プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:160
  • 昨日のアクセス:2332
  • 総アクセス数:3135158

湾奥干潟の暗闇シャロー

  • カテゴリー:釣行記
10月あたりに河川の上流が終われば、次は河口。
そして干潟から湾口へと。
 
一般的な知識として、東京湾はこの順番で産卵へと向かうスズキを追うのが、秋のシーズナルパターンの王道と言われている。
 
そして、アクアラインより外にあるとされるスポーニングエリアで、12月から1月にかけて産卵が行われると。
 
実際、この動きで確かに「良い釣り」は動いていく。
王道と呼ばれるには、長い歴史での多くの釣り人の実績が確かにあり、それは「釣れた実績と同じく、釣れなくなった実績」も多く含まれる。
 
釣りはどこまで行っても確率との戦いであるが、その実績に基づく「このタイミングは、絶対に良いサイズが釣れる」というタイミングが確かにある。
もちろん、「毎年〇月〇日に釣れる」ではなく、ある程度の季節のズレは考慮しての話しではあるが。
 
そういう日を、よく友人たちと「約束の日」と呼んでいる。
また、昔ブラックバスでは「X(エックス)デー」とも呼ぶ日があった。
(バスはスズキより明確で、GWの最初に絡む大潮前後の低気圧を毎年狙っていた)
 
ただ、この数年、それが少しぼやけた感じがしている。
アングラーのプレッシャーなのか、魚が減ったのか、それとも海全体が変わりだしているのか・・・
理由は良く判らないけど、そういう日の絶対的な爆発力が薄れた気がしている。
その分、中途半端なタイミングで、良いサイズが出る事も増えた気がするが…
 
先日入った湾奥の干潟。
下げ残りの時間帯は航路近くにが数人並ぶ状態で、流れを掴めるリトリーブラインを意識しているアングラーだけが、淡々と魚を掛けていく状態。
 
今夜の潮位はイマイチ下がり切らず、シャローにはソコソコに水を残して干潮を迎えた。
要するに、中途半端な潮周り。
 
干潟の先端の上げの釣りでは、帰りの撤収を考えると少し難しい展開だけど、こういう日は上げのタイミングでシャローから始まる事が多い。
単純な話しで、「上げの流れが集約する位置=駆け上がりのブレイクライン沿い」ではあるが、水位が低ければブレイクの壁沿いに水が集約され、強い流れは必然的に航路沿いに発生しやすく、水位が上がるとシャローにも水が入りだして、強い流れがぼやけていく。
やがて時間差で、シャローの水も走る。
逆に最干潮水位がシャローに水を残すときは、強い流れは発生しにくいが、シャロー全体の水が走る傾向がある。
 
だから、あげっぱなで魚が入る(時間軸)場所の場合、最干潮水位が低い時は航路沿い、水位が下がり切らない時はシャローから釣れ出すことが多い。
 
と、思い、みんなが航路へ寄っていく中、一人で少し離れたシャローへ向かった。
距離にして100mほどしか無いが、干潟のピンの釣りでの100mは、けっこう大きな距離感になる。
 
アレコレ悩まずに、バボラ(F)で通す。
上げの流れを正面やや左から受けるが、スローでも棒にならない特徴を生かす。
 
まだ航路沿いが始まらない中、暗闇のシャローはすでに台の上に魚が乗っていた。
 
 
フルキャストし、着水からハンドルを2巻きしたところ。
シャローのランカーらしく、ロッドに反応が出る前に、はるか遠くで青白い水しぶきが上がる。
 
その瞬間、一気にラインを回収し、大きくフッキングの動作をするが、しっかりと掛かったかは不安なところ。
ただ、この「針が乗っただけ」の状態こそ、ハーモニクス89の良さが際立つ。
しっかりとしたストロークと、曲げ込んだ先での強いバット。
まさにこの釣りでセッティングを出したブランクが、すんなりと魚を寄せてくれた。
 
s4nwoaptsv9x7hg63kjg_480_480-aff9c12f.jpg

今シーズンも干潟らしい、良い魚に会えた♪

そして、撮影している間に、潮位が上がって終了(笑)
まぁでも良いのだ。
納得できる釣りがそこにあったならば。

湾奥シャローハイシーズンはこれから♪ 


■タックルデータ
ロッド Tulala ハーモニクス89
リール シマノ4000番
ライン PE1号
リーダー ナイロン22lb
ルアー ニコデザイン バボラ(F)
ウェーディングギア アングラーズデザイン
ランディングギア スタジオオーシャンマーク
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!