アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:206
  • 昨日のアクセス:942
  • 総アクセス数:16077830

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

BlueBlue開発テスト2015年3月

まず発売のお知らせ。

弊社、吉澤竜郎が開発していたシーライドロング。

まずは125gが発売。

100gや150gを一緒に作るのではなく、1モデルずつ、しっかりとテストして開発しているので、こいつも2年ほど掛かったモデル。

その間、たつろーが外房に通ってしっかりと磨き上げた自信作。
m4z63dpzjg2gnrizc885_480_480-06803bd3.jpg
外房のドテラ流しにはかなり使い勝手が良くて、ぜひ使ってみて欲しい。

他の重さモデルも順次仕上がっていきそうなのでもう少しお時間を。


詳しくはこちら BlueBlue










お次は7月上旬発売予定のNarage50。
fmo3p8ezdtzbjtamxyz9_480_480-18178f83.jpg
こちらは開発が終わり、ただいま急ピッチ量産中。

Narage65はその使い易さと、鉄板バイブ全盛時代に使うべき樹脂製バイブレーションとはどういうものか、という答えを明確に示すことができたモデル。

その販売数は多くの人が、なるほど、という声を現場で上げてくれたことの表れだと思う。

50もコンセプトはそのまま継承しつつ、小さいながらもさらに小気味よい。






次は開発のお話。

BlueBlueが出展している展示会で発表した開発中のルアーってのは開発が終盤でもう露出が可能なレベルのもの。

だけど、それ以外にもけっこうな数の開発を後ろでやっている。

一つ一つをじっくりやると時間が掛かるので、同時並行で開発をする数を増やしている。



もう一つは、長く開発をするってのはいいもので、いったんは完成したかなって思っても、1シーズンしっかりと釣り込むと、やっぱり見えてくるものがある。

それはほんのちょっとの違いだけど、そのほんのちょっとの違いが圧倒的に釣果の差を作り出す。


だから、しっかりと釣り込む期間を作っている。

その期間を経てから最終調整をしたモデルは間違いなく多くのユーザーに評価されるモデルとなっている。

Blooowin!しかり、Tracyしかり、Narage然り。








そんな中で、1月から全国のテスターによる最終テスト段階に入ったBlooowin!80S。

テストの結果は芳しくなく、色々な意見が出た。

立ち上がりが悪い、泳ぎのバランスが悪い、高速リトリーブに弱い。

普通のミノーとしては完成の域には達しているのである。

だけど、テスターには厳しく意見を言うよう求めている。

なので、「強いていうなら」、「もし可能なら。」といった枕詞が付いて上の要望が出てくるのである。

その枕詞に甘えずに、しっかりと拾い上げてもう一度作り直す。

2u5c6ht8c27voit9fkth_480_480-8a01fbe6.jpg

Blooowin!80Sは最初のプロトから外形の大幅な変更が5回ほど行われている。

今回の最終テストの後に、内部の調整で煮詰めたけど、どうしてもその要望をクリアできないので、外部からもう一度作り直すことにした。





写真はその修正をしたモデル。

各テスターのブログに登場するものより、ほんの少しだけ体高がある。

そして、泳ぎの安定性を向上させるために重心をわずかに上げる。

普通は下げるが、俺の場合は上げる。

すると、不思議なもので劇的に良くなった。








破壊強度テストもしっかりとやった。
di6vjymp9hx4eeivmzsj_480_480-cdfcce7b.jpg
ストラクチャー際での使用も多く想定されるBlooowin!80S。

ぶつけて簡単に使用不能になってはユーザーに申し訳ない。

20m先の鉄橋の橋脚に50回ほどぶつけた。

針は曲がり、折れるほどの衝撃を受けたのだろうけど、ボディもリップも問題なし。

BlueBlueのルアーは基本的には強度もしっかりと出せるように設計している。

磯ヒラの人に多く支持されているBlooowin!140Sなんかも、壊れにくいってのも支持のベースにはあるのではないかと思う。





それと、プレゼントのアンケートでよくご指摘を頂く、塗装強度についてのお話。

塗装も少しでも強くなるよう研究を重ねていて、どんどんと良くなっている。












お次は外向けには初めての発表。

Narage130の開発の話

45gくらいでセッティングしている。
nthhtxsur26wgvzpuye9_480_480-ca9d82bd.jpg
写真は上からBlooowin!140s、Narage130、Narage65。

130がボリューム感あるのがおわかりになるだろうか。

Narageのコンセプトは変わらず。

スローに、浅くて、パタッとフォール。

色々なところで使えそうで夢がある。

個人的にはアカメ釣りに使ってみたい一品。






続いてSNECON170F。
u7bm4hguhggzuhpahgze_480_480-ded34fad.jpg
写真は上が170F、下が5月発売予定の130S。



170Fは秋のシーバスとオフショアを想定している。

今年のうちに発売したいけど、現在のテスト結果だとまだまだ全然完成度が低い。

来年発売を目指して釣り場で過ごす時間が増えそうだ。




 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!