Dr.TJの釣れない日記 https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) いきなりつ抜けの湘南メッキ…六目達成! https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcs3dnjx2f 2020-10-21T11:05:00+09:00  今年は幸いにして関東地方は台風の影響をほとんど受けることなく今に至っていますね。例年ですと私が夏の繁忙期から復活すると何故か大きな台風がやってきて、散々海をかき回して行くのが常でした。ここ数年毎年のように“メッキの当たり年!”なんて言われていましたが、私が復活し、台風が過ぎ去ると嘘のように釣れなくなったとみんなが口をそろえて言います。
 っで、今シーズンです。私の釣り友たちの情報を総合判断してみると、特別すごく良いわけではないが、ここ4,5年の中では悪くはない…と言ったところでしょうか。何はともあれ、穏やかな海で釣りができる日が多いのはありがたいものです。
 さて、先日再び極楽とんぼさんを誘って湘南の海に出かけてきました…ところが朝、充電中のiphoneを立ち上げようとホームボタンに触れてみるも…起動しない!何やっても起動しない!大慌てでPCの電源を入れ、グーグル先生に相談してみますと、「意外に多い電池切れ」というのが出てきまして…。しかし私は夜寝る前にケーブルを差し込み電源に接続した状態にしておいたわけで、電池切れはありえないはずなんですけど…しかしグーグル先生によれば「まあもちつけ 電池がすっからかんの時はしばらくはうんともすんとも言わないので、もう一度しっかりとコネクターにケーブルを差し込み、少なくとも1時間くらいは放置してみるべし!」との事でしたので、とりあえず仰る通りやってみたわけです。すると…何と2分後くらいには画面に電池の表示が現れ、さらに数分すると充電2%の表示が現れ、無事生き返りました!どうやらコネクターにケーブルがしっかり刺さっていなかったようで、こうなるともしかしたら放電しているのかもしれません。本当にすっからかんになっていたわけです。
 っで、こんなドタバタを朝っぱらからやっていたらすっかり出遅れました。結果、朝のお約束の大渋滞に巻き込まれ、目的の駐車場に到着するまでに2時間半もかかってしまいましたorz

 すっかり日が昇っております。

 この日は前回一応結果の出たサーフからスタート。折り畳み自転車を使ってのランガンになります。前回、ウエーダーなんて履いて出かけたら死ぬほど暑かった経験から、今回は日焼け止めのラッシュガード+海パン+Tシャツといういで立ち。ちょっと肌寒いけど、日中はちょうどよくなるはず。釣り始めると、遠くに見覚えのある姿が…湘南の名手810さんでした。極楽とんぼさん情報の通り、今シーズンはサーフが良いとの事。9月頃の好調時は、小一時間で必ずつ抜けできたそうです。この日も早朝から始められたそうで、既に15尾も捕ったそうです!素晴らしい!
 私もさっそく開始しますが…
 …
 …
 …
 釣れませんorz
 釣れないどころかバイト一つ出ないんですけど(´;ω;`)
 810さん曰く、早朝は連発こそ少ないが飽きない程度にバイトが出て、釣った数以上にばらしていたそうです。ところがこの時間になってバイトが出なくなったとか…。私は朝のiphone騒動で完全に時合いを逃したようです( ;∀;)
 それでもさすが名手の810さん、私が見ている目の前で何度かヒットさせ、3尾ほど追加していました。ところが私には一向にバイトが出ずorz
 そうこうしているうちに、ちょっと遅れると連絡のあった極楽とんぼさんが、駐車場に着いたとの連絡があり、しばらくの後に合流しました。
 だったっ広い湘南のサーフでは、カレントや潮目が重要なポイントになります。しかしこの日は目で見てわかるカレントがほとんどなく、ランガンしながらルアーの引き抵抗が強くなる個所を探します。っで、結局ある1か所だけ見つけることができて、みんなでその界隈を釣ることになりました。するとスラックジャークでサーチしていた私の右手首にゴン!という衝撃!しかし重たいだけで全然引かないんですけど…

