているルアーの一つ。

 後半には20㎝くらいのロウニンメッキが混ざりつつ…


 実はこのポイントに到着してすぐ、広いサーフを延々と歩いて釣れる個所を見つけながら釣るつもりでした。ところが結果的に、良く釣れるポイントは幅にして100mくらいの範囲に限られました。カレントが効いていることが最大の理由だと思いますが、メッキゲームでここまではっきりすることも珍しい。









 すっかり夕景です。
 そろそろやめようか?なんて考えていたら…

 言ってるそばから釣れちゃった^^;


 続けていればもっと釣れそうだったけど、帰りは駐車場まで何キロも走らなければならないので日没で終了。結局この日は30尾くらい釣っていました。

 そしてその翌日。前日は数が沢山釣れましたが、サイズは20㎝止まり。もう少し大きな魚を釣りたくて、全く違うサーフを試してみました。予報では午後から南風が強く吹き始めるとのこと。恐らく午前中が勝負でしょう。

 この日も日の出時刻に到着。しかし、既に多くのアングラーが釣りをしていて驚きでした。ほとんどがフラット狙いのようです。今シーズンはフラットが好調なんでしょうか?例年に比べてアングラーが多い気がします。
 早速タックルをセットして釣り開始。広いサーフを延々と歩きながら魚を探します。今シーズン、このサーフはあまり良い思いをしていないので、もしこの日も芳しくないようなら自転車で先日来好調な護岸まで移動するつもりでした。ところが開始15分後くらいにいきなりバイトが出ました。魚はいます。バイトが出たところを再びスラックジャークで誘ってみると、再びバイト!しかしヒットしませんでした。そのままスラックジャークを続けると、10mくらい先までルアーが戻ったところでガツン!という強烈なバイト!今度こそヒット!こいつは良く引きます。いきなり良型間違いなさそう!

 手尺で測って23㎝くらいのギンガメアジでした!幸先の良いスタートです!
 この日は平日だというのに、その後も続々とアングラーが現れます。下手に動き回ると釣れるポイントに入れなく恐れがありそうだったので、今釣れた界隈を重点的に狙う作戦に切り替えます。再びスラックジャークを繰り返していると、またしてもショートバイトが出ました。イレギュラーに動きすぎるルアーを捉え切れていないのか?そこでバイトの直後に連続トウィッチに切り替えると、すぐにガツン!と明快なバイト。こいつは先ほどの魚以上によく引きます!波打ち際で激しく抵抗されましたが、こらえて寄せ波に乗せて無事ランディング。

 文句なし。20㎝オーバーのロウニンアジ。手尺で測ると22㎝くらいありました。
 今の釣れ方から、スラックジャークで見せて、食わせは連続トウィッチが良いのではないか?そんな仮定の下、先ほどのパターンを再現するように、スラックジャークで飛距離の1/3ほど引き、連続トウィッチに切り替えると、その瞬間にヒット!



 これはもうパターンと言って間違いないと思います。すべて20㎝オーバーでした。

 ところが日が高くなるとパッタリとバイトが出なくなりました。フラットアングラーも徐々に引き上げていきます。そこで少しずつ移動しながら釣ります。先ほどのポイント同様、カレントが効いていると思しき個所を見つけたのでちょっと粘ります。ライズリングみたいなのが時々見られ、なんとなくベイトっ気もあります。しかしつい先ほどまでフラット狙いのアングラーが散々叩いて行った場所。数投で見切りをつけるつもりが、2投目にスラックジャークするルアーにゴツッ!という鈍くて強いバイトが出てヒットしました。こいつは最初こそそれほど引かなかったけど、波打ち際に差し掛かったところでついに本気を出して引っ張り始めました。波打ち際のブレイクまで寄せては2回ほど走られました。これはデカイ!私のメッキ記録更新するのではないか?何とか引き波をこらえて、寄せる波に乗せてずり上げますと…なんだか細長いな?

 何とシーバスだった!全くジャンプしないからてっきり大きなメッキかと思った。正確には測らなかったけど、恐らく55㎝くらい。頭は大きいけど、秋のシーバスにしては何だか痩せてます。

 このシーバスを釣って以降、メッキからのアタリも無くなってしまいました。そこで自転車に乗って予定通り護岸まで移動。
 移動先の潮の色は適度な濁りが入って雰囲気は良いです。ただ、サーフに比べると波がやや高め。風はこの時点でも北寄りの微風で釣りやすくはあります。初めの内はミノーをローテーションして幅広くサーチするも不発。なのでメタルジグに変更して沖に向かってフルキャスト。縦のジャークを数回入れてテンションフォール。これが基本。すると数投目に、フォールするジグのアシストフックに付いたケミカルファイバーをモシャモシャとついばむような前アタリが出ます。そこでちょこちょこと焦らすようにシェイクすると、ガツン!と食ってきました。

 ちょうど20㎝くらいのギンガメアジが最初に釣れました。

 その後もポツポツ釣れるものの、なかなかサイズアップしません。以前ここで釣った時は良型連発だったのに…群れによるのかもしれませんね。
 しかしできるだけ遠投をかまして沖の方をサーチすると、徐々にサイズアップ!

 20㎝オーバーのロウニンメッキが釣れました!

 こんな感じで連発こそしないけど楽しんでいたわけです。するとずっと沖の方でボイルが発生!でも届かない!しかし少しずつこちらに近付いてきました。そこで10gのメタルジグに変更してフルキャスト!ボイルには届きませんでしたが、気づいてくれそうな距離までは放り込みました。カウントダウンせずゆっくり棒引きすると、すぐにガツン!

 20㎝にちょっと足りないギンガメアジ。メッキ用として使うにはかなり大きなジグですが、平気で食ってきます。スピンテールのキラキラが良かったのかも。

 その後も手を変え品を変え…


 これはこの日最大の24㎝。立派なギンガメアジでした。とにかく遠投が効くルアーが圧倒的に有利で、後半は10gのジグで通しました。前アタリを捉えて、掛けに行く釣りはミノーの釣りとはまた違った楽しさがあります。

 しばらくすると、連絡を取り合っていた810さんがやってきました。しばし二人並んで釣ります。

 しかしこの魚を最後にバイトが出にくくなってしまいました。まだ群れは回遊していて、一つ所に落ち着いていないようです。恐らくここで続けていれば再び回遊があると思われますが、翌日からの仕事を考えてこの日は早めに上がる予定でした。なので今シーズンほとんど釣りをしていない別の護岸まで自転車を走らせます。
 移動先の護岸周りは澄潮でした。波っ気はそこそこあって、気を付けないと飛沫を被りそう。しばし波の様子を伺って、ここなら大丈夫というポジションを見極めてから釣り開始。ところが、雰囲気は良いのですが、ダツの数が多い!近年、メッキ不漁が続いていましたが、ダツは少なくともベイトが入っているというバロメーターみたいな扱いをしていました。なので最近ではそれほど邪険にしなくなっていたつもりですが、今シーズンのようにメッキがコンスタントに釣れると、着水したルアーにガツガツ絡んで来られるのはさすがに鬱陶しい!そんな変なバイトを無視してしばしルアーをカウントダウンし、いつものようにスラックジャークで誘っていると、ゴンッ!と明快なバイトとともにヒット!15,6㎝のギンガメアジでした。カメラを出すのも煩わしいので、小さな魚は写真も撮らずにリリースしたもの数尾。


