アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1261
  • 昨日のアクセス:2003
  • 総アクセス数:14884350

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/4 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

検索

:

アーカイブ

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (8)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

自分の夢、彼女の記憶

  • カテゴリー:日記/一般
今年のスケジュール、まだ150日近くもあるというのに、残りの部分がかなり埋まりつつある。

過去に無い忙しさの中、大変に充実した日々を送っているが、子供との時間が十分に取れないことが少し心残りではある。

だけど、自分は週末にしっかりと家にいて子供にずっと接することができない。

そういうことが出来る人に、すごく憧れているけど、自分は夢追い人だ。

果てしない何かを追いかけている時に、生きている実感を感じ、生まれてきたことを肯定できる。

(同じように会社のイスに座って構えるタイプの経営者でも無い)





もう無理が効かない年頃。

寝不足もここまで慢性化していれば、いつまで生きるかわからないし、この先何があるかなんてわからない。

だからこそ、子供が4歳になり、幼い日の記憶が大人になっても残る可能性が出てきた年頃になった事で、父親としての存在を彼女の中に残すことに、しっかりと責任を果たそうと思っている。










俺は生まれ落ちたのは母の実家がある新潟だったけど、育ったのは東京の下町、公団団地で育った。

その中の最大級である大島6丁目団地。2900戸というとんでもない大きさ。

戸建てでも、マンションでも無い、団地という独特の文化。

今は住んでいないけど、思えば、団地に育ったことはとても良かったと思っている。

僕が幼少期だった昭和50年代、東京という街は都会化する一方だったが、団地の中だけが他より古い文化を残していた様に思う。







毎年7月末の週末はその団地の夏祭りである。

(だから隅田川の花火大会に行ったことがほとんど無い。)

今では、近くの学校が廃校になり、インド人学校になった事もあり、多くのインド人が住んでいる。



そんなこともあり、最近の神輿の担ぎ手の何割かはインド人だ。

彼らはとても礼儀正しく、接していて気持ちがいい。

64zxtjgs4ythjavdhs42_480_480-60954a60.jpg



俺はこの団地という地域に愛され育ってきた。

家族に大事にされ、地域に大事にされるという事は、社会に大事にされるということだ。

悪ガキだった自分は、地域中の人にたくさん怒られた。

が、それは今思えば、とっても大事にされたということだ。

社会が自分をどれだけ大事にしてくれたか。

そこから始まる信頼関係が、挑戦心を持つためには極めて重要だ。

社会への不信感から物事が変わることは無い。



最近は家族には大事にされているけど、社会には大事にされていないという若い子が多いように思う。

社会に大事にされていない限り、社会への信頼関係は持ちようも無い。

既存システムへの不信や不安があったとしても、その変革や破壊といった行動に出るためには、社会が決して自分を見捨てないという絶大な信頼があってこそ、成しえることができるのだ。







67npz9iiekr6mdjx77au_480_480-af8e6f86.jpg



子供とこの団地祭りには関係ないことだが、、、。

vojciabyuf4jnos89yu6_480_480-b67c0bfd.jpg

場所取りしている間、そんなことを考えていたもので。









時間が短いぶん、サボらずに頑張ってる。

zdxmv3mvz3aevs7r3kb4_480_480-121a8a8e.jpg





自分が子供の頃見ていた景色と、ほとんど変わらない景色を、自分の子供がまた見ているという感覚。

不思議だけど、とても幸せな感覚だ。
ohdnavz748ioh497jigp_480_480-6e193ed6.jpg




いつの日にかの、我が子の幼き日の記憶になれば嬉しいこと。
djwrrvu2gxe7f7rks5py_480_480-5fa74cb4.jpg









生まれてきたことを家族に祝福され、

存在することを地域に祝福される。

東京にそんな場所はもうあるのだろうか。

無いのだとしたら、この子に自分は何をして上げられるだろうか。






 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