東北釣行記~大物を求めて~ https://www.fimosw.com/ 釣果情報・シーバス、メバル、イカ、チヌ、青物、ヒラメ、マゴチ...ソルトアングラー支援サイト、日本最大のWEB釣り大会『凄腕』、釣り動画fimoTVなど(会員登録無料) 秋を感じながら、三陸青物釣行 https://www.fimosw.com/u/staygold2011/6wpya7tb8okwdm 2020-11-18T10:51:00+09:00
ただ、今年は遅れ気味な感じ。

大鰤の顔をどうしても見たくて、車を釜石へ走らせた。

今回お世話になったのは、唐丹の健勝丸さん。

若い船長ですが、とても頼もしい船長さんです!!

東から登る太陽を見ながらポイントへ。

ポイントに付きひと流し。



んー。

イマイチ潮が動いてない感じ。

我慢の時間が続く。

30分程経ってからだろうか。

MCワークス、ガタージグの特徴でもある溝で、流れを感じはじめた。

90mライン。

ボトムを取り、15m程しゃくった。

コン!!

と当たりが出た!!

また反応が出るはず。

もう一度ボトムを取った瞬間だった。

ドン!!

と、再びバイト!!

しっかりと合わせを入れ、ゆっくりと寄せる。

口切れだけはしたくない。

ドラグを調整しながら、ゆっくりとファイトする。

感覚から言って、それなりのサイズはある感じ。

千葉船長からも色々アドバイスしてもらいながら、ファイトした。

ようやく魚影を確認できた。

ここから焦らない。

青物は口切れもある。

ここからより慎重に。

千葉船長のネットに入った瞬間。

ようやくホッとした(笑)



特別大きくはないが、朝マズメ何とかキャッチ!!

準備運動には丁度いいサイズですね(笑)



大鰤目指して、再び再開。

すると、



サイズこそないが、イワシの姿がないからイカかな??

大量に食べた秋らしい個体のイナダ(笑)

この腹(笑)

ヤバイ(笑)

食欲の秋(笑)

人間と一緒で青物も(笑)


そして、次の一投だった。

ボトムから3しゃくり程度。

朝1番よりも重量感のある。

ドス!!

というバイト!!



comodo610XHがぶち曲がる!!

それでも、バットにはかなり余裕がある感じ。

大鰤ではなくても、ワラサクラスはあるか??



長さはないが、太さはある。

イナワラとブリの間くらいかな(笑)

とりあえず、ナイスファイターでした!!



その後、干潮前後の1番大鰤が出やすいタイミングを狙いうちするも、イナダクラスの方が活性が高く、タイムアップ。



ようやく水温が下がりはじめた三陸沖。

数週間で、ようやくイナワラ~ワラササイズが出始めた感じ。

例年よりも遅い感じではあるが、ここにきてようやく海も秋めいたように思います。

大鰤を目指して、これからも旅は続く。





ロッド : Fishman BRIST comodo6.10XH
リール : SHIMANO オシアジガーFカスタム2001NRHG
ライン : よつあみ スーパージグマンx8
リーダー : フロロ50lb
ルアー : MCワークス ガタージグ




https://www.fish-man.com/index.html



]]>
コム
狙いのタイミング https://www.fimosw.com/u/staygold2011/6wpya7tc9s3gks 2020-11-11T11:32:00+09:00
イナッコ、サヨリといったベイトが今年は、抜けずに居る感じ。

台風が直撃しなかった恩恵だと思う。

例年だと、台風が直撃し、ベイトが抜け、水温も下がり、10月にはリバーシーバスを終了していたが、今シーズンは、台風が直撃しなかった。

秋のハイシーズンに増水しなかった。

ただいつ終わってもおかしくない状況だ。


シーズン最後に最高な形で終えたい。

そんな思いからまだ通う。

9~10月にかけて通い込んだので、パターン、時合は何となく分かっていた。


仕事終わりに、川へ向かうと、入りたいポイントに人がいない感じ。

これはラッキーだ。

準備をすぐに済ませ、いつもの立ち位置に立つ。

満潮から1時間程経ったタイミングでエントリー。

予想する時合は、約2時間後。

まだまだ時間がある。

なんて、思っていると、水温がザワザワしだす。

水面をライトで照らすと…

ん????(笑)

バチ????(笑)

まさかまさかのバチ抜け(笑)

フッコ、セイゴクラスのボイル祭り!!

ワンキャストワンバイト状態で、数十匹キャッチ(笑)





これはこれで楽しい(笑)

ただ、狙っ待てるのはビックワン!!

バチ抜けが落ち着くのを待つ。


約1時間バチ抜けパターンでお祭り騒ぎでしたが、ようやく辺り一面静かになった。

予想の時合まであと1時間。

バイトがあるが乗らない。

シーバスは居る。

あとは、時合を待つのみ。


水面でバイトは今回はない。

となれば、水面よりも少しレンジを入れ様子を見る。

すると、


ドフゥ!!

と、重量感あるバイトが!!

