アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:433
  • 昨日のアクセス:801
  • 総アクセス数:15952692

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/12 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

アーカイブ

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

沖縄本島GT遠征2017

少し前のお話し。

2017年11月

沖縄本島のGT。

宅配のめがねやさん重宗氏に誘われて、ブリーズフィッシングサプライのチャーターに同船させて頂いた。

今年50回を超えたフライト回数。
9wj96rhnuajt99bcpnyt_480_480-7eaeb483.jpg
20代の後半、バリバリ営業やっていたときを思い出す。

あの頃はJALもANAも上級ステータス会員だった。

仕事はきつかったけど、まだ自分が何にも持っていない状態。

持ってないってのはお金とか力とか人望とか権力とか、そんなんじゃなくて確固たる自信と信用。

自信と信用があって、男は初めて自分の足でそこに立てる。

それはお金では買えない。

お金があったって手に入るわけではない。

それが無いから何かが不安だった。

不安をかき消すように仕事に撃ち込んでいたし、釣りのプロ活動も同じ思いで頑張っていた。

それ以降も同じようにがむしゃらにやってきて、色々な事に恵まれて、俺は多くを得たのだろうけど、その自信と信用を手に入れたのかと聞かれると、未だになんとも言えない。



2018年の4月発売が決まったガチスラ210。

165gもある超ヘビーシンペンだ。

これを作ることができる環境にいられる幸福を噛み締めている。
4aey6dxp3wjfphbudk75_480_480-a71146c4.jpg
心が幸福を作り、心が不幸を作る。

全ての物事は捉え方次第。

何度も書いてきたけど、俺の幸福の原点は学生時代に何度も読んだアウシュビッツにある。

フランクルの「夜と霧」

彼が体験した孤独、不安、不自由、理不尽、恐怖、、、それを超える状況はこの日本においてそうはない。

想像を超える世界であろうが、それでもその想像の中の基準に心を置いたときに、日本という国に生まれて、こうして生きていることの全てが幸運であることに思い至ることができる。

その気持ちに満たされていればそれは幸福なことであろう。

船はまだ那覇の市街地が見えるシャローエリアを流し始めた。​

船長のアナウンスは水深20m。

同船者はトップウォーターをキャストし始める。

俺は先に同船者の承諾を得た上でガチスラ210オンリーで通す。

追い風7mほどの中、165gをフルキャスト。

ロッドはダイワのエアポータブルC80MHS。

PE6号で60mほど飛んでいく。

そこからカウント20。

20数えて、一気にリトリーブ開始。

20mならハンドル20回転。

ダイワのソルティガ5500H-EXで20mちょい。

そこからロッドを煽ってジャカジャカと巻いてくる。

こういう超ヘビーシンペンで一番バイトが多いのは、フォールからの巻き上げ直後だ。

その次が水面に出てきたタイミング。

その他、フォール中でも、船にだいぶ近くなっての水平移動中でもガチスラはバイトを出すことができていて、要はいつでもチャンスがあるというところが売りにしたいわけだ。

この日も2流し目、初めて30分も経ってないうちに、水面に出てきた瞬間のガチスラに水柱。​
2pujnr2njkzdzzj38sm4_480_480-ea9ff986.jpg

20mのフラットなエリアなので、余裕のファイトで30kg級をキャッチ。
zc88ndwyhemu94dkjjet_480_480-b5eb7462.jpg
nkz4e62pg93rp9airucg_480_480-4d302b58.jpg




pe39rxuhu3fd3g7srf4i_480_480-83923482.jpg

思えば、沖縄本島では初めてのGT。

4回目の挑戦だったと思う。

その日と次の日で合計5バイトを引き出した。

2回は乗らず、2回はフッキングするも残念な事にバラシ。

フッキングした2つは間違いなくGTのファイトだった。

前月のパラオに続いて良いテストになり、最終テストを終了した。




最終日は水深10mほどしか無いシャローエリアが主体となったため、ガチペン200を主体に攻めた。

ガチペン200はGTプラグとしては長さが足りないのだけど、太めのボディとアクションがワイドなのでアピールは十分。

サウンドウェイトがジャラジャラ鳴るのも他のGTプラグにはあまり無い特徴。

それが当たったのか、水深14mのシャローで20kg級がドカン!
2f93rae5mbxuoj2hkdez_480_480-39053e2c.jpg

savhrp7kzwwomnvn2krm_480_480-a6938a37.jpg

こうして2017年のGT釣行が終了。

2017年は4回計画して2回がツアー中止。

キャッチはパラオで6尾、沖縄で2尾。

2018年は精力的にチャーターを組んでいきたい。




なお、横浜、大阪、九州のフィッシングショーでこのガチスラは展示するので、ぜひ歯形だらけのガチスラを見に来てください。










 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!