目指せ!! マルチアングラー https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 1人サマフェス結果は? https://www.fimosw.com/u/gameKAZ/xrz2ecx8wvavjs 2020-07-16T09:30:00+09:00
大雨警報が発令され、実際に大会があったらほとんどの地域で釣りが出来なかった事を考えると、大会は決行されなくて良かったと思いました。

初日は報告通り安全な場所を選び



65センチと

71センチを釣り上げました。
サマフェスはシーバスは、二匹でウェイン完了でしたでしょうか?
今回は豪雨というシーバスには願ってもないチャンスで難とか仕留めました。
土曜日は、大会がなくなったので、仕事を入れて、夕方から翌日のジギングのために移動です。
途中の川は、満ち込みで、シーバスが上がって来るのを狙いましたが、ここの川の法則は未だに掴めません。未だに修行不足ですね。
ただ水をなめたら完全に真水でした(笑)

こんなの初めて

連日の雨に海水も薄められ、小潮周りのために水の還流が少なく、真水を嫌って上がって来ないと考えた方がいいかな?と考えてます。

ずっと打ち続けるとドンと竿に衝撃が!

食った!としゃくると走り出す

ドラグを出され、ヤバい❗まさかアカメ!デカいヒラスズキ?とか考えて

慎重に寄せたらデカいボラ


正にデカ過ぎで食べたら美味しそうなぐらい丸々でした。

翌日ジギングしなかったら持って帰って一度食べてみたいです(^_^)

いつもはジギングの前日に頑張りすぎて、

レッドブルや、モンスターエナジーとか飲んだらまた眠れなくて、船に乗ったらひどい船酔いに遭うために、今日は早めに切り上げて

翌日に備えます。

ジギングは朝5時出船

一路六ノ瀬へ向かいます。

今回は底もの狙いの様で、

潮も緩く青物が期待出来ません(ToT)

長さを競う総魚種戦では底ものの長さでは足りないのですがこれは乗り合い船の宿命です(^_^;)

しかも普段から
青物を狙ったジギングしかしてないものだから
底ものが全く釣れない。

ここがまず1つの迷いでした。
底ものを狙うスローピッチャーは、ジグをしゃくっても、上への移動を極力抑えて底付近を上げたり下げたりします。


僕は青物も
狙っているので、底から上へ40メートルは上げて降ろします。

今回はそのピンポイントにしか居ない底ものに対して7時間底に当てても、スローピッチャーに対してはかなりの比率で劣ってました。


しかも潮がながれていると分かるポイントでハタと思われる大物を掛けましたが、

そんなポイントにはサメが群れていて

それを分からず、落ち着いてやり取りしている間に、サメにガブリ!

ジグごと持って行かれました。

こんなときに、ジギングで一番使うPE2号を巻いたオシアジガーの結び目を結び直そうかどうかと迷いながら、まあ強いからいいかな?と釣りの前にリーダー交換をしなかった事が二つ目の迷いでした。
サメがドラグを出した時に指で止めただけで切れてしまった。どこかが弱くないと切れることのないシステムを油断して再度作るのを怠った。
もう200メートルほど捨てて新しい部分を使うことにします。

1つ1つの油断や、怠惰により大物の可能性を自ら排除してしまう。

大物の魚が釣れる釣れないも結局こちら側の責任がほとんどだと思う。

今回は完全に油断した結果一匹も釣り上げることが出来なくて終了した

幸いは


波を被ったデッキに打ち上げられた飛び魚の幼魚を見れた事かな?(笑)

また技を磨きます(^_^)

そして最終日の午後9時が来る頃

もうひとつのシーバスポイントへ

ここは海
洪水の心配は無く

有るとすれば、長雨の低活性

しかし、長雨で釣り人は多分来てないとしたらスレてないと考えた。

今日は普段使わないビッグベイトを使ってみようと思っていて、

愛媛のランカーハントをリードする
山先亮一さんがプロデュースする
スプーナー110Fを使って見ることにした。

沖の潮目に投げてゆっくり巻いてくる

2投目にゴン!

食った~\(^o^)/マジか?

