SUPPORT MAKER


ラパラ

アピア

ER

TOOL CONSULTING

RAPALA STAFF

山本 博勝
吉田 隆
佐藤 宏憲
杉本 親重
佐藤 順治
岡本 裕義
ショーケン
北出 弘紀
小沢 隆広
RAPALA STYLE facebook
NORTH CRAFT facebook

APIA STAFF

小林 厚治
木村 仁
安田 浩樹
北添 貴行

LINK


logo-mini.gif

アングラーズスタッフ

プロフィール

吉田 隆(ヨッシー)

千葉県

プロフィール詳細

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:10
  • 昨日のアクセス:230
  • 総アクセス数:1933889

検索

:

QRコード

ベイトで歳無しチヌ


edjr5fgnar9muochv7nc_480_480-f3cf2171.jpg



前回のディチヌではfoojin`xxでしたが、久々にベイトロッドでチ二ングゥ~






http://www.fimosw.com/u/ty043278/wsnqbg643omdjm

昨年も同じベイトロッドでチヌに遊んで貰いましたが、その当時と異なるのはリール機種とXbandのカラー・・・


そして日々変わりつつあるのがベイトフィシュ。
その中で、昔から変わらぬこと、それは釣り座に立つ前のベイト探しと種類の確認。



目で見える浮いているベイトフィッシュであれば、そのベイトが溜まるであろう時刻と場所をリンクさせジアイを待ちつつパターンを模索する。


逆に目に映らないベイトであれば、耳と足を使うのですが、これも昔から変わらぬ自分なりのパターン。




そんな時にわずかなバイトや変化を得るために感度の優れたライトロッドを握ることも多いのですが、活性の低いチヌの着き場の一つとしてカキ柄、ストラクチャー周りとラインブレイクし易い場面も多いので、丘から狙う時のタックル選びも、多少の余裕が欲しいところであります。


この余裕とは、速やかに魚を浮かせて遊動できるという意味ですが、今回ベイトロッドを選んだ理由は、ベイトフィッシュの存在を確認できず、なおかつ日中の釣りなのでボトムコンタクトを取りやすいであろうとの思いで・・・



73cxat4ot7s55fvmriji_480_480-7ed415ba.jpg

目の充血した寝不足のチヌが釣れました。


夜は寝苦しい日々が続いてますからね。。。




波動の弱いバイブレーション(luck-v)を時折ボトムバンプさせながら流すだけですが、飛距離の必要としないエリアであるため、ベイトロッドが扱い易かったです。




9iwzh8ev5degsja6r6vw_480_480-06f53717.jpg


あと、このカメラも使おうとゴムバンドに結束させ、頭に巻いて撮影に挑みましたが、10分で限界でした。


というのも、カメラが不安定なので落下防止を考慮し、グルグル巻きにしたら頭痛が酷くて何かの罰ゲームかと思うくらいに・・・


しかも汗で頭が痒くなるし、涼しい時のが良いのかも(笑)



次回は夜の立ちこみか、また違った方法で挑んでみます。





kce8wr5a9wxpgomo3yua_480_480-222504d0.jpg






 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!