アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:447
  • 昨日のアクセス:763
  • 総アクセス数:16251668

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

大阪フィッシングショーその2


大阪フィッシングショーその2です。




その1はこちらから。










2日目が終わり、夜になりました。


昼も決してサボってるわけでもなく、むしろ誰より頑張ってるのに、夜もチョー元気なアニキの目がランランと光ります。




あっでも、俺も飲み会飛ばしすぎて、写真撮ってなかった。。。

誰が誰だかわかりませんね。

アピアの関係者飲み会でした。

fimoのオフ会もやっていて、2次会での合流を目論んではいましたが、タイミング合わせられず断念。








次の日。最終日。


もう朝から身体が悲鳴を上げてるんですが、気合いで乗り切ります。




その気合いプラス、男達のエネルギーチャージ源。








ハイホー!










きつい時は美女の力で乗り越えろ、というのは

死んだじいちゃんの遺言です。 









で、チャージしたら開場前にまたブース周り。

この日はもう一つの館へ。







メガバスブースは業者日にちょっとトラブルがあったらしいけど、無事に復旧してました。




シマノブースでは何年ぶりだろう、久々にステラSWが完全刷新。

デザインが洗練されてますね。




話題になってたのはPE8号が600m巻けるステラ30000。









で、足が痛くなったらチャージしちゃいます。



ハイホー!





最近の女の子は、黒目を大きくしちゃうリファインでみんなかわいくなっちゃって、良いような悪いようなですね。

でもいいんです。もう見て楽しむ以外何もできないので。







リファイン無くてもかわいいですが。


ホイハー。









で、しょうもないことしてるうちに最終日がスタート。



まずはアイマのサイン会。


真ん中の人、高校生のように元気です。

個人的に面白かったのは、imaのカタログの表紙に5人でサインを書くんだけど、最初に書く小林厚治さんのサインが、だんだんと真ん中に寄ってきて、しかも大きくなってきて、下流の僕らのスペースが無くなって困惑していくのが面白かったです。



あとはこのお方。


これぞ、ファンの鏡。





imaも新製品が目白押しでした。




トークショーはアピア、東レ、メガバスでやらせてもらいました。

もう写真を誰かに頼む余裕無しです。







心身ギリギリなので、途中のチャージは欠かしません。(笑)

今年も美女を揃えていたダミキブース。







後半は記念写真編。



まずは村越正海さん。

そろそろfimoでブログ書いて欲しいなぁ。

横浜でお願いしてみよう。






まずは今年もアピアを引っ張ります。アピアプロスタッフ4人衆。

若い人も次々加入してファミリーがでかくなっていますが、あと5年は負けません!






アピアファミリーでパチリ。




今年のアピアのブースで流れる動画は凄まじくかっこよかったし、カタログも読み応え十分でした。

こちらは最後の最後に若いアングラーにサインした一冊。











次、小さいながらも大健闘だったBlueBlue。

たつろー、ゆーすけ、よくやりました。



今年もBlueBlueの夢を追い求め続けます。








fimoチームは3人が明るく笑顔で走り回った。

左から、はじめ、ジョー、Ai。

お疲れ様でした。ありがとう。




多くのメーカーの方に愛され、多くの釣り人に愛されるようになったfimo。

こちらもまだ夢の途中だ。










最終日、会場で毎年見かける家族を見つけた。

そのかわいらしい女の子がずいぶんと大人びているのを見た時に、記憶がフラッシュバックした。

この子の3年前の記憶。

あの時の気分、なんだったっけ?

そう思って、はっと気付いた。



たった3年前の大阪FS。

僕はプロを辞める覚悟で背広を着て、まだA4用紙の上にしか構想がないfimoの資料を持って各ブースを回っていた。


あれから3年が経った。

fimoは地道ながら確実に成長してきた。

本当に、多くの人に支えられた。


そう思ったら、涙が出そうになった。

fimoができるのは今は多くの人をつなげていくこと。

コミュニケーションが、釣り人を幸せにする。

釣り人の全ての諸問題を解決していく手段として、fimoが生み出すコミュニケーションがいつか役に立つ。

そう信じて、今後も頑張っていこう。



今年もビッグネームな人達が一緒にやってくれることになりました。





そして全てが終わりました。





その夜、東京に帰る予定だったんだけど、元気なアニキが帰るなと。



焼き肉屋さんへ。


すっかり大阪に馴染んでいるポカスカジャン省吾さん。





元気なアニキが全開なのです。

全壊といってもいいかもしれません。







油一杯の肉はすぐに引火して、店内は煙で前が見えません。


みんなの心にも火が付いて凄いことになります。






僕ともう1人だけ、あからさまに引いている人がいました。


アピアの映像を徹夜続きで仕上げたクリボーです。









終わって、バーへ。










今回のFSで一番頑張った人ですね。お疲れ様でした。



削除命令が来るまでアップしておきます。










バーが終わった夜更け。

腹減ったとみんなで、道頓堀まで歩くのです。



アピアのお箸で美味しく頂きました。



そして、ホテルへ戻り、少し仮眠を取って始発の新幹線で東京へ。





皆様お疲れ様でした。






コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!