 この護岸で釣れたメッキは、全て20㎝足らずでした。しかし魚がいることが分かったのは収穫です。恐らく今シーズンは、よっぽど条件が悪い場所でない限り、湘南全域にメッキが接岸していると思います。釣れるかどうかは回遊のタイミングと、その時に釣れるメソッドが正しく選択できるかどうかですね。

 予定通り、この日は12:00過ぎに終了。なんだかんだと20尾くらい釣りました。狙い通り、朝方に良型を釣ることができたのは幸いでした。
 これほど海況が安定している年は久しぶりです。恐らく今シーズンは、少なくとも年内いっぱいは良い釣りが出来そうです。

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/19Vanquish  C2500SHG
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro]]>
Dr.TJ
西伊豆の仇を湘南で討つ! https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcsmdfu8of 2020-11-15T16:04:00+09:00  前回の西伊豆釣行は散々な結果に終わりました。っで、地元の釣り仲間に最近の湘南についての情報を教えていただくと…風や波の具合によってばらつきがあるものの、メッキについては相変わらず釣れているみたいですね。ここはツキを戻すためにももう一度湘南で釣ろう!ということで最近の4日間の記録です。

 まず初日、行先はちょっと迷いましたが、10月に非常に良かった某サーフを目指します。ウエーダーを履いて海岸線をランガンする釣りは、目線が水面に近くてとても楽しいのです。

 最後にこのサーフで釣りをした時は、前線が通過した影響が残って大荒れでした。それからだいぶ時間が経過したので落ち着いているだろうと海岸線まで出てみれば…相変わらず波が高い!そしておびただしいサーファーの数!波にルアーが翻弄される上にキャストできる箇所が限られて非常に釣りづらい!ところが波打ち際でルアーを回収しようとしたら、もさッと竿先が重くなりました。

 やっぱり君か!
 カレントになっているところを打って行きたいのだけど、サーファーの間を打たなければならないのでなかなか思うようになりません。

 海岸線ではミユビシギと思しき群れが盛んに砂をついばんでいました。私のことをあまり恐れていません。人に慣れているのかな?
 やがて日の出を迎え…


 波は相変わらず高いです。今回もサーファー天国ですな…
 それでもスラックジャークでサーチするとかなり手前側でガツン!


 15㎝くらいのギンガメアジをゲット。

 ところが予報とは違って南風が吹いてきました。思うような釣りができないのはストレスを感じます。そこで思い切って移動。候補はいくつかありましたが、先日渋いと言いながらそれなりに結果の出た某護岸へ。

 しかし移動先でもなかなか結果が出ませんでした。恐らくそこが一番釣れるのだと思いますが、一か所にアングラーが固まっています。しかし釣れている雰囲気ではありませんね。私はちょっと離れた位置で釣り開始。ここでも弱いが南風が吹いています。そんな中、あらゆる手を尽くしてみます、メタルジグ、ミノー、ワーム…いずれも結果が出ず…。やっぱりツキがなくなっているのか…。
 午後になり、810さんがやってきました。しばし、いろいろ試しますがなかなかバイトが出ず…ところがこの護岸に一番最後にやってきた810さんが最初に釣り上げましたぞ!さすが!これで魚がいることは分かりました。ではもう一度、ちょっとずるいけどワームを試してみましょう。このためにアジングロッドにエステルラインの組み合わせを持ってきていました。ちょっと投げて、ボトムを取り、ちょっとボトムバンピング気味に誘うと、コソリ!という繊細なアタリ!

 15㎝くらいのロウニンアジでした。やっと釣れた!
 その後も何度かバイトを得ましたが、あわせを入れた途端にエステルラインがブレイク!ちょっとドラグ〆すぎだったか…。さらにもう一度バイトがあり、今度こそ上手くヒットさせられたものの、またしても急に走られてブレイクorz
 この間に810さんは何尾かのメッキを追加していました。この辺が腕の違いですね。そんな810さん、少しずつ移動しながら釣っていましたが、バイトが連発する!と言って私を呼んでくれました。いわれるようにメタルジグをフルキャストし、大きめのジャークが良いとアドバイスされたので、縦に大きく4,5回しゃくりを入れてフォール。5カウントほど沈めたら再び連続でしゃくってフォール。この時にガツンッ!とヒットしました!

 22㎝くらいの立派なロウニンアジでした!
 その後も…



 ロウニンアジが連発!
 30分もすると時合いが終了してしまいましたが、楽しめました。そして16:30になり、終了しようとした直前に再びガツン!




 こんな感じで初日が終了。数は釣れませんでしたが、後半に連発があって楽しめました。


 そして2日目。
 前日の釣れ方から、とある別の護岸も釣れるのではないかという確信に似た予感があり、そちらへ直行。この日は極楽とんぼさんも誘っていました。極楽とんぼさんは午後から参戦との事。私もあまり早く出かけても釣れる気がしなくて、なんとなく家でダラダラしているうちに9:00頃になってしまいました。この時間になれば朝の大渋滞も解消しているでしょう。のんびり出発です。
 その前にラーメン食っていきました。『小林屋 茅ヶ崎店』です。

 「札幌らーめん(750円)」
 一時期大幅価格見直しが行われ、非常にリーズナブルな価格で食べることができたこの店も、消費税率の引き上げなどとともに徐々に価格が上がってきました。最も安かったころに比べるとちょうど100円値上がりしています。しかし、内容を勘案するとそれでも良心的な価格です。炒め野菜を中華鍋で作り、そこに出汁を注いで味付けまで中華鍋の中で行われます。なので炒め野菜の旨味が余すところなく取り込まれ、スープが非常に美味しくなるのです。アツアツで野菜たっぷりなので食べ応えあり!
 早い時間から営業してくれるので、中途半端な時間から釣りをする時にも重宝してます。
【店データ】
『小林屋 茅ヶ崎店』
住所:神奈川県茅ヶ崎市荻園2622
電話:0467-58-5104
定休:無休
時間:10:30〜翌24:00

 さて、ラーメン食って腹いっぱいになったところでポイントへ。
私の方が絶対に早く到着するだろうと思っていたら、ラーメンなんて食っている間に極楽とんぼさんに追いつかれてしまいました^^;一緒に海岸線へ向かいます。
 護岸へ到着すると、投げ釣り師が一人釣っていました。でもなにも釣れないそうです。私たちも早速開始しますが、なかなかバイトが出ず…最近こらえ性が無くなってきた私たち、すぐに釣れる気がしなくなります。しかし適当にメタルジグを投げ、縦に大きくジャーク&フォール。再び大きく縦ジャークを入れるとガツンッ!という強烈なバイトとともにヒットしました。こいつはぐいぐいボトムに突っ込みます!

