プロフィール

工藤

その他

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/6 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アーカイブ

2018年 5月 (7)

2018年 4月 (8)

2018年 3月 (9)

2018年 2月 (8)

2018年 1月 (6)

2017年12月 (8)

2017年11月 (8)

2017年10月 (9)

2017年 9月 (9)

2017年 8月 (6)

2017年 7月 (8)

2017年 6月 (9)

2017年 5月 (8)

2017年 4月 (8)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (8)

2017年 1月 (8)

2016年12月 (9)

2016年11月 (9)

2016年10月 (7)

2016年 9月 (9)

2016年 8月 (7)

2016年 7月 (8)

2016年 6月 (8)

2016年 5月 (8)

2016年 4月 (9)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (8)

2016年 1月 (9)

2015年12月 (9)

2015年11月 (4)

2015年10月 (1)

2015年 8月 (2)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (7)

2015年 4月 (8)

2015年 3月 (9)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (9)

2014年11月 (8)

2014年10月 (9)

2014年 9月 (9)

2014年 8月 (7)

2014年 7月 (9)

2014年 6月 (9)

2014年 5月 (11)

2014年 4月 (8)

2014年 3月 (9)

2014年 2月 (8)

2014年 1月 (14)

2013年12月 (21)

2013年11月 (21)

2013年10月 (23)

2013年 9月 (16)

2013年 8月 (24)

2013年 7月 (22)

2013年 6月 (21)

2013年 5月 (20)

2013年 4月 (21)

2013年 3月 (21)

2013年 2月 (19)

2013年 1月 (17)

2012年12月 (19)

2012年11月 (21)

2012年10月 (22)

2012年 9月 (19)

2012年 8月 (20)

2012年 7月 (22)

2012年 6月 (21)

2012年 5月 (21)

2012年 4月 (21)

2012年 3月 (23)

2012年 2月 (20)

2012年 1月 (19)

2011年12月 (21)

2011年11月 (22)

2011年10月 (23)

2011年 9月 (20)

2011年 8月 (22)

2011年 7月 (16)

2011年 6月 (15)

2011年 5月 (16)

2011年 4月 (13)

2011年 3月 (16)

2011年 2月 (14)

2011年 1月 (17)

2010年12月 (14)

2010年11月 (20)

2010年10月 (13)

2010年 9月 (13)

2010年 8月 (13)

2010年 7月 (13)

2010年 6月 (12)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1969
  • 昨日のアクセス:1271
  • 総アクセス数:3324046

フィッシングトリップ15春 月の爆撃機編

  • カテゴリー:釣行記
ぽこっと時間が出来た。
 
家族で過ごすはずの、たった4日しかないゴールデンウィーク。
当然埼玉に居るという選択肢は無く、どうにでも動けるように仕事上がりの金曜夜から嫁様の実家(藤沢)に行く事にした。
 
 
金曜の夜。
藤沢に着き、家族を降ろしたらそのまま東伊豆方面へ。
最近好調だよ♪というチャリ君と、久し振りに磯へ一緒に入る約束をしていた。
 
23時の干潮に先に渡って待ってようかなと思い、せかせかとひとり暗闇で準備。
チャリ君はたぶん3時過ぎにひと泳ぎで来るだろうから、それまで磯で一眠りできるかな?
 
ウェットスーツを着て、レインウェアーを羽織り、ロックショアベストへの荷物を確認してから、シューズのヒモを締め上げる。
この瞬間が一番、「さぁ行くか!」と言う気持ちに切り替わる時。
 
あ、あれ?
なんかシューズが変だぞ・・・
 
良く見たら、右足にも左足用を履いてるよ(涙)
 
靴って、右用と左用があるんですよ。
凪チンでも判るんですけど。
(嫁様後日談)
 
車の中をゴソゴソやるが、右足用が無い!
左足用を二個持ってきましたか・・・(汗)
 
仕方なく房総用に準備しておいたスパイク足袋に履き替える。
 
ライトをつけて、おやつを持って、タバコを確認してから駐車場を出発。
ここから長いゴロタと波が抜ける瀬を、30分掛けてゆっくりと歩く。
テストロッドを2本持ってきたので、荷物量も何時もより多め。
 
まぁ、なんつうか。
判ってはいたけど、やはり伊豆にはフェルトピンのシューズが一番フィットするね。
 
房総の砂っけの強い独特なあの平らな岩に、絶対的な威力を発揮するスパイク足袋なんだけど・・・ゴロタの頭や尖った岩の上を点でグリップする必要がある伊豆では機動力が著しく落ちる。
 
鉄のピンの高さが不安定さを生むんだよね。
正直怖くて岩を飛べないので、低いところをゆっくりと歩いて磯へ向かった。
 
今日は満月。
波もそれほど無い。
 
遠く、これから進む磯には青い光りが薄っすらと見えた。
恐らく磯釣り師の電気ウキだろうか。
それとも海面をライトで照らしたか。
 
ひとりであの磯に乗り波音に晒される孤独感を思えば、例え違う釣りものでも近くに人が居るという安心感はありがたい。
夜のひとりでの磯は、やはり危険で心細い物なのだ。
 
途中の瀬で、何かを採っている若者2人と会い、一休みがてらで世間話をした。
GWと言う事でキャンプをしに来て、酒のあてを探しているとか。
この場所へは始めてきたそうで、数時間後には手前のスリットが水没するから気をつけてと言って分かれた。
 
