アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:976
  • 昨日のアクセス:1301
  • 総アクセス数:15675174

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/5 >>

1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

湾奥バチ抜けシーズンのスタート



今年は東京にも4年ぶりに大雪になったり、日本海側では記録的な豪雪と、寒さまっただ中の日本。

一方、関東に降った雪の雪代は早くも湾奥の海に流れ込み、早春の独特の白濁した潮が湾奥全域に広がった。

そこに大規模なバチ抜けが何発かあって、ようやく魚もそれを意識し始めたし、湾奥の春が始まる条件が揃いだした。

そうなるとまずアミが沸きだしたし、ハクも遡上を開始し始めた。

ちなみにハクはまだ1cmくらいで岸際をチラチラ泳いでいるし、今回釣ったシーバスの口からも吐き出された。




港湾エリアはデイゲームの方が調子が良く、運河周りのカケアガリを丹念にバイブレーションで探っていると、何度も何度もチェイスを見かけることができた。

ピックアップで1バイト取ったけど、フッキングには至らず、そのまま暗くなってきて、ナイトゲームに突入。

魚が浮いていない港湾エリアはナイトもボトムゲーム。あまり面白くないというか、大人の事情としてラザミン90で釣りたい訳で(笑)、河川筋へ移動。
そんなエリアをしっかりと攻略するためにウェーディングのフル装備で挑む。


バチが生息しやすい砂泥底のエリア。

前にも書いたとおり、河川ながらそんなに水の動きがなく、日中に陽が当たって水温が高いところ。



分かってる人はたくさんいるので早めのエントリーをしたが、先行者が一名入っていた。

入水ポイントから奥に進んで入っていくのかと思って、後ろに付いたのだけど行かないので挨拶して話をすると、友人を待っているのでお先にどうぞ、というお言葉。

御礼を言って、前に出させてもらう。



少し進んでキャスト開始。

ルアーはラザミン90。

最近こればっかりだけど、これを推したいのです(笑)

とはいえ、すっかりとラザミンの楽しさにハマっているというのもある。



1投目にいきなりバイト。

流れに対してアップにキャストして、ウェイトを戻して、そのままデッドスロー。ほとんど巻かないくらい。

ラインが大きく弧を描いて流されていく。

それをいじらない。

流されるラインがラザミンを引っ張っていくイメージ。

自分の目の前をラザミンが引き波を出しながら下流に向かって泳いでいく。

通り過ぎた後に、パシュッと水柱。

スイープにアワセを入れて、そのままリールを巻き上げながらラインテンションを張り、それをキープ。




って思う前に、セイゴが水面を滑ってきた。
6rf6gnkb8euu6fduga86_480_480-9724d116.jpg
2018年最小記録。




リリースして、気を取り直してキャスト開始。

先ほどと同じように流心にキャストして巻いてくる。

ラザミンのストレス無い飛行距離がホントに心地よい。

40m以上遠くで、リールを巻かなくても浮いててくれる細身ボディ。

釣れないわけがない。

あとは魚が付いていそうな、魚が集まってきそうな流れのヨレとか、地形変化の上を流すだけ。

前方に20mほど進んだところでバイト。

しっかりとアワセを入れてファイトする。

まだアフターらしく痩せているけど、キレイな魚。

wjdj4pk97peev5v99ock_480_480-c73392ec.jpg

魚はそんなに多い訳では無い。

湾奥の港湾周りの方がしっかりと魚が入っているのだけど、まだバチに反応する感じでは無くて、ナレージやニンジャリの釣りで魚を出す感じ。

水面で釣りたいながら断然河川筋。横浜方面もそろそろ始まるころだけど、どうかな?


またしばらく進んだ先。少し浅くなるところは丁寧にやる。

川幅が一緒で水深が浅いということは流速は速くなる。

周囲に比べて速い流れに魚は付く。

時間を掛けてやっていると、ボシュッと今日一番のライズ。


ガッツリとハーモニカ食い!
j5e2r5x4bpk2b2k4akrb_480_480-f24a19b2.jpg


ちょうど60cmくらい。
ganreb7gdbtg3ofk8hhj_480_480-248014be.jpg


pk8xsa668nuj6eefpcwo_480_480-b83b503d.jpg


写真を撮っていると、先ほどの先行者と仲間の人が追いついてきた。

自分に遠慮して後ろでやっているので、こちらから声を掛けて彼らに先を譲る。



釣りのポイントってのは誰のものでも無い。

先に入った人の邪魔をしないってのは川の釣りでは絶対的なルール。

但し、ポイントが混み合うくらいなら、お互い声を掛けて気持ちよく釣りをした方が楽しい。

先を行く二人の後ろを同じペースで付いていって、あわよくば取りこぼしを狙ってみるが、誤爆1回で終了。

 

タックル
ロッド : APIA 風神AD ナイトホーク93ML
リール : APIA VENTURA3012 
ライン : 東レ シーバスPEパワーゲーム 0.8号
リーダー : 東レ シーバスパワーリーダー16lb
ルアー : BlueBlue、ラザミン90

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