アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:51
  • 昨日のアクセス:885
  • 総アクセス数:16197960

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/7 >>

1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

2月  ~大阪&横浜フィッシングショー~

 
Stage25 - ~2009フィッシングショー大阪&横浜、近況。 その2~




~2009フィッシングショー大阪&横浜、近況。 その1~ はこちらから



13時から今日唯一のセミナー。
 
会場着いてびっくりした。会場大混雑。本当にありがとう。
 

 
 
こういうセミナー、本当は大ッキライである。
 
だけど、僕は伝えたいのだ、このスズキ釣りのすばらしさを。
 
釣るための努力の最後に生まれる、あらゆるものへの感謝を。
 
 
 
 
 
 
 

 
 
サインや写真も好きではない。
 
釣りとは全然関係ないし、釣果にも何にもならない。
 
だから最初の2~3年は絶対に応じなかった。
 
 
 
 
 
だけど、東レの人に言われたことがある。
 
「村岡さん、お客さんはサイン貰って本当に嬉しそうに笑うんだよ。
 
遠くから会いに来て、サイン貰った時のあの笑顔はさ、
 
村岡さんに会いに来た人には、村岡さんにしか作れないんだ。」
 
 
 
 
 
僕は未熟だった。
 
それから僕はサインを覚えた。
 
人の笑顔を見るのが好きになった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ジェイソン
 
熱き釣り人ジェイソン。自分の感性をもっと信じて。
 
自分の釣りたい魚を釣るんだよ。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
釣りビジョンブース。
 
釣りビジョンには書いたらキリがないほど、本当に色々なことを教わった。
 
自分を格好良く見せようとすると絶対に良い映像にはならない。
 
どんな時もとことん楽しむこと。等身大の自分を見せること。
 
デビューしたての頃はカメラのレンズが本当に怖かった。
 

 
 
だけど、いつの間にかカメラのレンズが怖くなくなった。
 
レンズの向こうに見えたのは批判的な視線から応援の視線までさまざま。
 
だけど、それは自分の心がそのまま見えているのだ。
 
それに気付いたのは自信が付いたから。カッコつける必要がなくなったから。
 
闘いがくれた自信こそ、全てを変えていく原動力。
 
その自信を生み出すのは行動力と情熱。
 
 
 
 
 
 
 
だから、グダグダ言ってないでやれって金さんが言うんだ。
 
わかるか、たつろーくん。
 
 
 
 
 
 
 
菅原さんとポカスカジャンの省吾さん。
 
菅原さんと一緒に釣りがしてみたい。
 
省吾さんとは今度釣りに行く約束をした。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
ヤマラッピ&タマちゃん
 
エギのDVDでおなじみ。二人とゆっくりエギの話をしてみたい。
 

 
 
 
 
 
 
本多絵里子さん
 
本物に会えました。なんか守ってあげたくなってしまう人。
 
でも新婚さんなんだよね。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
言葉にできない魅力に溢れている人。仕草の全てがキュートです。
 
今度千葉にエギングに来てくれると約束。実現するといいな。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
さて、こうして親指立てまくって、いったい何をやってんだと周りも騒ぎ始める頃にショーも終了時間に。
 
 
 
ショーが終わってパーティーへ。
 
しかーし、僕は終わらない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シマノの面々、辺見哲也さん、永浜いりあさん、堀田光哉さん。
 

 
 
 
脳天直撃のキュートさに言葉が出ません。
 
 
 
 
 
 
 
最後は泉裕文さん
 
今回少しお話しできた。また今度お話ししましょう。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さて、次の日は弟の結婚披露宴。
 
フィッシングショーはお休み。
 
良い意味で肩の力が抜けた一日となる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日曜日は朝から会場入り。
 
風神3人衆が初揃い。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
開演前に少しブラブラと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
メガバス
 
僕を育ててくれたメーカー。メガバス無くして今の僕は無い。
 

 
 
しかし、最近は不安に思うことも。
 
バスの方はともかくソルトに勢いがない。
 
ソルトルアーのセッティングの詰めが甘いのである。
 
X-80SW以降のルアーにどうも勢いがない。
 
原因は一つ、釣れないからである。
 
 
 
ソルトの世界は単純だ。釣れれば残る、釣れなければ消えていく。
 
ブラックバスの延長線上にソルトウォーターはない。
 
海を狙うなら本気でやらなければ絶対にうまくいかない。
 
 
 
僕は求められる限りテスターとしての仕事をしてきた。
 
が、物言うテスターは遠くに追いやられる。それがメガバスだ。
 
だけど、僕はあきらめない。自分はまだ恩返しをしていない。
 
だから例え外様でも今年も所属するし、僕は訴え続ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ダイワ精工
 
本当に充実していて素晴らしい限り。
 

 
 
が、やっぱりあれはレンジバイブではないでしょうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
シマノ
 

 
 
久々に触ったステラがずいぶんと進化していた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
東レインターナショナル
 

 
 
シーバスPEエフゼロがモデルチェンジしてパワーゲームに。
 
エフゼロより若干堅めの仕上がりながら、高強力、低摩擦係数。
 
150m巻きでグッと安くなった。
 
今までシーバスPEのノーマルだった人がきっとこれに乗り換えるでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
JA-DO
 
もう邪道ではないらしい。
 
うーん、もう少し攻めて欲しいなぁと思った。
 
クルクル、ヨレヨレ、ヤルキ、スーサンなど定番&人気ルアーをたくさん抱え、TVに強い藤澤さんや雑誌に強い大野ゆうき、そしてネットに強い僕という幅のあるテスター陣。そして関西と関東をしっかりと抑えている。
 
他メーカーから見ればきっと羨ましい陣営だと思う。
 
が、うーん・・・。
 

 
 
ま、だから居心地が良いのかもしれないけどね・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
広島の嶋田仁成さん
 
一度心をサラにして、基本からじっくりと教わってみたい人。
 
流れとベイトの動きなど勉強したい。
 
これからも中国地方のドンとして支えてください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
香川の濱本國彦さん
 
男気溢れるナイスガイ。ずっとお付き合いしていきたい人。
 
無骨だけどかなり繊細な釣りができる人。
 
これからも四国を盛り上げてください。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
荻野貴生さん
 
もし僕に師匠がいるとしたらこの人。
 
若い頃、サンライズに通うたびにもう一本を釣るための色々な話をしてくれた。
 
それがベースになって、今の自分の釣りがあるのは間違いないのです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてショーが始まる。
 
目が回るほど忙しかった。
 
トークショーはアピアもアムズもJA-DOでも本当に超満員。
 

 
 
 
 
本当に心から感謝です。
 
何でも良いから、何かを皆さんの心に残せれば本当に嬉しいです。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
終わりも近づいて、オガケンと遭遇。
 
やっと会えたねって事で帽子交換。
 
 
 
今後も奇才を発揮して業界を盛り上げて。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
終わった後は濱本さんやご友人たちともんじゃ五平へ
 

 
 
なかなかサマになるへらさばきでした。
 
 
 
 
 
 
 
今回、すごくたくさんのお土産を頂いた。
 
讃岐うどんにゆず胡椒、オリーブオイル、明太子、あんぱん、新茶など。
 
本当にありがとう。こういうのも楽しみなのです。
 
 
 
 
 
フィッシングショーに行くと、釣りが好きになる。
 
そんなショーで有り続けて欲しい。

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!