アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:769
  • 昨日のアクセス:1221
  • 総アクセス数:15525027

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/2 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

大寒波の中のシーバス

  • カテゴリー:釣行記
40年ぶりの大寒波とかそんなニュースが飛び交った1月下旬。



この日は潮回りが悪く、潮の動く日の満潮寸前の上ずった反応みたいなものは期待できない日。

大寒波だけに、冷たい北風もピューピューで、冬の晴れた日のシャローパターンも使いづらい。

この時期の水温が暖かいところを教えてくれるマガモの集団も見つけられない状況の中で​有明、お台場といった港湾エリアをランガンしてきた。

最初に風裏の3箇所ほど覗いてみるがどこも無反応。

暖かい日ならマガモなんかが浮いていて、魚も上ずっているんだろうけど、、、。

沖に面したエリアに近いポイントに行ってみると北風のおかげで水面もかなり波立っている。



潮が動かないときは、風で流れる水を利用してシーバスは捕食行動を行う。

そう、風表パターン。

寒いけど仕方が無い。

そう決め込んで、氷点下仕様のフル防寒で勝負。

遊歩道を歩きながら、離岸流になりそうな部分を探っていく。

例えば、サーフは離岸流が水面に出るのでわかりやすいが、護岸は流れが下に出るときが多いのでわかりづらい。

冬は離岸流というより、離岸流のおかげで潮が抜けやすくなっているところに魚がポツッと付いていて、そんな魚は活性が高いのでルアーを投げ込めばそれなりに反応が出る。

分からないので、なんとなく波がつぶれているところを探すように投げて探っていく。

狙い所は歩道の灯りが水面を照らしているその先の暗がり。

向かい風9mくらいだけど、ラザミンは30m超は飛んでいく。

8gの細身のフローティングミノーだから、食わせる性能がとても高いこのシルエット。

そんなシルエットを少しでも飛ばせるようにしたのがラザミン90だ。

最初20分ほど反応が無くて、心折れ掛かったタイミングでバイトが出る。

魚はいるぞ!

同行している高橋優介に声を掛けて粘る。

そのうちにヒット。

なかなかのトルクで下に突っ込むシーバスをいなして本日1本目。
joj9prf2ju338paxhcgw_480_480-68b5701a.jpg
寒いのでこれが精一杯。

絶対手を濡らしたくない日(笑)




その後は40cm前後の小型が続く。
igd3bt69u2zd6xxx7ruh_480_480-2a905076.jpg

寒さで指先がかじかんでもう限界、、、というところで最後に一発いいバイト。

俺の前、5mほどで水面で引き波を出しているラザミン90にパフッと出た。

細い魚だったけど65cmくらいの1本。
obah9bav8s26gzdh9dhj_480_480-a5f3b7dc.jpg


この後、あまりの寒さにお台場マックに避難するところをめざましテレビに取材された。

その時の様子

https://www.facebook.com/masanori.zack.muraoka/videos/1660178610710537/

使われたのは、寒さを強調するところだけ。

実際のインタビューはこんな感じだった。


アナウンサー
「こんばんは、めざましテレビと申します。インタビューさせてください。寒い日ですが、どこに行くところですか?」

俺「釣りに行きます。」

ア「釣りですか?すごい!あの、実は今の気温マイナス0.9度なんですが、ご存じでしたか?」

俺「氷点下ですか。。。まあ別にたいしたことなくね?」

ア「ええっ!?すごい寒いですよね。大寒波が来てるんですよ。」

俺「すごい着込んでいるからへっちゃらだよ。」

ア「そうですか。。。」

というところで、顔が曇って高橋優介にマイクを向けてしまったので、ああ、そういう回答は求めてなかったのね、と。

そこで察して模範解答をした様子が、次にまたマイク向けられたときの様子がリンク先の使われているわけです。

 


ロッド :APIA風神ナイトホーク93ML
リール :イグジスト3012H
ライン :東レ シーバスPEパワーゲーム1号
リーダー :20LB
ルアー :BlueBlueラザミン90


 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