SMALL FISHのブログ https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) ジリオンTW HD!其の弐 (追記) https://www.fimosw.com/u/yebisu/x5i3t1xp8d3gk3 2020-11-19T22:15:00+09:00 矢張り何回使っても…、ジリオンTW HDのマグフォース・ブレーキは素晴らしい!です。
https://www.daiwa.com/jp/fishing/item/reel/bait_rl/zillion_tw_hd/index.html



最後迄(マグフォース・ブレーキに)ホールドされた、滑らかで安定したキャスト・フィーリングが堪りません。



最高飛距離は『マグフォースZ』に及ばない???ものの…、比類無き(高)「対バックラッシュ性能」。



バックラッシュに怯えて、腰の引けた「チキン・キャスト」よ…さようなら~!


身体全体を使って投げる、「フル・パワー・スイング」の習得。


敬遠していた、アゲンストでの「ライトプラグ」ロングキャストに挑戦!


上達(練習・入門)用のベイトリールとしても、現在最高峰のリールです。


と…此処迄は、前回も紹介。



其の後、「あれっ!然う云えば…、『ジリオンTW HD 1520SHL』の‟慣らし”が終わって無いのでは?」と気付き――。


早速慣らしを完了すべく、ストロングロッドを携えて漁港へ…。


(タチウオが多くて、ジグの表面がザラザラです)

(80gのジグを、水面下でステイさせた強者がいましたよ!)


ロッドは、リップルフィッシャー『ランナーエクシード 103H(オリジナル・ベイト仕様)』。
https://ripplefisher.com/product/shore-game/runnerexceed


其れに、ヨーズリ『ブランカ』80g(生産中止)を、フック無しでセットしてキャストです。
http://www.duel.co.jp/products/blanka_tachi



フィッシュマン「上宮則幸」氏程のキャスト力が有れば、『ベンダバール8.9M』で十分慣らしは終わるでしょう…。



でも、私のキャスト力で投げていたら、(頑丈なジリオンTW HDですので)一体何時迄掛かるのか…?分かりません!



だから…ストロングロッドを使って強制的に負荷を掛け、ロングキャストを繰り返し、慣らしを終わらせる――のです。



こうして何日か投げ続けていれば…、何時もの飛距離より突然飛び始める瞬間が訪れます。


(誰にでも分かる変化、驚いて~一寸感動しますよ!)


其れを更に「通常化」させたら…、慣らしは終了です。



其の間、私は(全身を駆使した)キャスト・フォームの改造・練習をしているので、飽きずに続けられ一挙何(両)得?です。



(本音を言えば、早く慣らしを終わらせて…、本来の性能が発揮出来る様に為った『ジリオンTW HD』を、ベンダバール8.9Mにセットして練習&実釣がしてみたい!)



扨て、其の瞬間は何時訪れるのか?
 
 

今でさえ…、普通に使用していれば到底到達する筈の無い、メーカー想定外のハイ・スピードでスプールを回しています。
 
 
(其れでも…バックラッシュする兆しを微塵も感じさせ無い、抜群の安定性!)
 
 
(さあ!此の行為が、『ジリオンTW HD』にどんな変化を齎らして呉れるのか?)



まあ!ちょこちょこ気長に…、楽しみ乍ら投げ続けてみま~す。
 
 

追記
 
ジリオンTW HD、其の後の変化について…
 

80g のジグ回収時、撰りスムーズに軽くラインが巻ける様に為って来た。
 
キャストした際、スプール回転ノイズが静かに為り、回転力が増した様に感じる。
 
4〜5回程度、想定より飛んでいるのが見受けられた。
 
 
軽く投げても、初期の段階に比べて、簡単に飛距離が出せる様に為って来た。
 
だけども…キャスト時に、未だ若干のノイズと抵抗を感じる。
 
次回からは更に負荷を増やし、ブランカ100gを使ってのキャストを考えています。
 
何か此れって、刀鍛冶が刃物を研いでいる様な…そんな作業にも感じられます。
 
 
100gのジグで粗ノイズは消え、静粛なスプール回転と為った。
 
現在、ハンドル120回転程度でルアー回収中!(一寸疲れます)
 

此の後…「限界突破」が起きるのか?如何かは不明。
 

最後の方で、マグフォースブレーキが効いていない?様な着水が有った。
 
前モデルのジリオンTW(HLCスプール)を、(調子に乗って此のロッドで投げ込み過ぎて…)スカスカのスクラップにした経験が有るので、此処等辺で一旦止め…ベンダバール8.9Mで様子を見てみます。
 


現場からは以上です。
]]>
yebisu
サイレントアサシン140F(リップレス・バージョン) https://www.fimosw.com/u/yebisu/x5i3t1xmicahyx 2020-11-17T15:42:00+09:00 小沼正弥氏がYouTubeに(定期的に)動画投稿。

『オヌマンのシーバス塾』オヌマンch。

https://www.youtube.com/watch?v=iIPBH0GmxIg


今回はシマノ往年の名作ルアー、『サイレントアサシン140F(S)』について語られていました。
http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/4235


小沼さんがシマノのルアーを使っている?と云うのがとても新鮮に感じられ、興味深く観ていると――、


サイレントアサシン140F(S)の、リップを折ると更に飛ぶとの発言が…。

「此れが一番やばい!」

「もう此の飛距離はやばいです」

「メタルジグ位飛ぶんで…」

飛距離が鬼ヤバ!です」


成程…、でも重要な「ルアー・アクション」は如何変化するのか?


