プロフィール

家邊 克己

福岡県

プロフィール詳細

34.,coltd

34co.,ltd

サークル34の入会案内はこちらから入れます

サークル34

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:8
  • 昨日のアクセス:189
  • 総アクセス数:9080553

QRコード

初心者の為に2。

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは。






この間の続きです。






この前からDVDの制作の為に弊社の女性スタッフにアジングを教えてます。







僕の場合は、先ず頭でアジングを理解してもらいこの場面で此の様にするのは、此の様な理由からだと説明し理解してもらってから教える事にしております。







その時も投げ方の説明をしておりました。







僕は片手で投げるのですがそれには理由があるのです。







以前にも過去ログでその説明をしたと思いますが片手の方が手首で調整出来るので少ない力でも飛距離も出易いのです。







その様な理由からその女性スタッフにも片手で投げる様に指導しておりますが、その時に気が付いたのですが初心者の方はロッドでリグを投げた後、ティップを止めておられない。







下まで振り下ろしてしまわれる方が多いのではないかと思います。







ロッドは、投げ終えた後ピタッと止める事で力がリグの方に移っていくので目の高さ位で止めてもらいたいのですが、そのまま振り下ろされる方が多い。







これはアジングだけでなくどの様な釣りでも言える事だと思いますが、それが出来ていないので力がリグに伝わらず抜けた様な感じで飛んでいく事が多くなります。






それともう一つは、これは僕だけかも知れませんが親指でロッドを押す様にして投げます。







ですから投げる時は親指をロッドの背中側に当てる様にして投げておりこうする事で野球で言う所の玉離れを遅くする事ができます。







yvd3eyj7inizmzewmmpn_480_480-5dba4ce5.jpg







風が強い時には出来るだけ低くくリグを投げたいのでその場合はこの投げ方でラインを離すのを若干遅らせればライナーで飛んでいきます。







こうすれば風の影響は受け難くなりラインの膨らみも最小限で済みます。







投げ方一つで風に対処出来るのでちょっと練習して下さい。







最近、人様の釣りを見る事が多く良く思うのですが、皆さん遠くへ遠くへとリグを運ぼうとなさっておられる様に思えます。







アジのポイントは決して遠くだけでなく、遠くなればなる程手返しも遅くなり探る範囲も広がる訳で手間も時間も掛かりどうしても探りきれない部分が出てきます。







特に、護岸の際は殆ど手付かずで一番釣り難いのですが、以外とアジが沢山居たりします。







特に基礎の部分は絶好のストラクチャーなのでそこをどう釣るかで釣果が別れてきます、リトリーブでは釣れないので必然的にフォールメソッドになりますが、真っ直ぐに投げるとどうしても入れ難いのですぐ横にお人が居ないので有れば斜め潮上に投げ際のボトム迄落とし込み、そこでステイなりL字なりで探ると答えが出る。






ただどうしてもゴミ等が有るので根掛かりし易いので注意は必要ですがかなり効果的だと思います。














 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!