 いきなり22㎝くらいのロウニンメッキが釣れてしまいました!しかしここから辛い時間が始まります。全くバイトが出なくなったのです。なのでこの護岸に続くサーフをチェックしてみます。

 海は穏やか…

 しかし釣れたのは15㎝くらいのギンガメアジ1尾だけ。最初に釣れた魚から1時間以上経過してこれだけ…。
 再び護岸に戻って釣り始めますが、もはや釣れる気がしなくなってきました。極楽とんぼさんと相談して、もう少しやってみてダメなら大きく移動しようか?そんなことを言い始めていた時でした。
 時合いは突然やってきました。潮止まりの直前、フルキャストしたメタルジグがフォール中に突かれました。ジャークを入れると再び小さなバイトがありますがヒットはせず…。そこで再度キャストしなおし、フォールでボトムを取った後に縦ジャークを3回。再度フォールを入れると、またしてもモシャモシャとケミカルファイバーの付いたフックをついばむようなバイト。そこで小さく竿先を揺らし、焦らすように誘うとゴンッ!という明快なバイトとともにヒット!こいつは良く引きます!

 20㎝オーバーの立派なギンガメアジでした!続けざまにバイトが出たことで、恐らく群れが回ってきたのだと思います。サーフへ出ようとしている極楽とんぼさんを引き留めて一緒に釣り始めると、極楽とんぼさんにも一発でバイト!ヒット!ここからしばし連発が始まりました!


 いずれも20㎝オーバーのロウニンメッキ!素晴らしい引きです!楽しい!
 しかし時合いはあっという間に過ぎました。二人で3尾くらいずつ釣ったところでピタリとバイトが出なくなりました。やはり群れが回遊していて、それが来ないと釣れないのでしょう。
 ところが今回はこれで終わりませんでした。潮周りは決して良くはなかったこの日、もう終わりかと半分諦めかけていると、再び食いが立ちました!



 20㎝を余裕で超えるロウニンメッキが連発!
 その後少々のインターバルがありましたが、再び連発!



 こいつはこの日最大の24㎝!強烈なファイトです!








 16:30になり、バイトが止まったのでサーフを打ちながら帰ることに。サーフではバイトはありませんでした。
 この日釣れたのはほとんどが20㎝を超えるロウニンアジでした。こんな魚たちが連発すると病みつきになります^^


 そして3日目、前回の釣りが忘れられずもう一度同じ護岸へ。この日もゆっくり出かけました。ポイントに到着したのは11:00頃。前日とほとんど変わらない時間でした。

 サーフを歩いていると、天気が良くて気持ちが良いです。ところがこの日も前日同様、なかなかバイトが出ませんでした。散々護岸の上を動き回り、全くバイトが無いので一度サーフに戻ってひたすらランガンしてみます。やっと釣れたのは開始から1時間以上経過した頃。

 ちょうど20㎝くらいのギンガメアジでした。その後、もう一尾ヒットさせるもすぐにバラシ。途中途中ダツのようなバイトが出ただけで、サーフはイマイチでした。なのでもう一度護岸まで戻ります…が、やっぱりバイトが出ず…。

 ちょっと心が折れかかった頃、連絡を取り合っていた810さんがやってきました。しばし一緒に釣りますがなかなかバイトが出ず。きっと810さんが来てくれなかったら、とっくに帰っていたと思います^^;
 そして昨日同様、潮止まりになってから釣れ始めました。

 メタルジグでアタリが出ないのでミノーに変えて引っ張り出した1尾。16,7㎝のギンガメアジでした。

 SMITH/D-CONTACTⅡ50のカラーローテーションでもう1尾。

 ミノーで当たらなくなったら今度はメタルジグで。22㎝くらいのロウニンメッキでした。





 昨日のような“時合い”と言えるほどではなかったけど、810さんと二人で日没近くまでポツポツ釣って楽しみました。この日は帰りの渋滞に巻き込まれるのが嫌で、早めの撤収。ところが後日聞いた話では、810さんは私が帰った後で連発させたのだとか!しまったー!


 前日同様、帰りはサーフを打ちながら…

 釣れたのはダツ1尾だけでした^^;
 でも結局この日もつ抜けできました。例年に比べれば、釣果としては十分です。


 そして4日目です。前日、ちょっと調子が落ち始めていたので、思い切ってポイント開拓を兼ね、今まであまり釣りをしたことのない海域でやって見ることに。駐車場に車を止め、折り畳み自転車でポイントに向かいます。


 日の出時間にポイントに到着しました。予報と違い雲が暑く、とても寒い!ヒートテック着てきて正解!
 あまり釣りをしたことが無い場所なので、適当にサーフをランガンします。途中フラット狙いの方がいましたが、ヒラメ・マゴチは釣れていないそうです。海は実に穏やか。ほとんど波が無く釣りやすいです。そんな中、時々ルアーの引き抵抗が強くなるところ…カレントを見つけてはちょっと粘ってみます。するとスラックジャークにカツンッというバイト!

 おおっ!やっぱりいたか!
 今シーズンは湘南のどのサーフにもメッキは回っているようですね。その後も連発はありませんが、ポツポツバイトが出ます。


 ポツポツ釣れるけど、先日の護岸で釣れたロウニンアジみたいな大きさではありません。そして連発するわけでもありません。なんとなく煮え切らない気分です。






 波打ち際でゴミをひっかけたような感覚…上がってきたのはお馴染みクサフグ君でした。この子、膨らんだところを写真に撮ろうとしたら…
 アタタタタ!
 こいつ!私の掌に思い切り噛みつきました!クサフグに噛まれると痛い!ってことを初めて知りました!歯形が付きましたよ!
 しばらくすると、約束していた極楽とんぼさんも合流しました。一緒に釣り始めると…状況は全く変わらず、ポツリポツリ釣れます。サイズはほとんどが15㎝あるかないか…しばらく二人で思い思いの個所を釣りましたが、一向に状況は変わらず。


 この魚はBassday/CRYSTAL POPPER 30Sで釣れたもの。トップの釣りは楽しいけど、連発が無い上にサイズが小さい…。人間だんだん贅沢になってくるもので、一昨年以前はつ抜けできただけで大喜びだったのに、一度良い思いをしてしまうと全然刺激が足りません。完全に中毒です^^;
 そんなわけで、私は一度極楽とんぼさんと別れて一昨日良かった護岸へ自転車を走らせます。しかしここでも芳しい釣果が得られませんでした。

