アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:464
  • 昨日のアクセス:771
  • 総アクセス数:16230197

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

アメリカ遠征釣行 その3 レッドフィッシュ


アメリカ遠征釣行 その3 レッドフィッシュ 2015年9月17ー19日


アメリカ遠征釣行 その0 準備編はこちらから


ウィルミントンの高速道路脇にあるホテルはとても快適だった。
6ubdxostja7kthntfbi7_480_480-9b1269fa.jpg
アメリカでよくある、バスタブの栓が機能しないとか、お湯の温度が安定しないとか、そういう不快なことが一切無く、清潔で静かで。

ほとんど寝るだけの3泊だったが有意義な時間を過ごすことができた。

この3日間で活躍したのがTevaのスノーブーツ
wg7up7b5d3nkdibnmaov_480_480-897a20a8.jpg
とにかく軽いので疲れないのと、濡れないので不快にならない。

蒸れるので暑いエリアでは不向きだろうけど、秋から春にかけては本当に重宝する一品だった。

ただ、ブーツなので脱いでそのままにしておくとすぐに臭ってしまいそうなので、一日履いたあとは中敷きを取り出して、ドライヤーで2分ほど送風して湿気を抜いておく作業は必ず必要。






ノースカロライナ2日目はオフショアのキャスティングゲーム。
rgszyzwiat5c9fb292d4_480_480-185be3fa.jpg


ジギングのようにカンパチの40kgとはいかないものの20kg級はけっこう出ると聞いていたので、とっても楽しみにしていた。

k7hbea37zgr5xz354oi9_480_480-8f0634a7.jpg
前日に投げ込んで完成にかなり近い感触を得た、SNECON180Sプロトの活躍も楽しみだ。


だけど、河口から出るなりけっこうな波。
aiiwtdzvy4t8d9ojz86i_480_480-035150f4.jpg
しばらく走った後に船長が首を横に振りながらBad conditionと。

ポイントまではこの波だと2時間くらい掛かるらしい。

頑張って走って行くか、戻って他の釣りをするか。

船長のマイクとアンソニーが相談していて、こちらを振り向いた。

最後は俺に任せるという。




健さんの顔をちらっと見ると、顔に「戻るぞ!」 と書いてあった。(笑)

無理すればやれないことはないけど、まあまた来ればいいか、みたいな気持ちになり、岸に戻ることに。




で、風表をあきらめて、風裏でブルーフィッシュとレッドフィッシュを狙うという話になって移動することに。

hz6cfcbz2xe8k46a7wfg_480_480-8791ef57.jpg

レッドフィッシュはManyManyらしい。

それはそれでいいじゃないか。






ノースカロライナは海岸の何kmか内側を1本の川が流れていて、そこを南北に移動できる地形。
kx43z3us9udf6djekvyu_480_480-ae201dd0.jpg
青丸の所から運河のような川を30ノットでどんどんと南下していく。


すると、複雑な入江を形成する河口部が南側に開いている。
ydfbjawa83rmabofizbu_480_480-1a9f38a4.jpg
風は北東で荒れているので、南側は風裏になっていて波も無い。


走っている間はビールを開けつつ、まだ釣ったことがないレッドフィッシュとブルーフィッシュについての話を健さんに聞く。
cjh6kb7b2soackf3be7g_480_480-72a91a09.jpg

健さんはオフショアの魚というよりはレッドフィッシュやブルーフィッシュを釣りたいという狙いがあるので、カンパチが狙えなくなってややテンションが下がった僕に比べて、がぜんマイフィールド感が出てきている。



僕はレッドフィッシュが10kg近いというので、それならこれはこれでSNECONダイビングペンシルのテストになるだろうと、前日の筋肉痛をほぐしながら準備をする。

xugamwsgmsjf44spvjvk_480_480-b2b9cff2.jpg

ダイペンの浮き姿勢はこんな感じ。
toc72f6ir76hhbswgamd_480_480-7f332a8f.jpg
もう少し立てたいところ。

が、だいぶしてからのスライドアクションはかなり良好。
b89e9ihfokpnktsn2tnc_480_480-f0c368ac.jpg


沖の方は次々と雨雲が通り過ぎていく。
jeo6cytk5u6pbb7kwatt_480_480-bd2bdb0f.jpg

沖に出ていたらけっこう悲劇だったかもしれないな。

釣ったかもしれないけど、、、

で、色々と粘るも全然ダメ。

btseg48azctdjr4gg537_480_480-df9fbc40.jpg

No good!

