プロフィール

家邊 克己

福岡県

プロフィール詳細

34.,coltd

34co.,ltd

サークル34の入会案内はこちらから入れます

サークル34

カレンダー

<< 2019/4 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

カテゴリー

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:7
  • 昨日のアクセス:235
  • 総アクセス数:9080128

QRコード

Sキャリーの効能

  • カテゴリー:日記/一般
こんにちは。









Sキャリーの特徴である0.4gフォールスピードはかなりの効能があります。


一番の効能は、脈釣りが非常に誰でもやり易いという事です。


脈釣りはここで前に紹介させて頂いた僕のメソッドなのですが、始められたばかりの方には少し難しいメソッドなのです。


何が難しいかと申しますとジグヘッドを張らず緩めずの状態で送り込んで行くのですが、中々ジグヘッドの重さが分かり難い事なのです。


脈釣りに使用するジグヘッドは、軽い程良いのですが0.4gではラインの表面張力である程度迄沈んだらそこからは沈まなくなり、今迄やってきた経験で0.6g〜0.8gがベストと思われます。


潮が速い時は当然それ以上のものを使用しないといけないのですが、この釣り自体がそれ程潮が飛ぶ様な所で釣るメソッドではないので余り重いものを使用する機会は少ないです。


ですからこの0.6g〜0.8gのジグヘッドの重さを引く事なく感じなければならず大概の方はテンションフォールになってしまわれます。


テンションフォールになってしまうと流れの筋から離れてしまうので食わなくなります。


これが Sキャリーだと簡単にジグヘッドの重さを感じられるのです、それは Sキャリー自体が0.4gの沈下スピードで沈下しているので例えばそれ以上重い0.8gジグヘッドを使った場合ジグヘッドを先頭にして Sキャリーを引っぱりながら沈んで行きます。


ですからジグヘッドに0.8gを使用しても Sキャリーのせいで0.8gの沈下速度よりも遅くなるのでもう少し重いジグヘッドも使用出来、尚かつ引っ張られる物の体積が大きいので釣り人はその存在を感じ易く張らず緩めずの状態が簡単に出来るのです。


これは従来の物には絶対になかった特徴で今僕らが脈釣りをやっているのは主に自分の沖10m以内の範囲なのですが Sキャリーを使用する事でその範囲が膨大に膨らむ訳なのです。


それはSキャリー5アイテムの沈下スピードは大きさに関わらず全て0.4gのジグヘッドとほぼ同等にしてあるからなのです。


ですから全てのアイテムを使用して脈釣りが簡単に出来る訳です。


今迄だったらブレイクの向こうの側でこの脈釣りをやりたいと思う事は沢山有ったのですが、どうしてもジグヘッドを重くしないといけなくてそうすると潮が早くに流れていてくれたらかなり無理をすれば何とか出来たのですが潮が緩むと根がかりの連続になり諦めざるを得なくなっておりました。


これからはこの Sキャリーがあればその様な所での脈釣りも諦める事なく簡単に出来る様になります。


発売しましたら是非お試し下さい。



コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!