 護岸に戻ってすぐに17,8㎝のギンガメアジがミノーで釣れましたが、その後全く当たりませんでした。なのでこの護岸に続くサーフを試してみると…

 散々粘ってついにバイトが出ました!思いのほか引きが強い!波打ち際を慎重にやり過ごして無事ゲットしたのは、手尺で測って24㎝くらいのロウニンメッキでした!これは嬉しい!ヒットルアーはJackson/Pin tail tune 6のピンクコットンキャンディーカラー。私がサーフでよく使用するルアーです。しかしこのサーフもこの魚1尾で沈黙。もう一度護岸に戻りますが…

 二日続けて潮止まり時間が良かったので、それまで粘りましたが不発。そこで遅れて護岸にやってきた極楽とんぼさんとともにもう一度朝釣ったサーフへ戻ることに。

 晩秋の夕暮れはすぐに訪れます。




 私も極楽とんぼさんも先ほどと全く変わらない釣れ方でした。
 私には日没後、暗くなる直前に3回続けてバイトが出ました。その内1尾はかなり良いファイトをしたので、ナイスサイズだったと思いますが、全てバラしてしまいました。

 結局暗くなるまで遊んでしまいました。帰りは案の定大渋滞です^^;

 最後締りがありませんでしたが、この4日間はなんだかんだと良く釣ったと思います。伊豆で酷い目にあいましたが、その仇を湘南で取った気分です^^;
 今シーズン、あまりサイズは上がってきませんが、メッキの数は多いですね。なのでそれなりに楽しめます。今後も長いこと釣れ続いてほしいものです。

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/19Vanquish  C2500SHG
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro
]]>
Dr.TJ
貧果の三日間…西伊豆は私たちに冷たかった https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcsmthdw7u 2020-11-08T09:33:00+09:00  昨年は仕事が忙しくできなかったものの、毎年この時期になると仕事の合間を縫って極楽とんぼさんと遠征を企画しております。行先については…海が奇麗で食事が美味しく、なおかつ温泉があること…そうなると、一泊程度で済ませることが出来そうなエリアとして私たちにとって最も手ごろなのが西伊豆なんです。そんなわけで、今年もいろいろ迷った挙句に結局西伊豆に遠征することになりました。例のGoToキャンペーンを利用しての旅になります。

 と、その前に、実は遠征前はおとなしくしていれば良いものを、どうしても我慢できなくて地元湘南の様子を見に行ってしまったのです。しっかり5:00am.に出発して日の出時間から釣りましたが…

 現地到着は6:30頃。今回も折り畳み自転車を使ってサーフのランガンです。ところが写真では分かりにくいと思いますが、かなり波が高い!当然波足も長く、非常に釣りづらいのです。しかし前回のサーフ釣行では久しぶりに大連発しましたので、釣りが成立しさえすれば、いただいたも同然だと高を括っていました。ところが全くバイトが出ませんorz



 釣れないので風景写真家になってきました^^;

 波打ち際にはシギの仲間と思しき鳥が多数、器用に波をよけながら砂をついばんでいました。




 今シーズン、ここまで良かったサーフも、結局この日はこのヒラセイゴ1尾で終了。普段は鬱陶しいほどに群れていたボラの姿も見えませんでした。この日はサーフィン日和でした。埒が明かないので早々に某護岸へ移動。

 護岸周りも荒れていました。足場が高い上に波が大きいのでルアー操作すら覚束ない有様。それでもなるべくルアーが浮き上がらないように大きめのジャークとトウィッチを組み合わせながら探っていると、沖の方でいきなりガツン!

 20㎝くらいのイケカツオでした。銀ピカで本当に奇麗です。しかしこの護岸もこの1尾で終了。

 一応この護岸に続くサーフもチェックしましたが、先ほどのサーフ同様、波足が長くて釣りづらく、全くバイトが出ませんでした。この日は翌日以降の遠征に備えて午前中で終了。ショボい釣果でした。翌日からの西伊豆での釣りに期待です。

 っで、よく考えたら今シーズンはまだ、釣行前にラーメンを食っていなかったのです。釣果にむらがあるのはそのせいか?ここは禊を済ませるために一杯食っていかねば!
 向かった店は、毎シーズン最初に食べるのはここ!と決めている、寒川の『大正麺業』です。

 「味噌ラーメン 並(830円)」

 「餃子三個(クーポンサービス)」
 お馴染みのメニューで間違いのない味。なのですが、今回の麺は加水率が低めでかなり硬めの食感でした。いつものようなモチっとした食感が好みなので、ちょっと残念。
 スープは炒めたモヤシとミンチの旨味が溶け出して、濃厚な豚骨出汁と独自配合の味噌ダレの組み合わせが抜群。美味しいです。
 今でも開店10周年のサービスクーポンで餃子三個がサービスされます。これも安定した美味しさ。
【店データ】
『大正麺業』
住所:神奈川県高座郡寒川町一之宮3-15-12
電話:0467-75-4041
定休:木曜日
時間:11:00-15:00  17:00-22:00(土日祝は通し営業)

 さて、いよいよ西伊豆遠征です。釣りを始める前は期待でいっぱいです。6:00am.に拙宅に集合し、荷物を積み込んでいざ出発。最初に向かったのは宇久須港。西伊豆で最も期待が大きいポイントの一つ。イナダやソーダガツオなどの青物狙いで出かけてみれば、かご釣り師が並んでいます。これは期待できそう。そして目の前で、ソーダガツオが一尾上がりました!
 早速私達もライトタックルをセットして釣り始めますが…全くバイトが出ませんorz
 しかし極楽とんぼさんは、メッキを3尾ほど仕留めていました。私のルアーにも何度かチェイスがあるものの、ヒットに至らず。


 風景は良いのですが…
 結果が思わしくないため、続いて松崎新堤に移動。

 これまた景色が良いのですが…ノーバイトでしたorz
 そこで今度は、ずっと南に下って子浦港まで車を走らせます。


 う~ん。奇麗な景色だな~。
 ここではシャローポイントで何度かメッキのチェイスがあったものの、スレているのでしょう。2投目には全く反応が無くなるという厳しさ!なんでこんなに見切りが早いんだ?
 この後堤防周りもチェックしましたが、結局ノーバイトに終わりました。そこで今夜の宿泊地である松崎まで戻ることに。

 とりあえず遅めの昼飯にしました。松崎に来たなら、いつも食事の定番にしている『民芸茶房』です。

 今回は蕎麦のセットにしてみました。価格を失念。
 桜の葉を打ち込んでいるという蕎麦は瑞々しく、ほんのり桜の良い香り。海老のかき揚げはカラッと揚ってとても香ばしいです。
【店データ】
『民芸茶房』
住所:静岡県賀茂郡松崎町松崎 静岡県賀茂郡松崎町松崎495−7
電話:0558-42-0773
定休:不定休
時間:7:30-15:00 17:00-20:30



 30年以上前に修景計画が行われた松崎町は、今もひなびた美しい風景がそのまま残っています。私が通い続けた25年ほど前から、ほとんど変わっていません。

 こんな風に、西伊豆はどこに行っても素晴らしい風景です。しかし…
 …
 …
 …
 釣れないんです!
 漁港や河川内をメッキがいないかとチェックしてみますが、一度バイトがあったきり…。