ということで、帰港。




次の日。

この日は最初からレッドフィッシュが予定されていた日。

但し、半日のチャーターボートだ。

ホテルの朝飯。

自分で焼くワッフルがとても美味しい。

太るので控えたいが、毎回2枚。。。
6ebgh8bu5u29dan2nxos_480_480-d73b6e4b.jpg


車で20分ほどでボート降ろし場に到着。
vdo3zwiv35i8jre3tpma_480_480-3231781e.jpg

船は21ftくらいのセンターコンソール。
fmded6ze4kw5jhkecbkm_480_480-0bb5b27b.jpg
俺の船と一緒くらいかな。

船長はジェイソン。




スネコンのデカいのを持ち込もうとしたら、ジェイソンにタックルが大きすぎると乗船拒否。


ダイワのパックロッドと5.10LHで挑むことに。
8jhkkjj54n4narnpgy4a_480_480-3f710265.jpg

船は21ftなのに、なんとスズキの300馬力を積んでいる。
53zkfufsyuonoy2kppt9_480_480-0728b8d7.jpg
日本じゃ、絶対に船検通らない仕様(笑)

もちろん50ノット(時速90km)オーバー。

爆風過ぎて何もできない。



ボートは昨日と似たようなエリアに入る。
c5u5jba3fa47sxpwmday_480_480-02415a26.jpg
Fear River(フィアー川)のフィアー岬周辺。


航空写真で見ると草原とクリークが入り組んだエリア。
s5kpgjehruz67f27mu49_480_480-be3b010c.jpg
​もちろん全域シャロー帯だ。


小さいクリークがいっぱいあって、
by22wf6bc9ehe2w93gv8_480_480-c04a595c.jpg

その際を撃っていく。
9z36n2f4kiar4odo7w94_480_480-b182f6c5.jpg
ジェイソンの話だと魚は主にベイトについていて、ベイトは水通しのいい草際、すなわち角や直線でも少し出っ張ったところ、もしくはワンド、もしくは草の中への魚が出入りしやすい、といった変化のあるところ。

渋いのできっちりと草際を撃ってくれとジェイソンは言う。



一所懸命に釣るんだけど、渋い渋い。
i52oamxu575x43c7boa5_480_480-191ac4aa.jpg
健さんが地元リグでレッドフィッシュを釣ったのと、アンソニーがSNECON90Sプロトでブルーフィッシュの小さいのを釣ったのみ。
atzdti7wdpmpuierpz8b_480_480-91554fb5.jpg

あ、俺はGaboz!!!90でダツを釣ったんだった(笑)


7nbecz2r9g9rn346syex_480_480-f5499fa8.jpg

3時間の釣りはあっという間に終わり、降ろし場へ。
tyhkcxaij6z4k66r45m2_480_480-6bf27989.jpg

しょぼい感じで2日間が過ぎてしまった。




ノースカロライナの釣りはこれで終わり。
27n83jw2ekni5onuro2o_480_480-50e9154e.jpg

アンソニーの車で2時間走って、ローリーダーラムへと戻る。

明日はニューヨーク入り。

今晩はアンソニーの家にお邪魔してバーベキューの予定。

先にホテルにチェックインをしてシャワーを浴びてからアンソニーの家。



予想してたけど、大豪邸!!!
aeh9de39u3ducre5erwb_480_480-f71ecf88.jpg
と言いたいが、アメリカでは普通の家のレベルなんだろう。

日本の家から比べると桁が違う。



実はアンソニーはBlueBlueのアメリカの代理店の社長。

BlueBlueをこよなく愛する人だ。
bd4dxcr6hsibbf2x4fb4_480_480-8c739d7a.jpg
全米でもっと販売していくにはどうしたらいいか。

そんな話を2日間ほど色々話をしていた。

ただ、ジグについてはあれだけサメがいると厳しいなぁというのが俺の感想。

プラグ勝負だね。



ってことで、バーベキュー開始。
xcaxdduvxpd4ogkvn5cr_480_480-00cc6f64.jpg




彼はHantaというフィッシングタックルメーカーもやっている。

そこのプラグを触りながらビール飲んでロッドの話して。
jihrn8ej7s69vk62ztx6_480_480-6bbd5c3b.jpg
ちなみにこのビールは俺と健さんがこの旅で一番気に入ったビール。

最後に、息子のダニエル君も一緒に。
a9kcvj5ztyhczmaoaxkn_480_480-5349dedc.jpg

アメリカ4日目が終了。

明日からはニューヨーク。







その4へ続く

アメリカ遠征釣行 その0 準備編はこちらから




 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!