プロフィール

前田泰久

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (7)

2017年10月 (3)

2017年 9月 (1)

2017年 7月 (4)

2017年 6月 (5)

2017年 5月 (5)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (5)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (1)

2016年12月 (8)

2016年11月 (4)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (3)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (4)

2016年 3月 (4)

2016年 2月 (6)

2016年 1月 (4)

2015年12月 (7)

2015年11月 (5)

2015年10月 (6)

2015年 9月 (5)

2015年 8月 (6)

2015年 7月 (5)

2015年 6月 (2)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (3)

2015年 3月 (3)

2015年 2月 (2)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (1)

2014年11月 (4)

2014年10月 (6)

2014年 9月 (6)

2014年 8月 (6)

2014年 7月 (4)

2014年 6月 (4)

2014年 5月 (8)

2014年 4月 (4)

2014年 3月 (7)

2014年 2月 (4)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (8)

2013年11月 (3)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (5)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (6)

2013年 6月 (6)

2013年 5月 (10)

2013年 4月 (7)

2013年 3月 (8)

2013年 2月 (5)

2013年 1月 (8)

2012年12月 (10)

2012年11月 (4)

2012年10月 (4)

2012年 9月 (3)

2012年 8月 (2)

2012年 7月 (5)

2012年 6月 (6)

2012年 5月 (7)

2012年 4月 (10)

2012年 3月 (7)

2012年 2月 (9)

2012年 1月 (8)

2011年12月 (12)

2011年11月 (8)

2011年10月 (4)

2011年 9月 (9)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (11)

2011年 6月 (6)

2011年 5月 (11)

2011年 4月 (9)

2011年 3月 (12)

2011年 2月 (8)

2011年 1月 (6)

2010年12月 (7)

2010年11月 (9)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (5)

2010年 8月 (6)

2010年 7月 (9)

2010年 6月 (14)

2010年 2月 (1)

2000年 1月 (1)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:98
  • 昨日のアクセス:221
  • 総アクセス数:669370

QRコード

リンク先

ECLIPSE

ウェーディングセミナー2018(後編)

キャスティング横浜磯子店さん主催の
ウェーディングセミナーのお話の後編。
wnsc8d7hmtccgkg8jyn3_640_906-69c4a00d.jpg
どうやってやるかの戦略を考えていると主催から連絡が。
『諸事情で場所変更です』と。



当日。
指定されたエリアへ。
まぁ結局ココだよねと(笑)

プラ無しなので
講習タイムスケジュールとタイドグラフをにらめっこ。
大体の時間配分を決めておく。

講習スタート。
今回はラストSWAPと日程が重なった為
エイムスの橋本さん
ブレイズアイのヒデ林さん
ロンジンから清水さんとベナンさん
エクリプスからは僕
という講師陣。

開会式からの座学は
5e3sndn69ie2otsihm35_640_423-9973887a.jpg
各講師から
・ウェーディングで釣りをする際どのような危険があるのか?
 ※エイや沈、スリットはまり、帰還ルートがわからない等
・干潟で起きた海難事故を実例に上げて紹介
・安全を担保する自己管理。
 どのタイミングで釣りをしてどこで上がるか?
8zwd6rnbskbhfuevm2fe_640_423-1c767dcb.jpg
・このエリアと盤洲や三番瀬との地形的違いや潮流の速さについて
・気象予報やタイドグラフなど自然相手ではデータが全てではない事
・海の緊急通報「118番」
p29c7mascr8zkn7xctp6_920_609-c9aea689.jpg
・装備品について
 僕からは後方表示灯(フラッシャー)の話しと
 ランディングネットの薦めについてお話させて頂きました。

全体座学が終わったら
各チームに分かれて更に細かいミーティング。

僕のチームは座学の復習と
このあとのタイムスケジュールの確認。
e2kntmoyht7enixs2n79_920_690-c1116fb0.jpg
そしてお客様のルアーボックス確認。
釣ってもらいたいので
エクリプスだけじゃなくて他社メーカーも推してます。
アマモ帯ではクーとかスライ95とかも可能性あるよとか
本命エリアはフリルドスイマーやカゲロウ124とかあれば使ったほうがイイよとか。
他社も話題アイテムは使っておかないと
こういう話し出来ないからね(笑)