 釣れないのでまたしても風景写真家になる私。それにしても奇麗な夕焼け!
 晩秋の夕暮れはあっという間に訪れます。ああ!今日も釣れなかったな~。
 この時もメッキやフッコクラスまでのシーバスを狙っていたので、タックルは湘南で使っているのと同じライトタックルでした。唯一違っていたのは、リールがオーバーホールから戻っていたShimano/12Vanquish 2000Sだったこと。

 このリールは2年ほど前までの私のメインリールでした。丸6年くらい使い続けました。結果、巻き重しが出るようになり、今の19Vanquishに乗り換えたわけですが、思い入れ深いリールなので、オーバーホールに出したわけです。取次の釣具店の方によると、古い機種なのでもしパーツが無かったらそのまま戻ってくる可能性もあるとの事。ダメもとでお願いしてみたら、しっかり治って戻ってきました!メインギヤを交換したのでほぼ新品同様の巻き心地に戻りました!これからサブリールとして使っていくつもりです。
 こんな感じで全く釣れる気がしなくなっていました。極楽とんぼさんはメタルジグでカスミアジを一尾ゲットしたそうですが、私には全く反応がありません。しかし毎度のことながら釣れる気がしなくなった時に限ってバイトが出ます。漁港の岸壁からサーフに向かってSMITH/D-CONTACT50Ⅱをキャストし、いつものようにスラックジャークで適当に釣っていました。どれくらいカウントダウンしたのかも覚えていません。なんとなくリールのハンドルを5回くらい回すと突然ガツン!という明快なバイト!そしてヒット!
 こいつはなかなか引きが強い!沖のボトムに向かって疾走するこのファイトは恐らくメッキ。薄暗がりの中に浮き上がってきたのは、銀ピカの魚体…間違いなくメッキでした。
 無事ピックアップしたその時でした。写真を撮ろうと魚を岸壁に横たえると、私の足元から突然白い物体が飛び出てきて、メッキに襲い掛かりました!何と港に住み着いている白猫でした!せっかくの魚を取られてたまるかと、思わず大声が出ました!飛んで逃げる猫。

 20㎝くらいのメッキでした。引きが強いのでもっと大きな魚かと思った。釣り上げた時はカスミアジだと思いましたが、こうして冷静に見直してみると、ただのギンガメアジかな~。哀れ、猫にふん掴まれて流血しています。
 結局この日釣れた魚はこの一尾だけorz
 早々に宿に入って温泉に浸り、夕飯をいただきました。実は今回宿泊したのは、いつも食事をしている『民芸茶房』を経営している『豊崎ホテル』なのでした。こちらの宿は、食事は『民芸茶房』でいただくことになります。

 付け出しは太刀魚の南蛮漬け、駿河湾の深海海老の刺身。漬物。

 アオダイの煮付け。甘辛く上手に煮付けられていて美味しい!

 名物キビナゴの干物。

 太刀魚のから揚げ。

 お吸い物。
 本当はここに御つくりが加わっていたのだけど、ビール飲んで酔っ払い、がっついて食べちゃったので写真がありませんでした^^; 肝心な料理を撮り忘れるとは…。

 ここまでろくな釣果が上がっていなかったわけですが、どことなく気持ちに余裕がありました。というのも、翌日はボートに乗っかって釣りをするからなのです!いつもおかっぱりで届かなかったポイントで、確実に魚を獲る!楽しみ以外に何もありませんでした。
 そんなわけで今晩は早く寝ることにします…。

 翌朝、先ずは5時起きして近場をチェックしてみます。昨日のように漁港周りや河川内を丁寧に探ります。


 静かで奇麗な港町の夜明けでした。
 しかし相変わらず釣れません。なので宿に戻り、露天風呂につかり…朝飯です。


 素朴な民家調の建物でいただく素朴な食事。
 奇をてらわない手作りの料理は、シンプルでとても美味しいです。

 さていよいよこの度の釣りのメインイベント。ボートに乗っかってジギング、エギングを行います。場所は松崎に近い田子漁港です。船宿さんにポイント情報などを教えてもらい、ローボートに荷物を積み込んでいざ出発!

 田子湾はかなり広いです。船宿さんは、湾内ならどこに行っても大丈夫と仰りますが、陸から見る対岸はかなりの距離!青物ポイントはその対岸近くです。とても行ける距離だとは思わなかったのですが、微風のこの日、それほど苦労することなくポイントに到着できました。この日は極楽とんぼさんが持ち込んだソナーをセットしての釣りでしたが、反応が全くないんですけど…。極楽とんぼさんは最初、魚探モードにセットするのを忘れたか?と自分を疑い、そうではないと分かると今度はソナーが壊れたのか?と疑い始めました。それくらい、全く反応がありません。水深は最大で40mほどあります。水質も良い。懸念する材料があるとすれば、澄潮すぎて魚に見切られているかも。しかし釣れる雰囲気で充満しているわけです。
 水深が深く、アンカーが効かないため、流しながらの釣りになります。あまりにもソナーに反応が出ないので、これは本格的にソナーが壊れたみたいだと言い始めたその時、ごく小さな魚の反応が…。ソナーは壊れていないようです。つまるところこの海域には、魚がいないんですorz
 仕方なく魚の反応を探してあちこち動き回りますが、どこに移動しても火星のごとく生命感がありません。

 シャローポイントでは…

 ソナーに反応が出た!と思ったらソラスズメがいた。しっかり反応します。
 …
 …
 …
 結果、ノーヒット、ノーバイト、ノーチェイスの完封負けでしたorz

 傷心のままボートを降り、次なるポイントに移動することにしました。仁科川河口のサーフです。っとその前に仁科港をチェックしてみますと、餌釣り師が何人かいらして、サバやムロアジを釣っていました!しかも連発!初めてまともに釣れている風景を見た!早速私達もミノーを試してみますが…コマセに狂った魚はルアーには全く反応しませんでした。

 期待の仁科川河口周りのサーフも、完璧なノーバイトorz

 仕方なく最後の期待…戸田港で今回の釣りを締めくくろう!
 平日でしたが戸田港はいつも釣り人がいます。やはりかご釣り師が多いですね。私はアジング、極楽とんぼさんはいつものライトタックルでサーチ。私は1.3gのジグヘッドに極小ワームの組み合わせ。水深が深く、澄潮のため表層では難しいだろうとの判断で、最初からボトム付近を意識して25カウントほど入れ、シェイクを混ぜたリフトアンドフォールで誘います。すると手前にカーブフォールしているジグヘッドが、フリーズしたかのように止まりました。聞き合わせを入れてみるとヒット!最初はほとんど引かないのでネンブツダイでも掛けたかと思ったら、急に走り始めました。

 釣れたのは25㎝くらいのカマス。群れが入ったのかな?極楽とんぼさんを呼んで、もう1投してみると、またしても明快なバイト!ヒットしたものの、鋭い歯でリーダーが切られました!でもまだまだいけそう!すぐにジグヘッドをセットしなおして再度キャスト…
 …既に魚が離れたようで、その後全くバイトがなくなりました。





