上宮の悩み多きラインセレクト

お久し振りです、上宮です!
ゴールデンウイークも終わりましたが、皆さんはいい釣り出来ましたか?
わたしは連休中はのんびり家族サービスに努めましたが、連休前後にちょっとだけ…

ycwo33n9ooi7ksmig46d_480_480-981e2556.jpg


fpcm3cjr7yno4my687js_480_480-51ad117f.jpg


例年ならばわたしは地元河川を深夜までほっつき回り、血眼になって幻の魚『カワヌベ』(標準和名、アカメ)探しに躍起になっている時期ですが、今年は実釣もそこそこに、キャスト練習に明け暮れております。
何故に今更キャスト練習?と思われる方もきっといらっしゃるでしょう。

実は、近々離島に大物狙いに遠征に行く予定がありまして、日頃やっているシーバスフィッシングの延長にあるような釣り(例えば川のアカメ釣りやサーフのフラットフィッシュ狙い)よりも遥かに体力を要するターゲットを相手にするために、以前から筋トレやキャスト練習に励んで来ました。

そのターゲットはGT 、ジャイアントトレバリーです。
オフショアキャスティングゲームのターゲットとして有名なGTですが、南の島のリーフから陸っぱりで挑んでみたいと思い、身体の鍛練はもちろんタックルの構築にも随分知恵を絞って来ました。

そのタックル構築の中でも難関なのがなんと言ってもラインシステム!
ターゲットのいる沖までルアーを届けるための遠投を考慮すればなるべく細い糸を使いたい。
しかし、GTをヒットさせ強力な引きに対向しなおかつ鋭利な珊瑚にラインを擦られブレイクされないようにするなら太い糸を使いたい…

求めるられる矛盾だらけの様々な要素に未だに頭を悩ませている真っ最中ですが、安心してターゲットに挑むためにはラインの役割はあまりにも重要になってきます。



わたしも恐らくは皆さんも、日頃親しんでいるシーバスフィッシングであってもそれはもちろん同じです。
近年わたしはベイトタックルばかりでシーバスゲームに臨んでいますが、メインラインに関しては、およそこれなら間違い無い!と思えるラインに巡り会えました。

そのラインがこちら


山豊テグスのレジンシェラーです!

cugev8nrgaasfxf62ate_480_480-b50d8863.jpg




当初、わたしがベイトタックルを用いたシーバスフィッシングでラインに求めた要素を絞って言えば

・適度な張りがある
・擦れに強い

実は非常にシンプルに、この2点に集約されました。

先ずは、適度な張りについて。

皆さんもご存知のように、ベイトタックルにはバックラッシュは付き物。
そもそも自分のキャストやサミング技術はさて起き(笑)、バックラッシュしにくいラインはどんなタイプだろうか?と、様々なラインを使って来ました。
その結果、フニャフニャに柔らかいラインよりも多少ハリがあるラインの方がバックラッシュを起こし難いと言う事を突き止めました。
どうやら、柔らかいラインはルアーの速度とスプールから放出されるラインの量のバランスが崩れた時に、ライン放出が勝りラインの弛みが大きくなり始めた段階で、ベイトリールのレベルワインドにラインが殺到し放出されず(スタック)にバックラッシュする事にわたしは気付きました。

逆に、ラインに張りがあった方がスムーズにレベルワインドの穴を通り抜けてくれると言うのは間違いの無い理屈です。



次に、擦れに対する強さ。

張りのあるラインである程度は防げるものの、ともあれベイトリールにはバックラッシュはやはり付き物(笑)。
多かれ少なかれバックラッシュは起きます。
擦れに対する強度が高いコーティングが施されていれば、バックラッシュを起こしてしまった際にもラインの原糸を傷付けずに済みます。
また、根本的に原糸は太い方が傷は付き難くい事から、必然的に8ブレイドよりは4ブレイドの方がベイトキャスティングには向いていると言う事になります。



レジンシェラーは実は、それらの要素が高次元で盛り込まれたラインです!

このラインは、その名が示す通りレジンと言う樹脂でコーティングされたPEライン。
張りがありながらしなやかでもあり、そのコーティングのお陰で滑りが良く擦れ難い、4ブレイドのライン。
バックラッシュを起こし難く、例え起こしてしまっても、比較的傷が付き難くバックラッシュも解きやすい!!! 



で、す、が(笑)
今まで述べて来た事は全てキャスティングに関する事だけ。
キャスティングが快適に決まればもちろん楽しくも気持ち良くもあるわけですが、それはそれとして、やはり魚を釣りたい!

投げた後は、誘い食わせなければいけない、食わせた後は寄せて獲らなければいけない。
誘うためには?食わせるためには?寄せるためには?獲るためには?………



糸だけに、なかなか一筋縄ではいかないようです(笑)

ともあれ、キャスティングに不安を抱えるベイトユーザーの方には是非オススメしたいラインです。
もちろん、誘い食わせ寄せて獲るも問題無し!!!

296ugygtkee2yd4v3k89-d0b383f1.jpg







PEショアジグエイト200mが5月GW明け頃販売予定!!
73jynt2jodwm553r4zmr-cb52f61b.png


詳細はこちら
http://yamatoyo.com/products/pe_shore_jig8/


コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