アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:227
  • 昨日のアクセス:1428
  • 総アクセス数:16039092

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

1月25日   TSC第1戦

2004年1月25日 -TSC第1戦-
 
 
 
 
 
 
 
今年のTSCには相当気合いを入れてやるつもりだった。
 
ところが年が明けてみたら参戦できるかどうかすら解らない忙しさに追い込まれた。
 
さんざんに考えたのである。そして直前まで答えは出なかった。
 
このTSCの為にボートを買ったと言っていいくらいだった。しかし、その時と状況が変わってしまったのである。
 
 
 
 
 
やらされているだけの仕事なら迷わずTSCを選んだだろう。
 
しかし、自分で仕事を受けることを選んだ。そして非常に高いレベルで仕上げる決意を固めた。
 
これが楽しくないはずないのである。仕事も楽しいし釣りも楽しい。
 
楽しいうちのどっちかを選べなんて無理な話。
 
かわいいフカキョンと美しい矢田亜希子に同時に告白されるようなもんだ。
 
 
 
参ったなぁ
 
 
 
 
 
とか全然参ってる様に見えないのにそう言っていたかもしれない。
 
なんで、さんざん考えたのである。
 
そこでTSC第1戦の参戦見送り、すなわち年間総合優勝の断念を一度は決めた。
 
しかし、その参加締切日にもんじゃ五平に食べに行って、半ば勢いで参戦することに。
 
せめて前日プラを・・・と必死にスケジュールを組んだが、それも叶わず当日ぶっつけ本番に。
 
それも月曜から土曜まで朝から深夜2時までの週100時間労働である。
 
こんなに働いたのは生まれて一番だ。
 
あんなに仕事サボって釣りばかりしていた自分がここまで働くんだからなぁ、と我ながら感心。
 
 
 
 
 
ということで当日の参戦である。
 
前日にマレーシアから札幌から長崎からと友人が東京に集まる会に参加する。
 
睡眠時間や準備を考えると22時には失礼するつもりだったのだが、結局解散する1時まで痛飲。
 
5時半に起きて準備開始。体調はむしろ良い方。こっからは本気である。
 
 
 
当日の作戦を考える。
 
このシーズンならまず沖のライン、そして過去の実績からして神奈川県に圧倒的な分があるだろう。
 
湾奥は正直言って厳しい。だけど、GETBOOKでの情報では川筋でポツポツとかなり良い型が上がっている。
 
準備をしていたら気付いた。今年のシーバス釣り初めなのである。
 
いい加減なもんだとちょっと失笑し、スタートくじを引く。
 
6番スタート。周りの動きが見たい時に限って良い順番が当たりやがる。
 
 
 
前回、2本しか取れなかった。
 
最低でも3本のリミットは揃えなければ、いくら好きなシャロー撃ちで勝負したところでなんだか悔しいのである。
 
なんでまずは沖に行って3本取ろう。そこで揃ったらそこで考えようと決める。
 
一路沖へ。
 
まずは先頭で東燃バースへ到着。
 
すでに参加艇ではない船だけで8隻程度が攻めていた。
 
良さそうな場所は乗合船などにほとんど抑えられていた。
 
そこで真ん中で良さそうな場所に入る。エレキを落として攻める。
 
ジグはシーフラワー。一投目からいきなりフォールでバイト。
 
これは乗らなかったが、魚信が体の中の鈍っている釣り人魂に火を付ける。
 
 
 
獲る!
 
 
 
船を確実に固定できるポジションに付けて再度攻める。
 
ボトム着艇寸前にバイト。
 
ガンガンと突っ込む魚をいなしながらランディング。50センチ弱。まずはこれを3本欲しい。
 
ついで2投目でさらにもう1本。
 
 
 
後ろから続々と参加艇がやって来た。
 
全部で15艇ぐらいに膨れあがる。僕の攻めているバースも横に一艇、裏に二艇と激しい魚の奪い合い。
 
今日の東燃は非常にピンポイントでバイトが出ていたようで、他の船は芳しくなさそうだ。
 
先に入れた自分のポイントだけはかなりイージーにバイトが出るのである。
 
次の次でヒットさせるもこれはすぐにバレる。
 
しかし、次の1投でまたヒット。これをしっかりと獲ってリミットメイク。
 
8時スタートの8時45分でリミットである。
 
その後は食わなくなった。周りの船も反応がなさそうなので、扇島に移動する。
 
情報では絶好調との話だったNKはタンカーが入っていて攻められない。
 
しばらくはゴロタを攻めたが反応がない。
 
 
 
東燃からさらに横浜方面目指して何艇もボートが走っていくのを見て思案する。
 
とりあえずはリミットメイクできているのである。
 
まずはおもむろにおにぎりを取り出して、嫁さんが入れてくれたお茶をすすりながら考える。
 
今日は快晴で天気がいい。すこぶる機嫌が良くなって気が落ち着いた。
 
今日のスケジュール表を見ていてふとあることに気が付いた。
 
 
 
僕の今年のゼッケンは34番なのである。
 
バイク好きに34番と言えばケビンシュワンツの名前が必ず出る。
 
僕は彼の大ファンだった。
 
優勝か転倒か、というレースをいつもしていた。勝ちっぷりが最高に良いのである。
 
だけどたいていは転んじゃうので、年間優勝はいつもダメなのだ。
 
だけどここ一番の速さはすごくて、いつも深夜のテレビにかじりついて応援していた。
 
 
 
ということで自分もそういう釣りをすることにした。
 
ジグってのは苦手ではないのだけど、性分に合わないのである。
 
NKもタンカーが入っているし、東燃などの渋さを見る限りスコアはかなり低調になるだろうと。
 
それならば1本のランカーが勝敗を決める。
 
 
 
ランカーなら湾奥だろう。
 
まずは旧江戸川河口の沖目ライン。
 
川の魚が昼間に待機している一帯がある。
 
そこを風任せで流しながらキャストしていく。ワンテン、リップレスベイトと散らしていくがまるで反応がない。
 
でも最盛期でも1時間に1バイトなんである。
 
逃げてはいけない。そう心に決めて撃ち続けた。
 
 
 
少しずつ潮目が動くので、水深に気を配りながらシャローをひたすらに撃った。
 
それは何百投したかわからない。
 
結果的にノーバイト。
 
最後、荒川に掛けた。
 
しかし、ここのシャローでもノーバイト。
 
 
 
勝負を掛けたのである。
 
それでダメなら仕方がない。
 
 
 
そう思って30分前にストップフィッシングとした。
 
結果的に僕が湾奥に戻った後NKのタンカーがどいてそこに入った船が上位を占めた。
 
横浜川崎で手堅い自分だけのパターンを持っている人が表彰台に食い込んだ。
 
始まった頃に比べて本当にレベルが高くなった。
 
 
 
 
 
21位。
 
結果は結果である。
 
意外とサバサバしたもんだった。
 
せめて前日プラだけでもやって東京か川崎かぐらいは絞り込んでおかないとダメだなぁと。
 
 
 
 
 
でもやっぱり東京で勝ちたいんである。
 
そんなジレンマとの闘い。
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!