 あっという間に日が暮れました。
 …
 …
 …
 
○| ̄|_
 惨敗ですorz

 悔しいので最後にお気に入りのラーメン店で食べて行くことにしました。本厚木にあります『麺や食堂』です。

 「しおそば(770円)」

 「若鶏かつ丼(390円)」

 同じような遠征をした帰りに極楽とんぼさんに食べてもらって、彼もすっかり気に入ってくれたこの店。清端なスープは丸鳥、ガラなどの動物系出汁と煮干しや鰹と思しき魚介系とが絶妙に調和されていて、さっぱりしているのに物足りなさは全く感じません。ビジュアルも相変わらず美しい!
 ちなみに若鶏かつ丼など、ご飯もののサイドメニューがあり、とてもリーズナブルな価格ですが、ラーメンメニューを注文したお客さんだけがこの価格で食べることができるサービスメニューなので注意。もともと食堂から始まったこの店の面目如実。素晴らしい出来栄えです。
 よく考えたら内科の主治医に「お前は飲みすぎの上食いすぎだ!」と言われていたけどこれだけ食って大丈夫かな~?私は大した量を食べているとは思わなかったんだけどな~…。
【店データ】
『麺や食堂』
住所:神奈川県厚木市幸町9-6
電話:046-228-3978
定休:無休
時間:11:00-22:30(LO)

 それにしても釣れない遠征でした。先ほど改めて過去の西伊豆遠征について振り返ってみたら…ろくな目にあっていないのです。そろそろ学習しろってか^^;
 そんなわけで、今回も風景写真と食レポに終始した西伊豆遠征でした。
 
西伊豆の海は私たちに冷たすぎる!

【Tackle Data:Mekki】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/12Vanquish 2000S
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/D-COAX51
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro

【Tackle Data:Aji】
Rod    :TENRYU/Lunakia LK582S-LS
Reel    :Shimano/16Vanquish 1000PGS(only spool:YUMEYA C2000M)
                         Handle:LIVRE/WING 72
                         Reelstand/DRESS/CHEMI STAND
Line    :Polyester ♯0.25
Leader:Fluoro carbon 3LB
Lure    :34/MEDUSA 2.8inch
            34/Octpas 1.8inch&1.3inch
            34/FISHLIKE 1.5inch
            34/Jr.
            34/Chimerabaite 2.0inch
            34/Orbee
            TICT/U.S.B spiralclaw 1.8inch
            TICT/U.S.B brilliant 1.2inch
            TICT/U.S.B brilliant 2.0inch
            TICT/U.S.B metabo brilliant 1.5inch
            TICT/U.S.B gyopin
            ECOGEAR/AJI MUST 2.0inch
            ECOGEAR/SOFT SANSUN 3"
            Jig head/0.5~2.0g
]]>
Dr.TJ
好調の湘南メッキも南の爆風に翻弄される! https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcsyuahemb 2020-11-03T10:25:00+09:00  昨日のことです。11月に入りこの三日間、3連休にしている方も多いのではないでしょうか。その中日でした。ここ近年の私には珍しく、10月の内から好調にメッキが釣れているため、平日に当たる昨日は出撃を予定していました。ところが午前中の内から南の強風が吹く予報になっていましたね。本当は好調なサーフでの釣りがしたかったのですが、さすがに5m/sを超える向かいの強風下では軽量ルアーを投げることができないので、泣く泣くサーフをあきらめることに。そこで極楽とんぼさんと相談し、風向きをわずかでも回避できそうな場所…今シーズンはまだチェックしていなかった某護岸を調査しに行ってまいりました。

 人によっては3連休の中日。もしかしたら大混雑になっているのではないかという予想から、日の出時間を目標に出発。駐車場に自転車を停め、ポイントに到着すると…何と既に一人のアングラーが入っていました。その方はシーバス狙いのようでした。私はこの方から離れて、南風が入っても釣りになりそうなポジションを押さえました。っで、私が到着すると続々とアングラーが訪れました。やっぱり出足が早い!
 朝一番は雲が多く、なかなか日が差し込みませんでした。ウインドウブレーカー代わりのカッパを着込んできましたが、それでも肌寒く感じるほど。第1投目はちょっと迷いましたが、やっぱりいつもパイロットルアーにしているSMITH/D-CONTACT50を選択。しばしキャストを繰り返しますが反応なし。

 そのうち日の出時間を迎えました。

 朝焼け雲がきれい…。

 しばしミノーでサーチしましたがバイトが出ません。サーフと違い、足元から深いので、魚がいるレンジをトレースできていないのかも。そこでボトムを確実に取ることが出来るメタルジグに変更。その数投目、なんとなくボトム付近で前あたりのような感覚が連続するも、フッキングできそうなバイトになりません。それでもボトムすれすれをちょこちょこと小刻みに誘うと、コンッ!という明快なバイトとともにヒット!しかし引きがすごく弱いんですけど…

 10㎝くらいのロウニンメッキだったチッチャ!
 7:00頃になると細かいバイトが連発するようになり、ワームのずる引きで釣っていたアングラーに2尾ほど釣れていました。私の方は、バイトがあるもののなかなかヒットに持ち込めません。しかし前当たりからネチネチと焦らすようにジグを操作すると、ついに食ってきました!

 さっきより引いたのでもっと大きいかと思ったら、15㎝くらい^^;これもロウニンアジでした。

 極楽とんぼさんからメールが入ったので、バイトが出始めた旨をお知らせします。ところがその直後から全くバイトが出なくなりました。しかも予報では朝から南風が吹くはずだったのに、北から吹いているんですけど!こんなことだったら無理してでもサーフに行けばよかったかな…
 …
 …
 …
 本当に釣れないorz
 極楽とんぼさんと待ち合わせしていなかったら、とっくに移動していたと思います。その極楽とんぼさんは9:00過ぎにやってきました。しばし二人並んで釣りますが完全なるノーバイトorz
 そのしばらく後には、地元のAさんがやってきました。凄く久しぶり^^ しばし3人で絨毯爆撃的にルアーを投げ倒しますが1時間ほどノーバイト。Aさんは少し離れた別のポイントまで調査に行くということで、私たちから離れました。っで、その直後くらいのことでした。
 極楽とんぼさんはシャローポイントをメタルジグでネチネチやっていましたが、なんとなく疑わしいバイトが感じられるもののヒットに至らないため、再び沖目のポイントに的を絞ります。私はメタルジグに飽きたのでスミスの新製品…SMITH/D-COAX51にローテーションし、極楽とんぼさんとは逆にシャローポイント側を攻めてみますと、3投目くらいにいきなりバイト!そしてヒット!これまでの魚より良く引きます!

