アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:601
  • 昨日のアクセス:731
  • 総アクセス数:16135821

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/5 >>

1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

7月湾奥はフォールで攻略せよ

6月は怒濤の忙しさでログを書く時間も全く無く、

というか、家に帰って風呂に入って歯磨きしたら速攻で寝る
(しかも3~4時間)

、という一息つく時間すらないギリギリの生活を2週間ほどを過ごしていた。



その間には取材がかっちりと入っていて、時間が無いのでどれも数時間で終わらせるようなスケジュールばかり。

こういう時は長年の経験が役に立つもので、12年ぶりくらいの低調子な湾奥でも外さない釣り方ってものがあって、その辺でなんとか結果をつないでいくような感じ。


この写真は中川水系の魚で、明暗部を普通にU字通しても全くダメだったけど、チョンチョンとトゥイッチをかましてあげたらいきなり連発モードになった。
majxbixsaaokivfy7e7d_480_480-4e99ea74.jpg
4つくらい喰わせて気付いたのは、魚が深いときによくあるケースでその12年ほど前もそうだったなぁという記憶であり、

なるほどと思ったら当然そこから検証したい訳なのだが、

すでに午前1時で次の日も午前6時に起きる予定なので後ろ髪引かれながら撤収。




2日後、別件でボートシーバス。

九州から仕事で出てきたkiyoさんをボートでガイド。
s9nfzet7ckvobvgsdh7k_480_480-0e0b5536.jpg
自分のボートにはハミングバードが付いているので、魚探で真下の魚を探すだけで無く、左右50mの魚を探すことができるんだけど、魚はかなり映り込んだ。(もちろんスズキだ。)

荒川も隅田川も運河筋の橋も魚はしっかりと然るべき位置に付いている。

特に隅田川の魚影はかなりものだった。






ところが、2日前と同じで魚が深いのである。

下げでそこそこ良い流れが来ている状態で4mラインの反応は当たり前。

こうなると、ボートから流れの中を2~3mラインまで沈めるのは至難の業で(しかもたいていはスローなパターンになる)

陸っぱりからやった方が結果を出しやすいのである。

アンカーを打てば話は別だが、隅田川でアンカーを打つのは他の船舶の往来を考えると自殺行為に近いわけでそれもできない。

よって船を止めながら釣りをするが、川ではバイトをたまに拾える程度。

川をあきらめてから運河筋の橋周りでたまに浮いている(それでも2mくらい)魚を何とか拾っていく展開になった。






ここで役に立ったのがBlueBlueで今開発しているバイブレーション。

リップが特徴であるが、このリップは泳がせるためにあるわけではなく、(仮にリップを除去してもそんなに動きは変わらない)

ある一つの役目をするために付けられている。

このバイブレーションの特徴は超タイトなロールアクションと、独特のフォールアクションである。

そのフォールアクションを実現するためにこのリップは付いている。

o5jbv5575kcraef7fo7z_480_480-65cfb8dd.jpg

そのフォールアクションがしっかりと効いて、着水してある程度巻いてきて、そこからリフト&フォールで誘うと、フォールした瞬間にドン!と出る。

r7wjb4zuufswoea5jf7r_480_480-7e4d0d1a.jpg

他のバイブレーションを横で試していないので他に対する優位性は分からないけど、極めて有意な反応は出たと思っている。





え?これでいいの?と思うフォールアクションなんだけど、実はとっても効くという確信はあって、それを世に問うための裏付けを少しずつ作っている。

7月からはテスターに配布して各地でテストをしてもらう予定。





ということで、この週末楽しむ方は、下のレンジをスローに狙うことを意識してみると釣果に恵まれるでしょう。



鉄板のフォールは沈下速度が速すぎるので、樹脂製バイブがおすすめ。

きっちりと結果を持ってきてくれるでしょう。



ロンジンのキックビートや

p4x4zeik3a4h3jirbkvh_480_480-3f09acb7.jpg

オルタのモンキー69とか
geewvm3a9igygh3gzodb_480_480-e00cec47.jpg

fimoカラーはこちらから



 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!