ブログ https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ja 今年も… https://www.fimosw.com/u/LSJ1818/opm61k8rptgiw4 2019-06-13T21:47:00+09:00

いきなり私事なのですが、ここ最近で10㎏
太りました。
シンプルに情け無いです。


今後の釣行は少しでもカロリーを消費する為、 
重労働主体でやっていこうと思います。







という事で本当にどうでもいい話は置いておいて、
 

今日は前回のログの際見つけた、ベイトが溜まっているエリアに青物を狙いに。

しかし完全に生命感が無く、なんか違う。
と思ってしまい30分ほどで切り上げて移動。





大体、水温が18~20度くらいになるとベイトと共に青物が回遊してくるポイントに行ってみることに、前回来た時はまだ早かったのですが…








待ちに待って、やっとベイトの接岸を確認。   




という事で  







ギャフやらライジャケやら氷やら。
まとめて全部リュックに詰め込んで久しぶりに
お気に入りの磯へ


トップには反応が薄いので、必死にジャカジャカやるポイントなので今の自分に打ってつけです。


到着して海面をしばらく観察していると、潮目の付近、磯際にはいずれも表層に小型ベイト


足元の掛け上がり、肉眼でギリギリ見える深度にはおそらくメインのベイトとなるキビナゴ。


このキビナゴがいなくなったと思ったら、群が乱れた状態でフワフワ浮いてくる…




これは絶対いる…



この時期になると通っていた磯だったのでおおよそバイトを得る事ができるタイミングは把握済み。


ここは水深がかなり有り、沖に80gのジグをフルキャストでおおよそ50カウント。


右手にはゴロタの浜が有る為、急激な落ち込み。
そして手前に引っ張ってくるに連れてかなり根が荒い掛け上がり。
ブレイクが沖と手前に2段階に分けて有る、その際で良くバイトが出る。



そこを狙ってジグをスライドで引っ張ってくると



パーン


とジグにじゃれついてきてから
幸先よくヒット。



水温上昇もあってかこの時期でも
本当に元気でしっかり突っ込んで楽しませてくれたのは 6kgのブリ




温暖化が不安でしたが今年も例年通り開幕。


胃袋の中にはやはりキビナゴが入ってましたが
その他にもゼンゴが数匹。


ショアラインに寄るブリはつくづく雑食だと思います。持ち帰る魚は釣り場で必ず胃袋を確認するのですが、色んなモノが入っていて面白いです。 


思い出す限りで珍しかったのはネンブツダイ、子チヌ、コウイカ、タコ、よくわからないカニっぽいのやら…


地域性に寄るとは思いますが、自分の行くエリアで本当に偏食してるなと確認できたのは、カマスとコノシロのみ  



イワシ系はあまり見かけません。 



よくマッチザベイトが大事と聞きますが、そこに意識を持って行くより、目には見えない手元で感じる変化が何より大事かなと素人は考えています。大体上手くはいきませんが( ´∀`)



今回もなんとなく、塗装がほぼハゲたやたらめったらに長いジグ使ってました。






その後はベイトがかなりいる為、その一枚下の層をマダイを狙ってスピンテール等を投げるも
小さなヤズが釣れたのと、サメのチェイスのみ。満足だったので終了しました。



まだまだ梅雨が続く?ので安定はしないですが、
タイミングが合えば釣れるのが確認できて良かったです。



楽しませてくれた魚に感謝して余す事なく栄養に変えようと思います。

 

梅雨明けが楽しみになる一日でした…

]]>
Ys
夏アジング https://www.fimosw.com/u/LSJ1818/opm61k8s6ibxun 2019-06-08T21:51:00+09:00

あっっちー昼間、アホみたいにランガンして軽く
グロッキーです_(:3」z)_








四箇所ランガンするも、天候の不安定が続いた為か釣れる条件がなかなかまったく揃わず…


ポイントまでの道のりが中々なので四箇所が
限界でした。


最後に行った磯では夕マズメに50~80くらいの
シイラの回遊が見られたのですが、おもいっきり誘い出すのに失敗し、見切られ終了。


疲れてた。ってのを言い訳にしてもダメなくらい
なんでかトップをダイブさせて止めちゃいました


ここのとこ調子悪い…



しかし得るものもあってベイトが大量に入っているところはなんとか発見。




タモングにてきっちり230匹。処理がしんどかった…
磯辺揚げにしました。マジで美味いのでオススメです。





完全に日も落ちかけていたのでアジングにシフト


家から10分くらいの漁港へ。


ここは自分の中では夏アジの定番ポイント
潮通しが良く、アジの付き場が行く度に違いゲーム性が高いポイント。


波止の付け根、常夜灯は無く、道路脇の照明が
微かに水面を照らしてるピンにキャスト。


潮は右から左に、つまり沖から立ち位置に流れてる状態。流石に居ると思い、1g単体で流れを斬りながら表層を引いてくると気持ちいい
アタリ^ ^



20cmちょっと可愛い夏アジです。


シソ巻きフライが食べたかったので10匹くらいキープしてしばし潮が入れ替わるまで休憩。




再開した時には風が吹き出し、完全に正面からの当て潮でアタリの出るエリアを探り辛い…






というかアタリが無くなる。




群が抜けたっぽいのでもう一度、探り直し。




波止内を移動したり、色々やった後
2枚潮である程度ジグヘッドの沈み、引いてくる時の抵抗がモロに違うピンを発見。



1.5gでブレイク沿いを探ってるとカサッ
とアタリが出るも乗らないので軽くして、もう一度通すとヒット。





なかなかグッドサイズ( ̄∇ ̄)