一寸考えましたが…、オヌマン氏の太鼓判なら大丈夫でしょう、(即行で)遣ってみました!


(サイレントアサシン140F リップレス・バージョン&ウェッジ120S)


(大変分かり辛いのですが…、黒のルアーは共に「マットブラックピンク」です)


(ウェッジ120Sの元カラーは、「ACC0016 マットピンク」)



「マットピンク」か「マットブラック」のルアーが有れば、スプレー1本で塗装OK!お得です。


注意し乍ら、腹だけ残すか塗るかすれば…完成~。



※DUOの『ビーチウォーカー ウェッジ120S』は抜群の飛距離で、飛行姿勢が殆ど乱れない!そして良く泳ぐ!素晴らしいルアーです。

https://www.duo-inc.co.jp/product/saltwater/beach-walker/beach-walker-wedge-120s/



「マットブラックピンク」の「ぶっ飛び系ルアー」、新たに2個追加です。
]]>
yebisu
フィード・シャロー155F! https://www.fimosw.com/u/yebisu/x5i3t1x5nxopyz 2020-11-08T21:28:00+09:00 最近ルアー塗装?に嵌っています。


まあ!素人の付足し塗装ですが、其れが面白い!のです。


(何時かは、エアーブラシで本格的に塗ってみたいもんです)


今回も、『マットチャートコノシロ』カラーが用意されているプラグを見付けたので、『マットライムチャートコノシロ』風にして遣ろうと塗ってみました。


選んだのは、タックルハウス『フィード・シャロー155F』。
http://www.tacklehouse.co.jp/product/con_cfs.html


マットチャートコノシロが、限定カラーで販売されています。


後「SAブラック」と云う…、限定カラーが有ったので其れも購入。


理由は…、小沼正弥氏のオリジナル・カラー「ブラック・ピンク」、此れもマット・カラーにしてみたいと思ったので…。


少々…時間が掛かりましたが――、


(なんちゃって『マットライムチャートコノシロ』&(腹のピンクが見え辛いですが)なんちゃって『マットブラックピンク』です)



写真では冴えませんが…、「マットブラックピンク」は想像してたより良さげで、釣れ然うです!



此れにフィード・シャロー155 PLUSのクリア(透明色)を加え、夜のサーフで投げてみま~す。]]>
yebisu
コノシロペンシル! https://www.fimosw.com/u/yebisu/x5i3t1x2p6kcrd 2020-10-29T18:05:00+09:00 最近…シマノから販売されたビッグプラグ、『コノシロペンシル』。

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/6154


原型は名作ルアー『オシアペンシル』ですが、重量を10g増し、ラトルを入れて音でシーバスにアピール。

http://fishing.shimano.co.jp/product/lure/4045



以前から大好きな「オシアペンシル」だったので、即リアクション・バイト~!


カラーは、「マットチャート」が一番気に入りました。


メガバス『メガドッグ』限定カラー「どチャート コノシロ」でも採用されていた、マットチャートのコノシロ。


此の手のカラー見てると…ムクムクと湧き上がって来るのが、ダイワ(小沼正弥氏)の大ヒット・カラー、『ライムチャートコノシロ』風に塗ってみたい…と云う衝動。



但し…私が見てみたいのは、艶の無い『ライムチャートコノシロ』。



遂に…其の欲求を抑え切れず…、素人が塗ってみました。


(なんちゃって!マットライムチャートコノシロです)


私は持っていませんが、エアーブラシ所有で上手い人なら、綺麗に仕上げられますよ。


特に御腹の黒は、塗り易いでしょう…。


まあ!今回は、下手塗りで妥協です。



一寸失敗して汚れちゃいましたけど、練習で試してみま~す。



パームスさんが、(プロの)缶スプレー塗装の遣り方動画をUP!して呉れていました。

https://www.youtube.com/watch?v=U5FrwKkXeBU

(もう少し早くUPしてほしかったけど、参考にさせて貰います)


此れで少しは真面に…、『マットライムチャートコノシロ』の御腹の黒を塗れ然うです。


背中のライムを塗る前に、マットホワイトを塗れば発色が良く為るのも解りました。  あざ~す!






―― 私的心の叫び ――

『グラップラー301HG』用の浅溝「カスタムスプール」が有れば、ランナーエクシード103H(ベイト仕様)でぶん投げられるのですがね~。


貴方もカスタム・スプールを手に入れて、快適なビッグベイト・ゲームを楽しみませんか?

https://readyfor.jp/projects/ek3239410

応援宜しく御願いします。]]>
yebisu