 おなじみクサフグ君のスレ掛りでした^^;
 相変わらずひょうきんな顔してます。

 810さんには釣れているので、魚がいないわけではなさそう。そこで810さんが使っているのと同じようにシルバー系のSMITH/D-CONTACT50にローテーションして、同じようにスラックジャークで探ると、再びガツン!と明らかに魚が食った衝撃!ついにヒット!これは青物特有の力強いファイトで、沖に向かって疾走しようとしますが、冷静に波打ち際のブレイクを越えて無事ランディング…ってなんだか細長いんですけど…

 なんとイケカツオだった!銀ピカで凄く奇麗!こいつはフックが鼻を貫通していました。バーブレスに変えているけど絶対に抜けない掛かり方。
 しかし肝心なメッキが釣れません。なんとなく予感があったのですが、後からやってきた極楽とんぼさんに先にメッキを釣られてしましましたよorz

 花曇りです。ちょっと肌寒い。しかし海水温は高く、サンダル履きで海水に足を突っ込んでいるほうが温かく感じます。

 最初の一尾目を釣って以降、極楽とんぼさんも苦労していました。そして彼が使い始めたのはトップウォータープラグ。そいつが波打ち際を越えようというところでいきなり水面が炸裂しました。なんとヒット!これを見て私もトップウォーターの釣りを試してみることに。TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popperです。メッキゲームの定番トップウォータープラグとして愛用しているもの。1投目からスプラッシュの後方でもじもじしている様子が見えました。そして数投目でついにヒット!

 ロウニンアジでした!やっとメッキが釣れた^^
 15㎝足らずのチビちゃんですが、さすがメッキ、キビキビしたナイスファイトで癒されます。
 その後、トップウォータープラグにはスレたみたいですが、潮止まりの直前くらいにミノーでぽつりぽつりと釣れました。恐らく群れが回遊してきたのでしょう。

 SMITH/D-CONTACT50で15,6㎝のギンガメアジ。


 D-CONでバイトが出なくなったので、フォールで見せるつもりで久しぶりに使ったSMITH/AKM48に食ってきた15㎝くらいのロウニンアジ。スラックジャークして1,2秒の短いフォールを入れ、再びジャークを入れた瞬間にバイトしてきました。会心のヒットでパターンをつかんだか…に思えたんですが連発はしないんですよね…。


 遠投をかますつもりで選択したSMITH/D-CONTACTⅡ50の連続トウィッチに食ってきた15㎝くらいのギンガメアジ。

 そして再びクサフグ^^;
 今シーズンは魚が小さいようです。皆口をそろえてそう言います。確かに私に釣れる魚もみんな小さい。
 その後全くバイトが出なくなったのでロングキャスト重視で再び選択したSMITH/D-CONTACTⅡ50でしたが、フルキャストをかますとバチン!という嫌な音を立ててPEラインがブレイクしました。見ればガイドにPEラインが絡まっています。この日は入院中のメインリールに代わって朝からShimano/20TWINPOWER C2000Sを使用しています。ここに巻いてあったのがPE#0.4。普段はオーバーパワー承知でPE#0.6を使っています。シーバスやイナダなどの不意の大物を対処するのが主な目的ですが、実はこうしたライントラブル時の高切れもかなり防止できます。いやいや貴重なSMITH/D-CONTACTⅡ50奉納してしまいましたorz

 潮止まりを迎え、すっかり魚っ気がなくなりました。

 空はすっかり秋本番ですね…。
 潮が動き出してから、再び釣り始めましたが、全くと言って良いほどバイトが出なくなりました。14:00頃になり、これが最後の決断です。極楽とんぼさんと相談した結果、今シーズンのポイント探しもかねて別のポイントまで移動することにしました。

 某護岸まで到着したのは14:30近くになっていました。アングラーは全くいません。釣れていないのか?ちょっと心配になりますね。とりあえず最初はパイロットルアーにしているSMITH/D-CONTACT50を投げ倒しますが、なかなかバイトが出ません。しかし、ルアーの後方をチェイスする魚の姿が!間違いなくメッキです!しかしスレているのかな?バイトに至りません。それでも粘ると、時折鼻先でど突くようなショートバイトが出るようになりました。見切られないように高速の連続トウィッチで誘い続けると、ルアーが5m先くらいまで戻ってきたあたりでついにヒット!

 TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOWに変えて3投目くらいでした。これまた小さい。15㎝ほどのギンガメアジ。
 続けてロングキャストすると、カウントダウン中にルアーがひったくられました。こんなバイトはきっとメッキだろうと思いましたが、なんだか引かないんですけど…

 何とヒイラギだった!
 こいつは間違いなくフォールするルアーを食いに来ていたはずです。そんな当たり方でした。魚食ではないはずなので、リアクション的に反応してしまったのか?ルアーフィッシングの奥深さが感じられますね。
 バイトは出るようになりましたがなかなかヒットまで持ち込むことができません。こまめにルアーやカラーをローテーションします。そして16:00を回り、ローライトになってきた頃からバイトが頻発するようになりました。何者かが海面でもじっている姿もそこここで見られます。試しにトップウォータープラグを投げてみると、ヒットこそしませんでしたが海面を割って魚が飛び出すシーンも見られてアツくなります!



 相変わらず型は小さいですが、ぽつぽつ飽きない程度に釣れてくれます。
 そしてキャスト後のフォールで違和感を感じたため、ロッドをあおるとヒットしましたが、なんとなく変な引き方だと思ったら…

 コノシロのスレ掛りだった^^; 20㎝くらいだけど結構引いた。



 もうすぐ日没を迎えます。日没直前くらいの時間になると、アカキンカラーがよく効きました。


 そしてこの魚、唯一にして最大の20㎝オーバー!立派なロウニンメッキでした。このサイズになると実によく引いて楽しませてくれます。やっとナイスサイズが釣れました。


 そしてこの魚を釣った後に日没を迎えることになりました。


 湘南の夕日は本当に奇麗です。

 さて、本当にラストスパートです。
 かなり魚が上ずっている感があったので、カウントダウンはほとんどせず、連続トウィッチで誘っていると、数メートル巻き取ったあたりでいきなりガツン!こいつは先ほどのロウニンメッキ以上によく引きます。25㎝クラスか?

 確かに25㎝くらい…でもサバだった^^;
 こいつはこいつで良く引くので、釣って楽しくはあるのですが、後が続きませんでした。
 その代わりに表層付近の連続トウィッチに好反応を示したのは、メッキでもセイゴでもなく…


 何とコノシロでした!
 写真の2尾ともピックアップしたらフックアウトしてしまいましたが、間違いなく口で食っていました。先ほど来海面でパチャパチャやっていたのはこの子たちだったみたいです。20㎝くらいのサイズでしたが、結構よく引くので驚きです。このコノシロも魚食なのでしょうか?シラスか何かを食っているのかもしれませんね。シーズンによっては、コノシロのルアーゲームが成立するかも。

 17:15頃終了。
 帰りは海岸線を自転車で。実に健康的だし気分爽快です^^

 復帰第2戦目としては上出来な釣果でした。上出来どころかつ抜けまで達成して、充実した一日になりました。しかも釣れた魚のバリエーションが豊富!何と六目達成です^^
 身近な海でこんなに楽しめることに、本当に感謝した一日でありました。

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/20TWINPOWER C2000S
Line    :PE#0.4
Leader:Fluoro carbon 6LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             SMITH/AKM48
             SMITH/WAVY 50S
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES TYLOMINNOW
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             PALMS/BitArts Degree
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             TIEMCO/Red Pepper Micro ]]>
Dr.TJ
Dr.TJの遅い夏休み2020 https://www.fimosw.com/u/wc4bghhvom/bky5vcs6asrtm8 2020-10-19T19:58:00+09:00  やっと長い夏の繁忙期が過ぎようとしています。なんだか年々忙しくなっている気がするんですよね…実入りは全く良くならないのに…。
 しかしこの長い繁忙期を抜けると遅い夏休みに突入するのです。そして1年間で最も好きな釣り…湘南でライトタックルの釣りが最盛期を迎えるのがこの時期なんです。とりわけメッキについては、わざわざそのためにロッドやリールを選定しています。こんな釣りのためにこんなに金をかけるのはアフォではないかと私自身も思いますが、一番好きな釣りに一番金をかけるのが正解なのだと信じております…。
 さて、やっと仕事が峠を越えた先週、友人の極楽とんぼさんを誘って久しぶりの湘南へ行ってまいりました。復帰戦は必ず湘南のメッキと決めている私。いつもの海岸へ出かけます。なんでも極楽とんぼさん情報では、私たちが主戦場にしているエリアは不調という情報が流れていたそうですが…やっぱりね、とりあえずはいつもの海で女神さまにご挨拶しないといけないな、と思いまして、忠告を聞かず出かけたわけです。しかも無理やり極楽とんぼさんを現場に呼び出しつつ^^;


