アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:68
  • 昨日のアクセス:783
  • 総アクセス数:16248138

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/9 >>

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

謹賀新年



旧年中は大変お世話になりました。

本年もよろしくお願いいたします。









大きな出来事が相次いだ昨年の日本。

津波にしろ、原発にしろ、自然というものを制御しようとしてきた人間の限界を露呈することとなりました。

阪神大震災以降の建築物における耐震性の強化運動は、今回の地震の揺れ自体ではほとんど死者が出なかったという大きな成果を残したのは間違いないと思います。

一方で、津波を防ぐための高い堤防が創り出した安心感がたくさんの死を生み出しました。

文明は進化しても人の心はそうは進化しません。

年末の震災特集番組で印象的に残ったシーンがありました。

それは今も信号が復旧していない地域の映像。

そこを車で通行する住民は、「信号がないと神経使うし、安心できないので、早く信号を作って欲しい」とのコメントをしていました。

ナレーションは、「幸い今まで事故が起こることもありませんでしたが、一刻も早い復旧が望まれます。」

どうして誰も気づかないんだろう。

神経を使うから、安心できないから、事故が起きないんだということに。






戦後、政治、医療、年金、経済、教育、色々な事柄が今や制度破綻を迎えつつあります。

そしてそれを支える財政も破綻秒読み。

30年後位にこの2011年を振り返った時、きっと戦後史の大きな転換点となった年と定義されていそうな気がしています。



新年にいきなり暗い話をするなと怒られるかもしれませんが、今までの幸福の尺度から考えると、この国の近い未来はあまり明るくないと思っています。

しかし、僕個人としては世の中の考え方が変われば、とても明るい未来が待っていると思っています。

そして、僕はすでに気づいています。





でも、どんな暗い時代が訪れようとも人の心は楽しむ事を捨てません。

壮絶な現代地獄絵図が再現された第二次世界大戦時のアウシュヴィッツ収容所においても、収容された人々は絶望の中でもけっしてユーモアを捨てなかったのです。

政治にしろ経済にしろ生活にしろ、どんな状況でも暗い時代になればなるほど、遊び心を持つ人が輝くと思っています。




自然をコントロールするのではなく、自然に合わせることを身につけているのが釣り人です。

昨日まで起きていた港の前のボイルが、今朝は起きなくても怒りだす釣り人はいません。

自然そのものだけで楽しく遊べるのが釣り人です。



そういった釣り人の自然に対応していく考え方(物事に寛容な生き方)が、もっと日本中に増えることを願ってやみません。






年末はボートでメバルカサゴに出撃。



ポイントは川崎〜木更津の護岸際。


日が暮れたとたんに、バイトが連発。

僕はテキサスリグの10gで大きく上げて落として誘ってから、ボトム上に放置して食わせるメソッド。




大野君は3.5gのジグヘッドを使ってフォールでバイトをとっていく。


カサゴもメバルも当たりメソッドというのも時にはあるけれど、大事なことは自分のシステムをその状況に合わせるということ。





尺オーバーのカサゴ数匹を含んで30匹以上をキャッチ。

他にはクロソイも数匹。



満潮からは常夜灯下でメバル釣り。





メバル釣りは面白い。

1時間で20匹近くをキャッチ。



帰りにまたカサゴ。






イケスの中は真っ黒。

各自、大きい魚から持ち帰る分だけ締めて、残りはその場でリリース。

気温は低かったけど風が弱く、そんなに寒くない。

いい釣りになった。





31日朝は釣り納め。

今年一年を締め括るとても大事な時間。

いい釣りができたことに感謝して終了。


自分自身のプロアングラーとしての活動も本当に充実した物になりました。

fimoも毎月全ての数字指標が前月を更新し、秋には毎月1000万PVを超えるほど大きく成長してきました。

9月に立ち上げたBlueBlueも来年の新製品開発で難航しつつも少しずつ新しい世界観を開きつつあります。

これも皆様の応援のおかげです、ありがとうございました。






新年は5日より始動します。

今年も日本中世界中、駆け回ります。












コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!