で、実釣開始。
ウェーディングに慣れていない方もいるので
まずは潮が下げるまでアマモ帯で小手調べ。
『釣る』をメインに考えず
このエリア独特の流れに慣れてもらう。

スタートしてすぐは切れ藻がかなり邪魔でしたが
少し前に出れるようになると
切れ藻が無くなり釣りやすくなるのを思い出し
タイミングをみてアストレイア99F-SRに。
超デッドスローで巻いてくると
xwdwu28mcx5kckgv8zzu_682_512-44994561.jpg
チームの先制打となる1本をキャッチ。
※セイゴサイズだけど(笑)
3年前と全く同じパターンでしたね。

このサイズだけど皆一気にやる気を出す。
やっぱり釣っておきたいもんね。

少し離れた場所のお客様がアイボーンで1本キャッチ。

ここで本命ポイントへ。
僕が先導でエリアへ入る。
その前に再度このエリアの注意点の再確認。
・一人で行かない
・前に出過ぎない
・先頭集団に行かない
・慣れるまでは下げ止まりまでで戻る
先に行けばフレッシュな魚は多いけど
釣りが出来る時間は絶対短くなります。
今回は手前でも十分勝負出来るのを知ってもらう為にも
お客様にはじっくり腰を据えて手前に居る魚を獲ってもらおうかと。

目的のエリアに入ったら
あとは横一線に並んで
前を走る流れを釣っていく。

すぐに最初の時合い。
周りの方々が魚をキャッチしていく。
9x64pe32i6zxkw87wi53_682_512-848e48f9.jpg
僕も難なくキャッチ!
bkrvi7jicauvvscagkph_690_920-3869ec0c.jpg
ベイトをたんまり食って
70半ばのコンディション抜群な魚。
この時期このエリアで活性の高い魚を拾うには
アストレイア127Fハイビートは外せない!

一瞬のフィーバータイムが終わり
落ち着き始めたら
少し先の流れをバロール130で丁寧に撃って
b6ipjm6usc6r5n65ihyt_682_512-b436bbbb.jpg
ちょっと小ぶりだけど追加♪

ポツポツとバイトはあるものの
エラ洗い一発でさようなら~を3回ほど…

ここで終了時刻のタイマーが。
安全に帰る為にも下げ止まりまでやらずに終了としました。
3ko944mts9minrdhiugu_920_690-82a20e19.jpg
エクリプスチームは
キャスティングスタッフさんを含めた9人という大所帯だったものの
今年も高打率で幕を閉じました。

先頭集団に行かなくても
ちゃんとやれば魚は釣れるからねていうのをしっかり証明出来たかなと。


陸上がったあとは
閉会式と恒例のじゃんけん大会をやって
caryrshyrc9xgzfxjzyj_640_480-67c9ab0e.jpg
今年も事故なく講習会は終了。

ただ安心しないで頂きたいのは
今日得た安全に対する知識以上に自然は怖いということ。
今回お話した以上の事が起きる事を想定して
安全に釣りをして欲しいですね。


参加されたお客様
運営のキャスティングスタッフさん
各メーカーの講師陣の皆様
本当におつかれさまでした。


【使用タックル】
ロッド:ECLIPSE・プロト94MLL
リール:13セルテート3000(ATD仕様)
ハンドル:スタジオオーシャンマーク
ライン:ヤマトヨ・ストロング8-08号
リーダー:ヤマトヨ・フロロリーダー25lb
ルアー:
ECLIPSE・アストレイア127Fハイビート(レンズキャンディーグローベリー)
ECLIPSE・バロール130(リアルキビナゴ)
ECLIPSE・アストレイア99F-SR(クリアフィード)

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!