プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:89
  • 昨日のアクセス:763
  • 総アクセス数:3204733

釣り初めの終わり

  • カテゴリー:釣行記
つづき
 
釣りから上がって、ウェーダーの修理。
 
4uzuxbkacrutdv3gwz3s_480_480-8ccda8dd.jpg
 
岩礁帯でウェーディングをしていると、ウェーダーが痛むのは仕方ない。
今回もピンホールを幾つか見つけたので、今後の為にもまとめて修理をした。
 
翌日は家族と一緒に江ノ電で鎌倉へ行き、目的のせんべいを食べる。
 
he32vjmi9yajjmt6byjt_480_480-6e22057d.jpg
 
tmowb22afgdo6van7tss_480_480-07d563c9.jpg

そこから気ままに、江ノ電のフリーパスを使って、降りたい駅で降りて海岸を散歩。
 
mj7ayci5xrrbnr56nhmj_480_480-a2673230.jpg
 
明るい時間に道路(高い位置)から海沿いを歩くと、色々な事に気が付く。
サーフの釣りが苦手なのは、狙いどころがハッキリしないというのがあるが、こうやって見ると所々に色々な「魚が留まる要因」を発見するが出来る。
 
根や深さ、岬やワンド。
久保田さんからも言われたが、そういう要素の集合体とシーズンの動きやベイトの有無で、サーフの絞り方は、じつは意外と明確なものがあるのだと。
 
ただ、それでも難しいのは、移動する魚が多いという事だと思う。
全体の群れの移動と小規模な回遊は、また意味が違うのだろうけど。
 
6bfppgxpfrpx2jphbiof_480_480-8c96622b.jpg

日が沈む。
そして、風が吹き出した。
穏やかだった海に、波が立ち始めた。
 
夜になり、今回の遠征最後をどこへ行くか考えた。
 
選んだのは、最初に入った「今年は釣れないポイント」だった。
まぁ釣れないのは良いとして、いくつかの条件がここ数回の釣りと変わったことが気になる。
 
波が出れば濁りが入る。
また、風表のその位置は、沖に入っているであろうベイトの接岸もあり得る。
それともう一つ、「朝マズメにハイタイド」という、例年なら鉄板的な条件もそろった。
先日はそのタイミングでサーフへ移動したので、少し心残りな部分がある。
 
魚が居ないのか、それともきっかけが無くて喰わないのか。
そこの見極めをしておきたいと思った。
 
藤沢で少し寝て、干潮時刻からポイントへ入った。
予想通り正面から波が入り、立ち位置を間違うとずぶ濡れになる。
 
これは釣れる雰囲気。
さっそくロッドを振った。
 
そこから4時間、日の出を迎えて、さらに2時間。
 
結論、なんにも釣れなかった。
 
4cekf8tem3rgwia59eea_480_480-30445599.jpg※ロッドの写真を撮りだしたら、たいがいは負けだよねw
 
暗い時間は、Gozzo12と15、バボラFのローテーション。
日の出後はTOPをメインにジョイントと鉄板系を混ぜた。
 
あぁ、ちなみに今回の正月釣りに間に合わせたジョイントは、使い物にならなかったよ(涙)

やる事やってダメなら仕方なし。
疲れ切って駐車場へ戻る途中で、漁師のおいちゃんと少し話をした。
 
「スズキか?今年はダメだべ?」
 
刺し網もさっぱりらしい。
水温と降水量、砂の量の話しをしてくれた。
 
ただ、沖には居るよと。
確かに。
鳥山がワンドのマウスで立っていた。
あれが例年なら、もう少し際に入るのだが。
 
お礼を言ってから、鳥が立っているところへ急ぐ。
 
そしてポイントへ到着したら、鳥は解散していた。
まぁ、そんなもんだ。
 
あとは帰るだけなので、車で移動しながら気になっていたポイントを回ってみた。
どうせ濡れてもいいので、凪で入れる沖目の岩へ、片っ端から渡ってみる。
 
hhyh3o2awdaj429d8n2i_480_480-39ea38a3.jpg
 
意外といけるが、行ったところで美味しいか?と聞かれると疑問かもしれない(笑)
この手のブレイクにある岩は、「ただ乗れたから良い」という訳ではなく、ちゃんと魚が回って来たり居つく場所へアプローチができるから良いのだ。
 
まぁ、そういう意味では、少し通わないと解からないかもしれない。
湘南というエリアのシーズンの動きは把握できていないけど、来年の秋に試してみようかと思う。
 
これにて今回の湘南の釣りを終えた。
 
とにかくはっきり感じたのは、この数年に比べると明らかに海が違う事。
それに素早く対応し、次の一手を打てるほど、このエリアを熟知しているわけでは無い。
ただ、そこへ進める必要をしっかりと感じれたので、自分のスキルアップの為にも着手しようと強く思った。
 
気候変動に対し、おそらく日本中で「何かが違う」は起きているのかもしれないが、じゃぁ「スズキは居なくなった」と言えるのか?と、問われれば、それは絶対にないと思う。
 
人間以上に強かに、種として生き延びる事を考えているはずなのだ。
例え数が減ったとしても。
 
ならば、釣り人としては、まだ向かい合うことはできる。
ただ「大きい」や、「たくさん釣れる」だけに目を向けなければ。
 
おしまい
 
 
■お知らせ
横浜FSは、日曜日にTulalaブースに居ます。
ぜひ遊びに来てください。
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!