プロフィール

加藤 正則

千葉県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1
  • 昨日のアクセス:4
  • 総アクセス数:100586

QRコード

納得・・・なのかな(笑)

産卵前の荒食いシーズンも始まってる場所も増えていますが
自分の
今回の釣行場所は
例年道理なら
そろそろシーズンオフに入る場所。

しかも
家から少し距離のあるから行くのに時間かかる。

今年は春に一度来たきりで
仕事の忙しさに
イイ時期に一度も来れなかった河川。

シーズンオフに入る前に
何とかもう一度は来ておきたかったぁ。

釣れればランカーの確率は高いが
シーバスが釣れる確率は低い。
でもこんな場所にこそ夢が(笑)
 
ここは
メインに使うミノーが
120~140mm。
しかしフォローに90mmも。
で使用ルアーの使いやすさに幅のあるロッドがGood。

しかも
キャストする
ポイントによっては
頭上に木の枝が張り出していたりするから
ロッドがすぎるのもダメ。

なので
今日のロッドは

GoldenMean OUTRANGE 90ML
 
ポイントに着いて
準備をすませ
最初に

ima komomo SF-145
を付ける。

キャストして流れの具合を感じてみるが
イイ流れはない。

流れ待ちな感じで
ルアーを

komomo SF-125
komomo SF-125 counter
sasuke 120 裂波

と変えてみる。
 
一向に流れがないまま
1時間半くらい投げた頃か・・・

流れが少し出たので
たぶん
流れが出ている時間はそんなにないだろうと
最初のパターン
komomo SF-145&rarr;SF-125とサイズを
下げながら変えていき
komomo SF-90
を流れの奥にアップクロス気味にキャスト。

着水後
すぐにスラッグを取り
ルアーを馴染ませてからリーリング。

ルアーがターンしたところでバイト。
2度ほどアワセいれからの
ヤリトリのあと
寄せてきて
数m手前からの
根廻に気を付けるように
ロッドの
バットで止めて
ゆっくりと浮かせてランディング。
d6cg9d8o2neywcgfcjuv_480_480-e96c3ea2.jpg 
サイズは
63㎝だったが太目でスタイルはよかった。
uu5iih9ftu2yufgbno97_480_480-86e4fcb0.jpg
計測・撮影と早めに済ませ
リリースをするとゆっくりと泳いで行ってくれたので一安心して
ラインチェックからキャストを再開。
 
予想通りとゆうか
この場所通り10分くらいで元の緩い流れに戻ってしまったが
もう一度流れが出てくれるのを待ちで
1時間くらいネバってみるも
流れは出ないままだったから納竿。
 
この場所のしては
釣れたサイズは良くなかったけれど
(今まで、この場所で釣った魚では小さい方)
この流れで
ワンチャンスがモノにできたので
まぁ納得(笑)
 
ROD:GoldenMean OUTRANGE ORS-90ML
REEL:DAIWA
 LUVIAS3012H
LINE :YAMATOYO FAMELL PEストロング8 1
LEADER: 3

LandingGear
:EVERGREEN E.G.グリップ
               GM SHAFT
FLOATING VEST
:ima オリジナルフローティングベストX-0
GLOVE
:ima オリジナルメッシュグローブ

 
 

コメントを見る

加藤 正則さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!