ルアーは、ポジのスウィングウォブラー145sライト。

フックは2番。

バラしたくないので、2度3度合わせを入れ、ゆっくりいなす。

無事キャッチしたのは、元気ある70UP半ば。



トップで反応がなければ、少しレンジを入れる。

ウォブラーは、トップでも釣れるルアーたが、1枚レンジを入れてもシーバスからの反応はすこぶるいい。

カラーを変え、再度ブレイクを通すと、

ドフゥ!!

とまたまたバイト!!



70ないくらいかな(笑)

連発!!

完全にブレイクで、イナッコ、サヨリを待っていた感じ。

狙い通り。

バチ抜けは予想外でしたがね(笑)

短い時合ではあったが、楽しめた。


増水してないので、まだまだベイトが抜けない感じ。

例年よりは、長く楽しめるような気がします。

まだまだ、ビックワン狙っていきたい。

そんな感じです(笑)




ロッド : Fishman BRIST VENDAVAL10.1M
リール : SHIMANO 15カルカッタコンクエスト201HG
ライン : Fishman PEプロト2.5号(8本撚)
リーダー : フロロショックリーダー25lb
ルアー : OrynO 紫電改100型

          : OrynO 彩雲105型甲

          : ポジドライブガレージ スウィングウォブラー145Sライトモデル

https://www.fish-man.com/index.html

]]>
コム
大潮3日目のバチ抜けパターンからの!! https://www.fimosw.com/u/staygold2011/6wpya7tvzj2vzj 2020-11-04T10:52:00+09:00
追波川恒例の秋のバチ抜けパターン。

日が暮れると、バチが抜け、辺り一面お祭り騒ぎ。

今年は、台風が直撃してない為、イナッコ、サヨリといった他のベイトも数多く確認した。

バチが抜けているタイミングは、ウグイ、セイゴといった感じで、ボイルが始まる。

個人的には、バチに付いているシーバスは、フッコ、セイゴクラスが多いイメージ。

70以上を狙うなら、イナッコ、サヨリに付く個体狙い。

バチ抜け中は、フッコ、サイゴクラスのバイトが多く、数釣り状態。

バチ抜けから1時間程で、辺り一面は、しずまりかえった。

時合はこれからだ。

狙っている潮位になる。

バイトがあるならこのタイミング。

ポジのスウィングウォブラー145sライトで、アピール力、波動でブレイクに潜むシーバスを狙う。

全く反応がないまま時間だけが過ぎる…

すると、

バッカーン!!

と、水面爆発バイト!!

やはり、ブレイクでベイトを待っていやがった(笑)

ロッドに重みを感じてから、しっかりと合わせれを入れた。

あとは、時間をかけ、ゆっくりとファイトする。

いなして、ゆっくりと寄せ、フィッシュグリップをかけた。



予想通り、バチには目を向けず、イナッコ、サヨリといったベイトを待っていた個体。

気持ちいい水面爆発バイト!!

これほど気持ちのいいバイトはない。



特別大きい訳ではないが、バイトが良かった。

連発も期待したが、その後はボイル、バイトなく納竿。

今年は、台風が直撃してないので、例年の同時期よりもベイトがいる。

いつ終わってもいい状況だが、ベイトが抜けない限りチャンスはあるのかな。

ベイトが抜ける最後までシーバスを追いかけたい。




ロッド : Fishman BRIST VENDAVAL10.1M
リール : SHIMANO 15カルカッタコンクエスト201HG
ライン : Fishman PEプロト2.5号(8本撚)
リーダー : フロロショックリーダー25lb
ルアー : ポジドライブガレージ スウィングウォブラー145sライトモデル




https://www.fish-man.com/index.html

]]>
コム
青物調査からのロック調査 https://www.fimosw.com/u/staygold2011/6wpya7t2bks5jp 2020-10-28T10:57:00+09:00
もちろん青物調査がメイン。

ただ、例年よりも海水温高め。

1時間程ほどで見切り、SLJに切り替え、ロックの調査をすることに。

40gのジグをメインに、CRAWLA6.6L+でSLJ。

この日は、うねりが若干残っており、やりにくい状況。

フォールでバイトを取るもなかなか乗らない。

フォールとスライドアクションが得意なBlueBlueシーライドをチョイス。

狙いは、フォールの時間を稼ぎ、スライドアクションで食わせる作戦。

一投目から狙いが的中する。

フォールの時間を長くし、スライドアクションで誘うとバイト!!

CRAWLAが綺麗に弧を描き曲がる。

重量感バイトは…

ソイ系か????


長さはないが、太さが目立つマゾイ!!

狙い通りの1尾に満足感Maxだ(笑)

その後は、メバルメインに狙いを絞り、ポツポツと。



曲がるが強いBeams CRAWLA6.6L+。



かけてからのファイトは面白い。

これからもう少し使い込んでみたい。

大本命のアイナメには会えなかったが、これからが楽しみなボートロック。

もう少し水温が下がれば、もう少し楽しめるかな。



ロッド : Fishman Beams CRAWLA6.6L+
リール : SHIMANO グラップラー301HG
ライン : SHIMANO タナトル8 1号
リーダー : フロロ14lb
ルアー : BlueBlue シーライド




https://www.fish-man.com/index.html


]]>
コム