 天気晴朗なれど波高し。
 素人の写真ではなかなか表現できないわけですが、この日は数日前に南海上を通過した台風の影響がまだ残っていて、うねりが激しいのです。そんな波を狙ってサーファーもやってきましたが、この日はサーファーにも、アングラーにも、どっち着かずの中途半端な波で、サーファーは波を捉えるのに苦労し、私はセット波をもろに被りつつ不便な釣りを繰り返したわけです。結局最初にエントリーした護岸では全くの不発orz
 仕方なく護岸に続くサーフを延々と歩くことになります。それにしてもキス釣りのオッチャンの姿が見えません!毎年この頃になると、近場で釣れる落ちキス狙いのオッチャンが沢山いるのに…。キスも釣れていないのか…。

 よく考えたら復帰戦初日にこんなに早い時間から釣りをするのは数年ぶりですね。朝一は西向きに自分の長い影が出来ていました。シーバスアングラーもフラットアングラーもいないサーフを一人でキャストしながら歩いても、なんだか釣れる気がしません。

 この写真、何でもなく見えますよね!?でも実は結構ヤバかったのです。砂浜で普通に海の写真を撮るつもりでした。セット波の高く立ち上がる姿なんかが撮れたらいいな…なんて思ってました。ところが!予想以上に波足が長くそして強く、ウエーダーを履いていた私は海に引きずり込まれそうになりました。この写真はまさに波に胸まで海水を被っているその瞬間なのです。一歩間違えば体が本当に持って行かれるところでした。何度も怖い目にあったつもりでしたが、海岸線の状態は刻一刻と変わっているのです。もしあの時転倒していたら…かなりヤバかったと思います。今これを書きながら猛省しております。

 っで、結果的に全く釣れないのですorz
 何しろ張り切って6時前から釣っているにもかかわらず、なんとなくバイトらしきものを捉えたのはたったの1回orz 最早心が折れそうになっていました。とりあえず極楽とんぼさんとの待ち合わせがあったので元の護岸まで戻り、釣れる気もなく適当にキャストを繰り返したいました。そして既に日は高く上り、海中の状態が良く分かるようになると、ますます絶望的な状況なのが分かります。先日の台風の影響でしょう、潮の色がよろしくない…白ッ茶けた何とも言えない色なのです。この潮色で良い思いをしたことがほぼ無い私…これは終わってるかもしれんな…
 なんて気が抜けた時に限ってバイトが出るから不思議です。今回もお約束通り、適当にキャストして潮にもまれるままにルアーを流し、適当にトウィッチを始めたその瞬間、コンッ!という明らかな魚からの反応があり、ロッドティップが重くなります。しかし引かないな…時折コンコン!っという首を振るような反応…

 ソゲだった…25㎝くらい^^;
 こうして見ると裏が真っ白…ってことは、天然ものなのでしょう。

 こんな魚が釣れると、地元湘南の意外な豊かさを感じます。もっと大きくなってまた会おう…ってことでリリース。
 その後再び辛い時間が続いたわけですが、護岸の上から反転流が出来ていると思しき個所をしつこく攻めていると、突然ゴンッ!とトウィッチする右手首を引っ手繰られると同時にボトムに突っ込みました。そうそう!これぞメッキのファイト!

 キビキビしたファイトが鮮烈だったので、もっと大きな魚かと思ったら15㎝くらいのロウニンアジだった^^; こんな小さな魚でもナイスファイトです!
 いや~復帰戦初日からメッキが釣れたなんて久しぶりじゃないかな!小さな魚でも最初の魚というのは本当に嬉しいものです!釣れてくれてありがとう!リリースすると、元気に海に帰って行きました。

