アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:276
  • 昨日のアクセス:913
  • 総アクセス数:16082765

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

釣り針は危険です。


先日、干潟で釣りをしていた時のこと。




SNECON130Sとニーサンのローテーションが絶好調で10本程度を速攻でキャッチ。

そのあたりから、フックもダメになり、ファイトも雑になり、意識もおろそかになり、という感じになっていた。


またまたヒットした70cm相当のデブデブ。

ハイローラーをフルに曲げながら最期の抵抗をしていた。

こういう時、ルアーが外れると危ないから、基本的にはロッドは横方向か斜め方向に倒しながらファイトする。

真上にロッドを立てると、もし魚からルアーが外れた場合、ハイローラーのような胴調子のロッドほどとんでもない速度で外れたルアーが自分に向かって飛んでくる。








おわかりだろう。

SNECON130S完成の嬉しさで舞い上がっていた。

安全意識が欠けていたと思う。




目の前5mほどで苦しくなった魚が水面に顔を出してエラ洗いをした瞬間、俺は不覚にもロッドを真上に立てて一気に寄せてしまおうとした。

首を振る魚からルアーが外れた瞬間、俺は悟った。








危ない!






顔面に向かって飛んでくるルアーを見て、俺はある願望を抱いた。








ppvv9xppvvidhme5x48m_480_480-75fdf546.jpg






が、願望むなしく、俺の顔面めがけてルアーは飛んでくる。











仕方ない。。。







てぇーい!












ivm89hbot9smfyhwbfvt-5ac87366.jpg










だが、残念なことに身体は硬いのである。

イメージに反して、右耳に小さい痛みが走る。




あいたたたた。


そっと触りながら状況を把握すると、耳たぶに針が刺さっているようだ。




二次被害を防ぐために、同行者にフック以外を外してもらう。


自分で抜くのを試みたが、耳たぶが見えないために難しい。

残りの針をガムテープで覆って二次被害を防ぎつつ、

病院へ行くことに
j46eg5py4yfugctoz753_480_480-cdb9c3d7.jpg

江戸川区の葛西にある東京臨海病院。

救急外来に一度電話したら来て下さいとのことで受診。

麻酔を打ち、メスで切開して針を取ってもらった。


こんなことで申し訳ありませんと恐縮していたら、毎月何人かはやってくるんだろう。

たいていは頭に針が刺さっていて、キラキラしたお魚が付いているのよ、と看護師さんは笑っていた。



針の返しはつぶす派だったんだけど、最近は開発中のルアーなんかも多くて、面倒くさがってバーブ付きのものも結構使っていた。

ちょいと反省しつつ、注意喚起も含めてログを書いておきます。







※映画マトリックスリローデッドより画像を引用させて頂きました。


 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!