アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:780
  • 昨日のアクセス:1125
  • 総アクセス数:16080448

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

5月25日   東京ベイカップ

2008年5月25日 -第3回 東京ベイカップ-
 
 
 
 
 
 
 
東京ベイカップ。
 
ラパラの榎本さんとNPOの海塾が頑張って運営している大会。
 
今年も東京都知事賞やニューヨーク市長賞など、すごいタイトルの大会に。
 
 
 
今回は大野ゆうきと参戦。
 
参加艇も結構集まって、華やかな展開。
 
前日プラで大会エリアを一周して、相当タフな状況であることは確認していた。
 
いくつかのポイントには魚がいたが、ほとんどがSOLAS条約対象エリア。
 
SOLASエリアって結構分布しているのだ。
 
今回は港湾局も協賛で入っている大会なので、SOLAS条約対象エリアは当然のごとく禁止。
 
ただ、禁止とは言っても、前回の大会などは、かなりの参加者が禁止エリアに入っていたし、それはTSCなどでも一緒なので、何とも言えない感じ。
 
まあ、途中で様子を見ながらと思っていたら、出船直前に爆釣チャンネルの取材カメラが同船することに。
 
逆にこれで迷いが吹っ切れた。
 
なぜなら、SOLASと関係ないところで魚が見えていたのは2箇所しかなかったから。
 
一つは羽田沖でもう一つが中防。
 
羽田沖はシャローのみノーゲームパターンなので、他の参加者も見つけているだろう。
 
中防は水深10mレンジの魚なので、他の参加者も見つけていない可能性が高い。
 
 
 
 
 
6時にスタートし、真っ先にそこに入る。
 
後から参加者が沖へとどんどんと出て行く。
 
羽田は激戦だ。
 
 
 
 
 
ポイントに入って、シンペンからしっかりと撃ち込んでいく。
 
まずはシェードの浅いレンジを攻めて数本キャッチ。
 
リミットメイクまで20分ほど。
 
他のエリアが相当厳しいと解っているだけに、これはこれで相当安心するのである。
 
僕とゆうきのコンビであれば、当然求められる順位も上の方であるから、そのプレッシャーが一番自分たちの釣りを狂わせるということは、過去の大会の経験でよく知っている。
 
 
 
釣った魚が10センチを超えるカタクチイワシを吐き出す。
 
魚探に出るイワシの反応は5mライン。
 
スズキはその下2~3mである。
 
 
 
バイブレーションやジグヘッド、シンペンなどを沈めて、次々と魚を獲っていく。
 
釣っていくうちに、そのポイントの魚の群れが把握できてくる。
 
 
 
今回のトーナメント時間は3時間しかない。
 
その間に潮止まりを挟むので、潮の効きはほとんど期待できない。
 
となると、風パターンであろう。
 
北西風が5m程吹いていて、その風による流れが岩壁に当たり、シェードの中へ入っていく20mほどの一角。
 
そこに魚が集まると考えて、そこに最後1時間以上張り付いた。
 
 
 
魚のキャッチ数は80本近くいったと思う。
 
ゆうきが50本、僕が30本。
 
全部50センチ級以下である。
 
途中からSOLASエリアに、ボートがたくさん入っているのが見えた。
 
んーフェアじゃない。と焦るが仕方がない。
 
他のエリアにも移動しようか迷ったが、3時間しかないトーナメント時間で移動時間こそ無駄な時間だし、他に魚が見えている場所はない。
 
根こそぎ釣れば、いつか70も出るさと本当に根こそぎ釣りまくった。
 
 
 
 
 
読むだけだと簡単そうに感じるだろうが、実際は相当に困難な釣りだった。
 
風表でシンペンを8m沈めるために、ボートをその場停止で操船し続けること。
 
その操船をしながら、8m沈めるのはかなりのテクニックがいる。
 
だから、他の参加者が見つけていなかったのだ。
 
 
 
精度の高いキャストをするゆうきが、数で上回った分としっかりと沈められた分、サイズが少し伸びる展開。
 
それでも160センチ程度じゃダメかなぁと考える。
 
今回は本気ではなくエンジョイで参加していたので、久々の爆釣を楽しんだという感じだった。
 
 
 
 
 
残り30分で下げが始まり、魚が移動し始めた。
 
それを追っかけて何ヶ所か回ったがタイムアップ。
 
 
 
戻ってウェイインすると、3本の叉長合計で、僕が153、ゆうきが160センチ。
 
で、結果はなんとゆうきが優勝。
 
僕は多分3位(表彰無し)
 
 
 
 
 
今の自分のボートで大会で優勝したのは初めてである。
 
優勝キャプテンになったし、まあ満足のいく大会だった。
 
 
 
榎本さん、海塾の皆さんお疲れ様でした。
 
また来年も良い大会をお願いします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
   
 
 
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!