 16,7㎝のギンガメアジでした。
 この後、極楽とんぼさんもキャストする方角をシャローポイント側に変えて、ついに1尾引っ張り出しました!っで、その一瞬だけバイトが連発しましたが、あっという間にバイトが出なくなりました。どうやら魚は回遊していて、それに当たらないと釣れないみたいです。再び海は沈黙。
 でも久しぶりのヒットでした。なので15分くらい必死にミノーを投げ倒していました。そしてルアーが着水し、連続トウィッチに移行してすぐにバイト!ところがヒットせず。そのまま連続トウィッチをかけていると、再び強烈なバイト!そして今度こそヒット!こいつは凄い引き方をします。それほど緩くないドラグ設定のはずでしたが、もろともせずにラインを引っ張り出して行きます。極楽とんぼさんはキビレではないか?と言いますが、青物特有の疾走なんです。メッキで間違いなさそう。そしてついに、少々濁った水の中にギラっと光る魚体が見えました。デカイ!でもなんか変…

 何と一荷だった!初めての経験^^
 しかも大きい方は手尺で測って23㎝くらいの立派なギンガメアジでした。小さい方でも20㎝近くあります。どおりで良く引くわけです。ヒットルアーはTACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW。最近の私のお気に入りの一つ。小粒でよく飛び、トウィッチ時の切れのある動きが秀逸です。

 しかしバイトはこれにて終了。再び何も起こらないいつもの海になってしまいました。再び2時間以上バイトが出ませんでした。この間、メタルジグ、メタルバイブレーション、ミノーなど試しましたが全く当たりません。っで、結局最後は好きな釣り方に戻るわけです。SMITH/D-CONTACTⅡ50にローテーションし、スラックジャークで適当に探っていました。そして毎度不思議に思うのは、こんな風に釣れる気がしなくなった時に限ってバイトが出ます。ロッド操作する右手首を引っ手繰るような強烈なバイトでした!こいつは先ほどの一荷はともかく、今シーズンで一番強い引き!きっとナイスサイズ!慎重にやり取りして無事ゲット!

 20㎝オーバーのロウニンメッキでした。テールフックをがっぷり食ってます!ファイト中にフロントフックが腹鰭と胸鰭の間に刺さって、水圧を側面でもろに受けていたわけですね。それで凄く引き抵抗が強かったわけです。ファイト中はもっと大きな魚だと思いました。

 ちょうどこの頃から予報通り南風が強まりました。推定5m/s。海は荒れ始めました。この状態ではサーフの釣りは無理だな…このポイントにきて正解だった。しかしその後、このポイントでも全くバイトが出ません。やっぱり移動しようか?なんて考えていると釣れてしまうので、動くに動けないのです。そのうち周辺にダツが湧いてきてしまいました。ルアーをキャスト、着水と同時にダツがルアーに絡んでいる感触があったので、合わせを入れずカウントダウンしようと思ったら…勝手に食っていた!

 ここで釣れるダツも例年釣れる魚に比べて小さいですね。しかし狂暴そうな顔してますね!ダツももっとファイトがスマートで、食べておいしければ皆に好かれただろうに…神様はなんて不公平!

 14:00近くになり、さすがにこれはダメだろう。移動しようか…極楽とんぼさんと話し合っていました。既に釣れる気がしなくなっていた私は、護岸沿いにルアーを落として、ヨーヨー釣りを試してみました。その2回目くらいに、ゴッ!という根掛りのような手応え。本当に根掛りだと思って焦ったら、なんだかボトムに向かって突っ込んでます…あれ?ヒット?

 20㎝くらいの立派なギンガメアジが釣れてしまった^^;適当にやっていると釣れちゃうなんて何だかな~…。

 そしていよいよ南風が強まり、予報の通り雨がぱらついてきました。最後にちょっと先の別の護岸ポイントをチェックして終了することに。

 移動すると雨が上がり、なんだか風も凪いできました。何だかな~。とりあえずメタルジグからミノーまで一通り投げましたがノーバイト。釣れる気がしないので、足元にジグを落として、先ほどと同じようにヨーヨー釣りをしてみたら、何と一発でヒット!

 15㎝くらいのギンガメアジでした。またしてもやる気のない時に限って釣れるなんて、何だかな~。

 15:00終了。
 前回釣行があまりにも出来すぎだったので、何だか物足りなさがありましたが、なんだかんだと8尾釣っていました。例年だと一日の釣果はこれくらいです。強風の中、良く釣ったと思います。
 恐らく今シーズンは、今後に台風が日本に大きな影響を与えることはないと思いますので、順調に魚が接岸してくれれば、楽しい釣りを続けることが出来そうですね。魚が大きくなってくる時期が楽しみです。

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/20TWINPOWER C2000S
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/D-COAX51
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro]]>
Dr.TJ
風向き一つで状況が激変!の湘南メッキ https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcskiy4563 2020-10-30T10:32:00+09:00  穏やかな天気に恵まれて、釣りに行くのが楽しい今日この頃であります。ホーム湘南のメッキは、相変わらず大きな魚が釣れませんが、安定して数が釣れるので楽しめます。先日またしても出かけてまいりました。
 行先は前回釣行で調子の良かったサーフです。前回は出発が遅れたばかりに大渋滞に巻き込まれた反省から、日の出時間目指して早めに出発しました。そうしたら普段通り、駐車場まで1時間で到着!早速タックルをセットし、自転車を車から降ろして海岸まで走ります。


 静かで穏やかな海でした。海岸線に到着すると、ちょうど日の出の時間を迎えようとしていました。しばし刻一刻と変化する空の色をお楽しみください。




 良く晴れて気持ちの良い朝でした。

 平日なのでアングラーはまばら。フラット狙いと思しきアングラーが遠く広がる海岸線に数名見える程度。ところが日の出とともにキス釣り師たちが大勢現れ、カレントと思しき個所や潮目のポイントを一気に抑えられてしまいました。これは参った…。

 しばしキャストできるところを丁寧に打ちながらランガンです。まずはパイロットルアーのSMITH/D-CONTACT50でサーチしますがバイトが無いので、ローライトな時間ならトップか?という判断からTACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popperにローテーション。その1投目、ちょっと大きめの波がやってきて、スプラッシュするルアーを乗り越えようとした瞬間、パシュッ!とルアーを突き上げるようにバイト、そしてヒット!

 15㎝にも満たないチビちゃんでしたが、まだ薄暗いうちから釣れました。トップに魚が飛び出すのを目視できるのは実に楽しい!

