プロフィール

家邊 克己

福岡県

プロフィール詳細

34.,coltd

34co.,ltd

サークル34の入会案内はこちらから入れます

サークル34

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:22
  • 昨日のアクセス:152
  • 総アクセス数:9109613

QRコード

表層

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは。







今回は、表層のレンジに付いて少し書いてみたいと思います。







表層と言っても水面直下も有れば水面下30cmも表層なのですが、今回は水面直下のお話です。







アジが水面直下に居る場合を幾つか想像してみた。







一つには、下から水面直下に浮き上がり水面直下に居るベイトを食べる場合。







もう一つは、水面直下に居て水平に移動しながら水面直下のベイトを食べる場合。







この二つのケースが考えられ前者の場合は、水面まで顔を出す様な結構派手なライズが起り後者の場合は細かい雨が落ちた波紋の様なモジリが起る。







どちらも厄介ですが、前者の場合はベイトの種類だと思われますが水面直下でないと食わない場合と水面下30cmでも食う場合に分かれてくる。







後者の場合は間違いなく水面直下でした食わずジグヘッドを水面直下から沈めない様な工夫をしないといけなくてロッド操作とジグヘッド重さがキーになります。







前者はまだ積極的にベイトを食べようとしているのですが後者の場合は、口を開けていれば口に入るので水面直下をゆっくりと泳いでいるだけなのです。








実は昨日その場面に遭遇してきました。








2日前から激荒れでその日も爆風が吹いていてそのせいで港の角にゴミが吹き溜まりプランクトンなどがそこに溜まっているのが想像出来る様な状況でよく見ると水面に小さな 波紋が見える。







居るのは分かり水深もおよそ1mとドシャローなのでタックルを繊細な物にする為にロッドをFPR−57にラインをピンキー0.2号にストリームヘッド0.5gにワームはJr. あめいろ の渋い時の鉄板ワームで挑みました!







先ずは表層をL 字で探りますが反応がなくフワフワにするとバイトはするのですが目茶苦茶ショートバイトでとてもアワセられる様な感じではなくかえってアワセ損ないをすると散ってしまうのでメソッドを変えようと無視をした。







ドシャローを釣る時は特にですが、絶対にバラしてはいけないのです、バラすとディープよりも魚が散るのが早く直ぐに釣れなくなります、ですから僕はなるべくバレないタイミングでしかアワセない様にしています。







これはそれほど難しい事ではなくタイミング合わないときでも無理矢理アワセているのは自分でも分かるのでそれをしない様にしているだけなのです。







アワセ損ないをしなければ魚が散る事はなく同時に針先も点検します、特に25cmクラスを何匹か釣った後は骨が硬いので結構針先が摩耗しておりそれがバラしに繋がるからです。







それ位ドシャローの釣りは気を使います。







話を戻します、フワフワをやっても0.5gでは表層で食わせの間を取り難い状況なので逆 L 字をやってみた。







これには反応して来た1










o2berse6w3iyxzv7v84m_480_480-19d890d2.jpg










23cm程の良型、ドシャローなので走り回りFPR−57だと目茶苦茶面白い!







此の様なドシャローを軽量ジグヘッドで釣る時にはこのFPR−57は本当に面白い、これはロッドが良くしなるので軽量ジグヘッドの飛距離がでて尚かつロッドの長さが短い分操作性が上がり非常に細かな動作が出来るのです。







一つのパターンが出来上がりポンポンと釣れたのですが風が急に止みベイトが溜まっていたゴミ溜まりが広がりだすと現金な物でそれまで固まっていたアジがいっぺんに散ってしまった。







そうすると今度は足で稼がなくてはならなくなり方々探し風がなくなったので0.5gだと沈み過ぎてしまうのでストリームヘッドの0.3gに変更し探るとポツリポツリと釣れるのですが固まりが居なく探していると一緒に行っていた祐介君が固まりを見つけた。








54n9eveprgk2igsiknov_480_480-ad61698f.jpg








そこは、シャローからディープに落ち込みまたシャローになるというポイントでそこの堤防の際に浮いていた。







ここで釣れるアジは型が良く28cm前後有った!








dv5wbu5i999auns52r2r_480_480-d3ab8908.jpg









無風で流れも緩いので少しの変化がポイントの条件になり、ボトム形状は表層まで影響してくるのである程度把握しておくとかなり有利になります。







ドシャローの釣り非常に面白いので荒れた後には是非やってみて下さい。









 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!