再び沖の磯を目指して歩き出す。
釣り人は何人ぐらい居るだろうか。
 
いつも居た人たちなら、朝マズメはルアーを通させてくれるけど、GWだから知らない人たちが入る可能性もある。
 
そのときは仕方ない。
諦めるのもこの釣りだし。
 
汗をかかないようにゆっくりと渡り、最後の岩を登って島の真ん中へ到着。
この磯は岬の先端なんだけど、この中間地点から5方向にそれぞれにまた岬を持つ。
ちょうど手のひらを広げたような形。
 
手のひらで包まれる様に四方を岩に囲まれて、直接海は見えないけど、一眠りするには一番安全な場所。
 
ロックショアベストを肩から下ろし、一度ウェットスーツの上半分を脱いで、汗を乾かしながらタバコに火をつけた。
風も波音も無い。
 
adp2un6enei4urfo4j8m_480_480-a2876758.jpg 

月が煌々と輝き、磯を明るく照らす。
この様子じゃ、朝の一瞬のタイミングしか勝負どころは無い。
 
ウェットスーツの袖を腰で縛り、その上からレインウェアーを羽織って一休み。
ライトを消し、耳を澄ませて闇と同化し、さっき見えた電気ウキの方を見つめて目を慣らす。
 
あの位置は、ヒラスズキを狙うにも一番良い立ち位置となるポイント。
距離は大凡で50m。
標高差はあるが、人が居ればなんとなくは判る。
 
おや?
人が居ない?
 
休憩しながら気にしてみたが、30分ほどしても人の気配が無い。
 
アレほど明るかったから、見間違えってことは無い。
怪奇現象だとしても派手すぎる。
 
ひょっとして落ちたか?と、嫌な胸騒ぎがした。
 
ウェットスーツを着てレインジャケットと釣り道具を一箇所にまとめる。
背中ポケットのチャックを開け、8mmのロープを取り出してコイルを解いておく。
流されていたら、10mじゃ足りないかな・・・
 
ロックショアベストを装着し、全てのベルト類を締め付けた。
 
帽子をきつめに被り、ライトを首から頭の位置へ変えて、慌てずに岩を降りて岬の奥へと向かった。
 
まぁ、単に私の早とちりで、釣りに飽きて寝ててくれればそれで良いし、起きていたら後続者として挨拶ぐらいはしておこう。
 
もしも釣具一式あって人が居ないなら、水位があっても無理して瀬を泳ぐ覚悟で車へ戻って海保へ直電か。
 
 
最後のこの岩を抜ければ、岬の側面にあるポイントへ出る。
 
慌てず急いで、最後のひと登り。
 
 
人が居ない。
 
 
だが、
釣具も無い。
あたり一面をライトで照らすも、どこにも人の居た気配が無い。
 
でも、海は青白く光っている。
そう、光源が何にも無いのに・・・
 
ま、まさかの夜光虫大量発生(汗)
 
数日間の緩い南の風と豊富な太陽光線で、一時的だけど爆発的に増えたプランクトンが、相模湾奥からあふれ出て伊豆まで差し込んだ様子。
 
この磯に通い出してから10年。
初めての経験だ。
 
他の岬もチェックすると、全ての場所で夜光虫だらけ。
波が立てば岬全体が青白く光って見える。
周りに月以外の光源が無いから、新木場辺りより酷く感じるのは気のせいか?
 
う~ん、ヒラスズキで夜光虫か・・・
微妙(笑)
 
夜はロッドを出す気は無かったけど、試してみたくなってワンドの一箇所だけ投げてみた。
(ヒラスズキは特に、夜に中途半端に叩くと朝のちゃんと釣れる魚が減るので、ピンに入れるのが難しい夜はあまりやらないようにしている)
 
凄い。
夜光虫って綺麗だww
でも湾奥のような反転バイトも、無い。
 
rfcuxbn6b4i8sd3xadxg_480_480-6aa9001a.jpg
ベイトは居るんだがなぁ・・・
 
レンジを下げても、アクション抜くルアーにしても、何やっても美しい光りの帯をまとう。
 
手がかりになるのは、薄い月明かり
 
100回ぐらい歌った頃に釣り人が瀬を渡ってきて、さっき私が休んでいたあたりで足を止めた。
 
あの位置に立ち、息を整えるのはチャリ君の癖だ。
予定より2時間早い。
 
ライトを照らすと気が着いたようで、岩を登ってきた。
そのタイミングで、ロッドを振るのも諦めた。
 
夜明けまで腰を下ろし、久し振りにゆっくり話しをした。
 
今日の月がどんなに美しいか
友達の話し
夜光虫がどれほど忌々しいか
仕事の話し
 
やがて夜が明け、おのおのの位置へ立ったが、思ったとおりの結果だった。
波なしで変なニゴリ。
久し振りに無理な場所にも立って、これでダメなら仕方なしという攻め方もした。
 
ダメらしい(笑)
 
チャリ君も、「ヒラの場所にメバルとカサゴがおったよw」と言って、そうそうに諦めた様子。
 
ブルーブルーのナレージで、きっちりと滝壷落しすると良いらしい。
詳細はチャリ君ブログで。
 
まぁ、そういうものだ。
 
27pn7w87ssthcdvf95ds_480_480-0c453f64.jpg

ロッドの比較テストしに来たと思えばそれでww
 
最近好調と言っても、一晩で海は変わる。
良いときに当たればそれで良い。
 
GW,後4日もあるから何とかなるベヤ。
とりあえず、今回の旅ではもう伊豆方面は入らないけどね。
 
だってシューズが・・・(爆)
 
z22edyomc7rxxizkya8y_480_480-f2395d2f.jpg 
 
つづく
 
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!