スプーナーは、小さなビッグベイトとの異名を持つ110ミリ 35グラムの ファットなボディ
流に対して派手にアピールすることなくゆらゆら泳ぐ。

僕が普段使うブローウィン140Sも穏やかな挙動

ここの魚は派手な動きを嫌う。

今まで試して分かった事

スプーナーの動きはシーバスは大好きなようです(^_^)

近くに寄せるとハーモニカ食い

キレイに口で挟んでいる

食いかたも抜群!
落ち着いてランディング










最初測った時はランカーあるとおもったら写真撮ったら80センチにちょっと足りない(ToT)
凄腕なら厳格なので79センチとした

その後他のルアーでも釣れないか?いろいろやるも釣れず


フォローとしてブローウィン140Sのマットチャートを漂わすとゴン!!

食った~

やっぱりここではブローウィン140Sは最強です(^_^)

明かりが関係するポイントでは、光の強さで、表層では見切られ易い

時には表層でも釣れるけれどそれはかなり活性が、高い時だけ

ブローウィンの強みはシンキングにある


深さを調整しシーバスが見切らない深さを保てる。それゆえの強さです。

だから、ブローウィン125Fでもなく165Fでもない

140Sが最強なんです。




そのあとは潮が動かず満潮を待たずに
三日間の疲れから、眠たくなり終了にしました

シーバス選手権があれば上位に入れたかも知れませんが、2魚種しか釣れなかった今回の総魚種戦は完敗ということになりました。

今年は一番は、シーバス選手権です。9月後半から始まるシーバス選手権は万全の体制で総魚種戦も完璧な準備で迎えたいと思います(^_^)]]>
菊地 量久
1人サマフェス https://www.fimosw.com/u/gameKAZ/xrz2ecx4f73wey 2020-07-11T05:42:00+09:00 この度豪雨災害に遭われた皆様にお見舞い申し上げます。

本来なら今夜から(昨夜)フィーモのシーバス&総魚種選手権が日曜日まで開催されるはずでした。
しかしコロナの影響でゴールデンウィークに続きサマフェスも中止となりました。
この大会にかけるために1月から休みを予定して土日を釣り出来るように段取りして来ましたが、これだけはどうしようもないですね(^_^;)

今は休みの前日からしか釣りに行かないので週一の釣りになっていますが先週も大雨警報が出て、釣りを断念しましたが、今回は、大会ということでなんとしても釣りを成立させたいとの思いがありました。

僕が住んでいる松山市も大雨警報が連日出て、こんなに連発するのは初めてのことです。

しかし雨も止み、風も穏やかになりましたので、1人サマフェスと題して、シーバス&総魚種をこの3日間狙って見ようと思いました。
それで釣り場は安全な柵がある護岸に絞り、雨後のシーバスを狙いに行って見ました。

夕方は干潮で夜中の1時が満潮

ランニングのトレーニングも雨で出来てなかったので、雨上がりに先にランニングのトレーニングをして、それから少し満ちて来たところを狙って見ました、

しかし、表層で出るか?と狙うもシーバスからの反応はなく、凄い濁りで表層を狙っても釣れないかもしれないと、ルアーをバイブレーション系に変えていろいろ試して見ました。
そして、メジャークラフトのスピナージグに変えて底付近を通すとドン!

食った~\(^o^)/
本当に食ったとやり取りしながら静かにガッツポーズ(笑)

針が小さいので、ドラグを緩めて居たので暴れても外れず、無事ランディング







ちょうどその頃、釣り友のヨッシーさんが来て声かけてくれて、久しぶりに会うからマジで誰ですか?と失礼な事言いました(ToT)

元々かおと名前を覚えるのが苦手なのです(ToT)ごめんなさい


それでちょうど釣れなかったからご飯を食べに帰ろうと思ってた所なので、ヨッシーさんと交代して帰宅してご飯食べて

なんとなくあのあとから釣れそうだったな~と日が変わる頃にまた出撃(笑)

まだヨッシーさんも釣りしてて
狭い場所ですが、お互いに干渉しない距離を保ちながら釣りしましたが全く釣れず

雨も夜中から降る予定だったので、雨が降りだしたら止めようと思いながら、潮が引いて水門が開くのを粘って待ってました。

やっと水門が開いたので釣れるかでと期待するも釣れず

やっぱりもう釣れないか?と脳裏を過りながら

あーでもないこーでもないとルアーをとっかえひっかえ交換して探ります。

それからパンチライン95に変えてピンポイントに落とすとゴン!

まさか食った~\(^o^)/
これも慎重にやり取りして
ランディング(^_^)








なんとか2匹
67センチと73センチでした(^_^)

まずはシーバスをリミット完了です(^_^)



]]>
菊地 量久