アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:338
  • 昨日のアクセス:1780
  • 総アクセス数:16028239

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

微妙な初釣り

  • カテゴリー:釣行記
初釣りのプラクティスをすでに3回。




初釣りとは、魚をこの手に取ることである。
(負け惜しみ)




釣りビジョン撮影を控え、初釣りを完了させておきたいところ。



1月12日、夜明けと共に愛艇を繰り出して沖へと向かった。

同行者は、ちゃり林さんとうろぼんさんと、荒天候召喚男のケブちゃん。

新年早々負けてたまるかと、晴れ男パワー全開でナギになった。

vyr5arteva3z69ci8mmz_920_690-576c418f.jpg


途中の羽田沖は壮大な鳥山。

このベイト、晩秋からずっといる。

si38ehpphafwnwbsmvah_920_690-a9037b87.jpg

ボートオーナーの間では、ガチャガチャに荒れるので、すこぶる評判の悪い空港拡張後の羽田沖。

しかし、それだけ水がぶつかって混ざって、ベイトを留める要因になってるのかもしれない。

tcrn7ievj72bd69h6zoc_920_690-f2fe0239.jpg

写真はアピアから出た自動膨張式のライフベスト。

デザインが渋い。












Blooowin!140Sは着々と塗装が進んでおり、1月末には先行4色が出荷できそう。2月に残りの9色が全部揃うはず。

3aeh3uga895jawmm7kbu_920_920-9d02a682.jpg

こちらは房総サンセットというカラー。

工場のある館山から眺めた夕暮れの西の空をイメージ。

東京に住んでいる僕にとって、最も近い、とても美しい景色だ。

なんと千葉県の協力も頂き、チーバくんのステッカーを貼って出荷する予定。



どれにしようか、思案中。
pe46voukghszk7rkwpjb_690_920-7ec92747.jpg



ぜひ千葉県内のBlueBlue取扱店でお買い求めください。






r4pwdg39ytb62z3g8bmf_920_690-44f2137d.jpg

でも東京の海も本当に綺麗になった。


このカラーは魚から見た蒼い空と鳥から見た蒼い海をイメージしたブルーブルー。

海と空が本当にキレイになった時、このカラーが最高のカモフラージュ系カラーになってくれたら嬉しい。




最初に行った富津では、ケブちゃんが豪快に1本。

レンジバイブ90ESかな?
23abud6ap5t783t2is62_690_920-c3e3aa74.jpg



僕はBlooowin!で釣りたくてひたすら投げたんだけど、今日は澄み潮の凪ということもあり、追ってくるばかり。

定番のルドラや魚道でも状況は変わらないので、邪道の冷音にチェンジ。


数投目、ようやっとヒットと思ったら、サバ・・・・。
b7a4gbwjehmu4r9kfd56_690_920-0ef2768b.jpg
初釣りは確定なので、なんとも微妙すぎる。






状況が芳しくないので思い切って、神奈川側へ。

サイドイメージに映るのは藻場。
9fuxgxbeghjf5i6y5z8h_920_690-7798b85f.jpg

ごっそり固まっているところではなく、塊が点在し、パルテノン神殿の柱のようになっていて、それでいて潮が通しているところがいい。


そこを攻めると、ドン!
g84ht87hddhdbe825bw8_920_690-971168d7.jpg


ドン!
u7mjcbzzkvus8zeg2na7_690_920-3a337a2f.jpg




館山では南西の強風で知り合いが遭難寸前なんて状況なのに、観音崎や猿島周りでは嘘みたいなそよ風。
5ipapzy98j85dnppu54h_920_690-ea73036f.jpg




そして、帰りはジギングしながら東京へ戻る。

どこも派手にやってる。

シーバスジギング船乗るなら、今はチャンス。
a3unbnd9th7t46ee9i7x_920_690-2a50dfac.jpg





日が変わり今日から釣りビジョン撮影。

今年の1本目は、過去に忘れ物を残した場所。

忘れ物を探しに行く旅。

全力で挑む。




朝の空港。

これから4日間、男4人旅。

いいドラマを、いいロマンを、いい夢を目指して一緒に闘う仲間達。

荷物を預けるために手荷物預けるカウンターで待っていたときの話。


3人の女性スタッフが対応をしていて、左のお姉さんがダルビッシュ150kmストレートのど真ん中という位タイプ!


ヘタしたら、皆藤愛子よりかわいいのである。



もう、ラブリーすぎてメロメロである。



来た!



あとの2人はまあ普通のお姉さん。

これは左のお姉さんに当たったら今日は運がいいなぁと、列が進んでいくのを待っていると、どうやらいい感じの展開。

僕の前の2組が普通のお姉さんのところに行く。

ここでメロメロラブリーちゃんが前の客の対応を終える。

今は下を向いて作業をしているが、顔を上げて



「お次の方〜。」


「はい、次ですぅ。」


と予想し、微笑み顔を作って待っていると、右の方から



「お次の方どうぞ!」


振り向くと、背広着たおっさん(上司?)が助っ人参戦。


(そこでお前かい!)


右に向かって荷物カートを押し出した瞬間に、メロメロラブリーちゃんが、素敵すぎる笑顔で

「お次の方〜」

と。


ああ、そうかい、そうかい。



ラッキークラフトのCMのテーマを浮かべながら、男の世界へ戻った。





iPhoneからの投稿

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!