new_bunner1.jpg

プロフィール

原付の男

愛媛県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/10 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:26
  • 昨日のアクセス:64
  • 総アクセス数:357512

検索

:

なぜ家に仏壇があるのか?

  • カテゴリー:日記/一般
私は心霊なんとかみたいなのが面倒くさくて神仏の類を身の回りに置きたくないのです。

狭い家にデカイ仏壇があり以前から邪魔でそれを管理している親父が死んだら捨てようと思っていたのですが、ギノさんがラジオで原始仏教の話をしてくださったので少し興味が湧き自分で調べてみました。

小難しいと思っていましたが蓋を開けて見ると単純な話でした。

神がどうのこうのというファンタジックな展開にならないので私にも受け入れる事が出来たようです。

どんなものか説明すると釈迦は神ではなく人間でした。そんな彼が苦しみから逃れる方法を教えてくれます。

簡単に説明すると死ぬ苦しみから逃れたい。

これを生病老死と言っています。

時間は止まらない(諸行無常)

食物連鎖で命はつながっている。

心はつながっている。

つまり全て繋がっている事を縁起と言っています。

空というのもだいたい同じ意味で私に実態は無く空虚と言っています。

自分で行動を決めているような気がすると錯覚しているけれど時代と環境が行動を決めているということです。

今となっては食物連鎖も時間が止まらない事も誰でも知っている単純な話ではあるのだけれどそれでも死ぬのは怖いものです。

釣った魚を食べても冷蔵庫で腐らせてしまっても自分が食べるか他の生物が分解するかの差でどちらにしろ自然に循環するのです。

それでもそれは死んだ後の話で死ぬ苦しみから逃れた訳ではない所が腑に落ちない所ではないでしょうか。

ともあれ死ぬ苦しみを恐れるなんて無駄な事だと今では思っています。

なぜなら私は死ぬ事など無いのです。

いやいやガーリックジュニアじゃないんだからという声が聞こえて来そうですが、生きているのだから生きてるうちは死ぬことは無いんですよ。

死んだ状態を認識できないのだから生きてる状態以外は無いのです。

どうせ生きてる内には死なないなら死ぬ事を考えてもしょうがないと、いう哲学がありますが気楽に生きるのに少しは役に立つかもしれません。

そういえば、ギノさんの話におもしろいのがあります。

ギノさんは死んだらあの世があると思いますか?という問いに、生まれる前と同じじゃないですか。

と言うので詳しく聞くと生まれる前にも歴史はあったのだからそこに自分がいないのは生まれる前も死んだ後も同じという話でした。

まあ、そんな感じで自分は宇宙の循環の一部でしかないので欲張っても得は無く自分を苦境に追い込む事もまた無意味という感じです。 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