 いきなりトップで釣れたことで今日は爆釣か?…とは簡単にはいかないのが湘南です。後が続きませんでした。そこで長い海岸線を延々とランガンすることになります。途中途中キス釣り師の間をかいくぐりながらになるので釣りにくい。しかし時折ルアーの引き抵抗が強くなり、カレントになっている箇所が発見できます。そんな個所を丁寧に探ると、ゴッ!っとトウィッチする右手首をつかまれるようなバイト…

 40㎝くらいのダツだったorz
 そうだよ君のことを忘れていたよ。確かに今のアタリ方、ヒットの瞬間フリーズしたかのように動かなくなる独特なバイト…確かにダツのものでした。リーダーチェックすると案の定先端がガサガサ!…っで、よく考えたらダツもサイズが小さいな…。
 続いて長大なサーフをランガン。途中途中、良い感じの潮目を発見しますが、海面付近はボラの大群が広範囲にみられました。こうした状況はあまり良い思いをしたことがない私は、適当にやり過ごします。すると足元の砂地が極端に柔らかいものに切り替わる箇所がありました。こうしたボトムマテリアルの変化は、海底の変化を表しているはずなので、一つのチェックポイントになるはず。そして思った通り、ショートトウィッチにカツンッ!という明快なバイト。

 7:00ちょっと前くらいに待望の2尾目ゲット。これまた小さい15㎝足らずのロウニンメッキ。しかし朝日を浴びて奇麗ですね。
 その後もキス釣り師の隙間を探りつつ…

 16,7㎝のギンガメアジや

 25㎝くらいのヒラセイゴが釣れたりして…




 7:30頃までにヒラセイゴ混じりでポツリポツリと飽きない程度に釣れ続きました。そこで釣り仲間に状況を報告。すると極楽とんぼさんが後ほど合流するとの連絡が入りました。
 私はさらに延々とサーフを歩き続けましたが、あまり自転車から離れすぎると後がしんどくなりそうなので、バイトも出ないことだし、適当なところで引き返すことにしました。途中釣れたのは…


 ヒラセイゴが2尾だけでした。ちょっと中だるみです。
 そこで最初に自転車を止めた場所を中心に、今度は反対側のサーフをサーチすることにしました。やはりキス釣り師がいます。その間をかいくぐりつつ、見つけたカレントを丁寧に探ると、バイトが連発しました。

 この日もSMITH/D-CONTACT50がアタリでした。それにしてもショートバイトが多いです。バイトは頻発しますがなかなかヒットしない。そしてヒットしてもすぐにバレてしまう。しかしこれだけバイトが多ければ、結果的にヒットが増え、釣果は伸びます。


 これは20㎝くらいのギンガメアジ。
 途中、何尾かは写真を撮る前にオートリリースになってしまいました。


 これもちょうど20㎝くらいのギンガメアジ。連発です。



 特に潮止まり直前の30~40分間はワンキャスト・ワンバイト。本当に入れ掛りになりました。写真を撮らずにオートリリースとなった魚を含め、この時点で15尾以上ゲットしていました。近年稀にみる快調な釣れ方です。
 しかし潮止まりを迎えると流石に食いが悪くなりました。そこで休憩。朝飯を食べつつルアーの折れたフックを交換します。すると極楽とんぼさんがやってきました。彼は最初、私が最初に釣り始めた方角に向かってランガンを開始しました。私はその反対側に向かって再びランガンです。すると歩き始めてすぐにバイト、ヒット!



 またしても連発!これを見た極楽とんぼさんも、私と並んで釣り始めました。するとすぐに結果が出ました。このポイントは潮が動き始め、カレントが効いてきたようです。
 しかしさすがに二人並んで打ち続けていたらスレてきたようなので、私はちょっと離れつつ再びランガン。恐らく群れがブレイク沿いに回遊しているはずなので、フレッシュでやる気のある魚を足で探します。




 度々連発します。
 ちょっとメッキとは違うがトルクフルな良い引き方をしたのは…

 縞模様がおしゃれなコトヒキでした。久しぶりに釣った。

 あまりにも釣れるので、そのうち写真を撮るのも面倒になってきて、小さな魚は写真も撮らずにリリースしてしまいました。

 相変わらずサイズについては今一つ。16~18㎝が中心で、20㎝オーバーはほとんど釣れませんでした。





 これは久しぶりに20㎝オーバーのロウニンメッキ。そして連発!
 この時気づいた事。それまで高速ショートトウィッチを中心にサーチしていましたが、相変わらずショートバイトやバラシが頻発するので、得意とするスラックジャークを入れてみました。すると明らかにバイトが明確に出るようになりました。“ジャーク”と表現しましたが、トウィッチに近い動かし方。でもロッドティップの動く幅が大きいのが特徴で、ロッドを戻す時に必然的にスラックが出ます。このスラックが肝で、この瞬間にルアーはイレギュラーダート、小さなフォールを起こします。ここで食ってくるケースが多いのです。



 この間にもオートリリースとなった魚多数。それ以上にバラした魚も多数。


 時折20㎝くらいの魚が混じります。

 釣れなくなると小移動。するとまた連発。

 しかし午後になり、急に予報とは違う南風が吹き始めました。しかもかなり強い!推定4m/s。こうなるとライトタックルの辛いところ。ルアーのキャストが思うようにできません。先ほどまでの半分くらいしか飛んでいないのではないでしょうか。海は急激に荒れ始め、波も高くなってきました。

 写真ではわかりづらいですが、波足が相当長くなっています。
 しかも先ほどまでなら十分に釣れておかしくない距離まで飛んでもバイトが出ません。…辛い時間になってしまいました。飛距離を稼ぐために、どうしてもフルキャストになります。するとPEラインがガイドに纏わり付くトラブルが頻発。高切れを起こして、SMITH/D-CONTACTⅡ50、D-CONTACT50を立て続けにロストorz

 流木に腰かけてリーダーを入れなおしていたら…ゴミ袋にしているコンビニのビニール袋をガサガサやっていたら、ハトが直ぐそばまで近づいてきました。きっと餌をもらえるものと勘違いしたのでしょう。凄く人に慣れていますね。この子は餌をもらえないと分かると、寂しそうに去っていきました^^;
 そうこうしている内に、その風も30分くらいで止みました。再びキャストしやすくなり、飛距離も十分に出るようになったのですが…嘘のようにバイトが出なくなりました。

 結局午後に入ってから釣れたのはこの一尾だけ!ちょっとした風向きでここまで変わってしまうとは!驚きです!

 しかし、この時点で既に相当数のメッキを釣っていました。こうして写真を整理してみたら、写真に写したメッキだけで30尾を超えていました。オートリリースになった魚多数、途中写真を撮らずにリリースした魚を合わせると20尾近くいるはずなので、恐らく50尾くらいのメッキを釣ったようです。近年稀にみる豊漁です。

 帰りに某護岸の調査を兼ねてちょっとだけ竿を出してみました。

 ベイトが全く見えないので、極小ベイトを想定して選択したTACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43で一尾。この魚が釣れる前に、何度かショートバイトを感じましたが乗らず。実際に釣れたのもこの魚だけで、その後全く当たらなくなりました。

 17:00頃終了。
 最後が締まらなかったけど、午前中に良く釣れて数を伸ばせました。もうしばらくはサーフでの釣りが楽しめそうです。週末はいろいろ用事があるので出かけられませんが、来週もまたできる限りフィールドに出たいと思います。

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/20TWINPOWER C2000S
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro]]>
Dr.TJ