 しかしその後が続かず…
 それでもこの後もホームエリアは幅広くランガン。しかし、連続ショートトウィッチ、ロングジャーク、縦のジャーク…何やってもダメorz
 唯一私が最もロッドを振りやすいリズムでラインスラックを出しながら適当にトウィッチしていたら、カツンッ!っという明らかな魚からの反応が一度あっただけで海は沈黙。昼過ぎに合流した極楽とんぼさんにも全く当たらず、「魚お留守ですな…」てな結論になりました。…っで、相談の結果大移動を決行。私が全く釣りに行けない間、色んな情報網を活用して極楽とんぼさんが得た最新情報…多分この界隈だろう…というかなり大雑把な判断でした。しかし今この場所よりはマシだろう。車で移動するのでかなり時間がかかりますが、復帰初日は釣果よりも情報収取が先決かもしれないな…という理由から、とにかく動いてみたわけです。


 到着したポイントは晴れ渡り、気温も10月とは思えないほど高くなりました。既にTシャツ一枚に短パンだけど、それでも汗だく!しかも日焼け止めを忘れて既に腕がヒリヒリしてきました。
 とにかく何もなくだたっ広い湘南の海ですが、今くらいのシーズンは、黒潮からはぐれてしまったメッキが次々に着岸するので、広い範囲で釣れます。しかもシャローなポイントが連続する界隈は好ポイントになるようです。極楽とんぼさん指南のポイントで早速キャストを開始しますが…私には当たらないんですorz ところが極楽とんぼさんは…何度もバイトがあるようです、そしてついに釣っていました!決して大きな魚ではないけど、この状況下で良く釣った!
 っで、肝心な私はなかなかバイトすら拾えず、かなり苦戦していましたが、ルアーをSMITH/D-CONTACT50にローテーションし、ロングジャークから連続ショートトウィッチに移行した途端にバイト!ヒット!


 ギンガメアジ 17㎝くらい。
 ファイトが素晴らしいので、もっと大きな魚かと思った。
 その後も連発こそありませんが、ぽつぽつとバイトがあります。しかしなかなかヒットしません。魚が小さいのかショートバイトなのか…。


 15㎝あるかどうかのロウニンアジ。この魚はフックがかろうじて下顎の外側に掛かっていました。なかなか難しい釣りです。それでもセレクティブな釣りは嫌いではない私。あの手この手でサーチします。すると…今までにない明快なバイトが感じられると同時に、緩々にセットしていたドラグを鳴かせて抵抗します。トルクフルな走り。そしてジャンプ!

 30㎝足らずのヒラセイゴだった^^;
 ヒラスズキは銀ピカです。特に40㎝未満の魚は、傷一つない魚体が多く、本当に奇麗です!

 その後も、復帰初日なので早めに帰る予定が…


 ロウニンメッキ15cmくらい。


 クサフグ君が釣れた!
 ひょうきんなこの顔をもっと写真に収めようと角度を変えようとしたら…

 潮水吐き出してしぼんでしまいました^^;


 潮止まり直前にギンガメアジが釣れました。これにて〆。
 途中一尾、写真を撮る前にオートリリースになった魚を含め、全部で5尾のメッキを釣っていました。復帰戦としては上出来です。
 今シーズンは魚がまだ小さいみたいですね。今回釣れた魚は全て15㎝前後でした。もう少し秋が深まると、もっと大きな魚が釣れるようになると思います。
 今回はメインリールがトラブルなど、アクシデントがありましたが楽しめました。極楽さん曰く、今シーズンもメッキ当たり年なのではないか…とのことですが、いかがでしょうか…。暇になったので足繫く湘南に通って検証してみます^^

【Tackle Data】
Rod    :SMITH/BAYLINER BL-702ML/MK
Reel    :Shimano/19Vanquish  C2500SHG
     →Shimano/20TWINPOWER C2000S
Line    :PE#0.6
Leader:Fluoro carbon 6LB、Nylon 12LB
Lure    :SMITH/D-CONTACT50
             SMITH/D-CONCEPT48 MD
             SMITH/D-CONTACTⅡ50
             SMITH/D-CONTACT63
             SMITH/D-CONTACTⅡ63
             Jackson/Pin tail tune 6
             Jackson/Trout Tune HW
             TACKLE HOUSE/Buffet DORAS BUDR43
             TACKLE HOUSE/SHORES Pencil Popper
             DAIWA/T.D. Salt Pencils
             Bassday/CRYSTAL POPPER 55S
             Bassday/CRYSTAL POPPER 30S
             BREADEN/Metalmaru13 ]]>
Dr.TJ