しかし活性が上りきれないのか、なかなか連続はせずポツポツと拾い釣り。



ふと思い付きで3gに上げて沖のボトムからブレイクの際をダートさせてくるとうまくハマり怒涛の入れ食いに



サイズも25、6くらいが中心




次第に手前に寄ってきて軽量でもアタリがしっかり取れるようになってきた(*´-`)




このサイズの入れ食いは楽しい♫




次の潮変わりまで釣れ続くはずですが
体調が優れなかったのであまり長居せず終了。






軽く20ちょいのアジを数匹のはずが、なんか結構釣ってました 笑

すごく癒してくれた^ ^




ここのアジは小さい個体がなぜか太ってて
なんにしても美味しいです。



日中は暑いですが、夜はまだまだ涼しく気持ちがいい中釣りが出来ました^ ^
(それなりの爆風ですが…)



今年は、というより今年も嫌になるくらいクソ暑いので、がっつりメシ食って、寝て、熱中症には気をつけよ!!



と強く想う一日でした…





]]>
Ys
トップチヌのはずが… https://www.fimosw.com/u/LSJ1818/opm61k85aujd2i 2019-05-31T22:58:00+09:00

今日は平日休み。
潮がよかったので久しぶりに魚種問わず昼からのんびり晩飯をおかずを釣りに行ってきました。


この釣りだと米水津以南から釣れる魚種がガラっと変わる為、新鮮さと美味しさを求め佐伯に出発。


目的地に向かう途中、良型のオオモンハタが狙えるポイントにふらっと寄り道。


ベイトは見えず、時期もまだ早い為マハタを狙ってとりあえずボトム中心に探っていくと…










カサゴしか釣れない_(:3」z)_
しかしサイズはかなり良いので3本キープして
移動。



二箇所目の磯に到着。2年前見つけたこの場所、ハタを狙ってたらヒラメとオジサンが釣れた事があるのでヒラメを意識してみる。
食べてみたいのはオジサンですけど…



グラスミノーをボトムから離さずスローリトリーブ。

一通り扇状に探るもあたりが出ない為、バグアンツに変更。



ボトムを引きずりながら地形変化を探っていると
ガツっと啄むようにヒット‼️


なんか引きが違うなと思いながら寄せてたら
まさかの年無クラスのチヌ‼️





ずり上げる為、フィッシュグリップ探しながら波を待っていたらいきなり反転。

この時、ラインスラッグが足元の牡蠣殻に引っかかっている事に気付かずそのままラインブレイク…

本当にありえないミスをしてしまって
かなりショック。
フックを残したままなのが何より心残り…






このままじゃ終われないので、さらに奥まった磯へ移動して、ボックスに入れてたフェイキードッグ で予定変更のチヌトップ開始。



ジグなげて地形を確認。
ここはシャローが続いているようでいくつか露出しているシモリに波があたり魚が付いてるような雰囲気。


夕まずめも相まってなんか出そう( ̄∇ ̄)



さっそく2投目の回収中に沖からヒレを出しながら2匹が猛チェイス‼️
























…❓
チヌってそんな追い方しないよね❓















湾のどん詰まりだけどまさかと思いダイビングさせてみるとバシャーンとドルフィンジャンプ‼️


残念ながらミスバイト。


しかし衝撃でルアーが水中にあるのでヤケクソで水中ドッグウォーク




ガンッ



なんとかヒット‼️


ヤズだろうと思いこんでいたらやたらよく引く


シモリに突っ込んでいくのを止めようとしても
無理矢理潜っていくのでなかなかうまくいかず、
水深も2mくらいなのでかなりキツイ。



フックを信じてドラグを締めこんで強引に寄せてなんとかキャッチ



57cm  5月に釣れるとは思わなかった…


まさかのネリゴ。しかも結構良いサイズ。
こいつとは思ってなかったので主導権をおもいっきり取られてきつかった…



写真撮ったり内臓処理をしているのにかなり時間を使ってしまったので殆ど操作するルアーが見えないですが続けてキャスト。




明るさ的に流石に無理かと思っていたら





ブゥオゴォン




水面爆発‼️

1本目よりさらにデカイのがヒット‼️

  



良いサイズのカンパチと想定してたら今度はあまり引かない。



寄せてきて魚体を確認。

 

 
今度は潜らないなと思ってたら70cmくらいの
ハマチ‼️   





全然走らない個体だったのでそのままスイスイ寄せてキャッチ。

残念ながらガリッガリ、かつ目に病気を持っていたのでそのままリリース。





ハマチを釣ったらフックがぐちゃぐちゃに。
周りも全然見えない為終了としました。







今日は正直、釣ったというより釣れた感じでラッキーな一日でした^ ^





実はチヌトップは今日が初。また、チヌを釣った事もないので今度はしっかり河川でやってみよう








と思いつつも磯チヌトップはきっと外道が豪華なので、次回は慣れない河川よりシャローエリアの磯をランガンしてみようと思います。










]]>
Ys