プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:494
  • 昨日のアクセス:1340
  • 総アクセス数:3235924

カラーローテーションって効くのか?

  • カテゴリー:日記/一般
最近、イベントでカラーローテーションの事を聞かれることが増えた。
 
色ねぇ・・・
という事で、色の事を少し書いておく。
長くなるから、2回に分けて。
 
波長がどうたらとか、魚の目がどうとか、そういう小難しい話をするつもりはなく、現場で何を思って色を選んでいるかの話し。
 
 
ルアーのカラーについては、過去に少し触れた事がある。
ある程度長くやっている人は、「記憶の中にある良いカラーチョイス」があるだろうから、まぁ今更と思うかもしれない。
実際に私もカラーは、まぁ、色々と・・・とめんどくさいので明言を避けてきた。
 
確かに、これ!って時はある。
(昔書いたけど、改めて)
 
磯の金黒
デイゲーム河川のグリーン系
満月干潟のクリア&ピンク系
夜のチャート系から、明るくなってきた時はメッキリアル系へのローテーションなど。
 
ただ、そういう「断片的な良いカラー」と言うのは、実績こそ伴ってのおススメでは在るが、では何かしらのロジックに組み立てているか?と聞かれると、実はそういうものでは無い。
 
他の上手なアングラーがどういう意図で「この色が良い!」と言っているかは・・・ワシしらんがw
 
で、昔から私は、色に対する明言は避けてきたのが事実だし、思う事があってもあんまり口に出す事はしなかった。
 
あんまり関係ないから、気に入った色を使えば良いんじゃないのか?
これも大凡の釣りでは事実。
 
ただ、先ほどの「断片的な良いカラー」に対し、大多数を占める「カラーは、まぁ・・・」の釣りにおいて、「じゃぁカラーの事は何にも考えてないのか?」といわれると、じつはそれなりに考えている。
その証拠に、同じルアーで数種類のカラーをかなり持っていて、その日にいく場所、時間に合わせて「確実にチョイスしている」のだから。
それも「断片的に良いカラー」を使う場所意外で。
 
ほんとに何でも良いのなら、全部同じカラーで10個でもそろえていても良い・・・となる。
でもそんな事ない。
 
例えば数多くそろえているルアー、スーサンとかタピオスとかゴッツオなんかは、わりと何処へ行くにも持っていくルアーである為に、いつも10個ぐらいは家にストックしている。
で、カラーの種類で言うと・・・
 
大きく分けて5種類かな?
 
ピンク系 ×3
イワシ系 ×2
グリーン系 ×2
ゴールド系 ×1
淡水ベイト系 ×1
レッドヘッド ×1
 
仮にタピオスが10個ならば大体こんな感じ。
 
で、フィールドへ全部持っていくか?と聞かれると、多くて3つ(無くすような場所は別として)を選んで家でボックスに入れる。
 
例えば・・・
11月大潮の三番瀬ならば、
 
ピンク×2
レッドヘッド×1
 
とか。
 
これが、9月末最上川だと・・・
 
グリーン系 ×2
ピンク系 ×1
 
佐渡島だと
 
ピンク系 ×1
イワシ系 ×2
 
まぁ、クロダイ入るしね。
 
と、いう感じで、何かしらの基準で色は選んで入るのだ。
色?テキトウwと言うわりに。
 
ただこれらの場所は、やはり実績(経験)に基づいて、フィールドごとに最初からそれを選んでいるだけ。
 
でもね、一般的な「カラーローテショーンをする」の意味合いは、「カラーを変更することで魚に口を使わせる」という事だと思うのだ。
これは、経験によるカラーのチョイス(最初から使う)ではなく、「釣れない状態で、色を変えることの意味はあるのか」の事を指している。
 
うん、あるよ。
自分の中でなんと無くだけど(笑)
 
カラーによる選択の趣旨は、実は2パターンで分けておかないといけない。
 
という事で次回は、その「なんとなくあるよ」を文章にしてみよう。
 
カラーローテーション。
それは、色だけのロジックではないのだが。
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!