アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:907
  • 昨日のアクセス:978
  • 総アクセス数:16081553

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/3 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

検索

:

アーカイブ

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

5月19日  ~今年もあなたに捧げる~

2007年5月19日
 
 - Stage21 - 今年もあの人に 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
前夜眠れなかった。
 
 
 
 
 
布団から抜け出し、寝付けにとあおったウォッカのグラスを傾けながら、部屋の片隅に貼ってあるタイドグラフを眺めていた。
 
 
 
「明日しかない。」
 
 
 
潮時表はそう告げていた。
 
 
 
「荒れそうだな・・・。」
 
 
 
そうつぶやいて、俺はまた布団へと向かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌朝。
 
 
 
 
 
窓から見た外の景色はとても暗かった。
 
 
 
 
 
土砂降りの雨が、街を洗うかのように空から叩き付けていた。
 

 
 
 
「しかし、今日しかあるまい。」
 
 
 
 
 
電話が鳴る。
 
 
 
 
 
電話の主は大野ゆうきだった。
 
 
 
 
 
 
 
「行くしかないですか・・」
 
 
 
 
 
 
 
大野も同じ事を考えていたに違いない。
 
 
 
 
 
「ただじゃすまないかもしれませんね。」
 
 
 
 
 
大野も覚悟を決めたようだった。
 
 
 
 
 
 
 
「潮は今日までだ。今日ダメなら・・・」
 
 
 
 
 
そう俺は告げて電話を切った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
海辺の船着き場に着くと、大野はすでに到着していた。
 
 
 
その沈痛な表情から、ここから先に起こる全ての出来事が、おそらく想像できていることがわかる。
 
 
 
 
 
 
 
「村岡さん、やっぱり・・・」
 
 
 
 
 
 
 
弱気を見せた大野の目を見ずに、俺は黙って黙々と準備を続けていた。
 
 
 
 
 
 
 
状況は厳しいとの情報があった。
 
 
 
 
 
最悪を覚悟しなければならない。
 
 
 
 
 
そんな周囲の噂が大野の足を少し震わせていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「村岡さん、やっぱり、俺たち二人じゃ・・・」
 
 
 
そう言いかけた大野の言葉を俺は遮った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「もう一人来る。飢えた男だ。」
 
 
 
 
 
 
 
そう告げて、数分の音のない時間が過ぎていく。
 
 
 
雨音だけが止むことなく、俺たちの行く手を阻む意志でザーザーと音を立てていた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて、叩き付ける雨のしぶきの向こうに、霞んだ影が現れた。
 
 
 
 
 
男の顔はこの世の辛酸を浴びながら生きてきた顔をしていた。
 
 
 
 
 
同時に、寝ていない顔であった。
 
 
 
 
 
「まもなく雨は止む。」
 
 
 
 
 
郷と名乗るその男は、俺たちの心配を知っていたかのように、顔を見るなりそう口走った。
 
 
 
 
 
「でも、天気予報では・・」
 
 
 
 
 
そう口にしかけた大野の顔を、郷と名乗る男の眼光が鋭く射抜いた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「・・・」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「そうか、ならば急ごう。」
 
 
 
 
 
 
 
俺は出撃を決意した。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
船に乗り込んでロープの舫を外す。郷は鋭い眼光で遠くの水平線を見ていた。
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
走り出して、やがてすると、雨が止んだ。
 
 
 
 
 
郷と名乗る男の言う通りとなった。
 
 

 
 
 
 
 
「本当に確かなんだろうな?」
 
 
 
 
 
 
 
俺はたまらず聞いた。
 
 
 
 
 
郷は右胸のポケットから、たばこを取り出し、口にくわえて顔を上げた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「さあな。」
 
 
 
船は更に進んでいく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
大野もただ一点だけを見つめていた。
 
 





 






俺たちはやがて、見慣れない島に到着した。
 
 
 
 
 
「やつらがいる。」
 
 
 
 
 
郷がそうつぶやいて、左手の人差し指をある方向へ示した。
 
 
 
 
 
 
 
「あ、あいつらは!?」
 
 
 
 
 
大野が叫ぶ。
 
 
 
 
 
「通称、アサリ軍団。この島が現れるときは必ず奴らも現れる。」
 
 
 
 
 
そう、郷はつぶやいて鋭い眼光を送った。
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「あいつらが現れる場所には必ずアサリがある。逆に言えば、アサリの無いところにあいつらは現れない。」
 
 
 
 
 
そう俺は大野に説明した。
 
 
 
 
 
軍団が、こちらに気付いて近寄ってきた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「お前らも掘るのか。」
 
 
 
 
 
「まあな。」
 
 
 
 
 
 
 
「邪魔はするなよ。」
 
 
 
 
 
 
 
そう言って、軍団は潮干狩りに戻った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
俺たちも素早く準備して潮干狩りを始めた。
 
 





 
 
大野は大股開きでアサリを掘りまくる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「いやー、腰痛いっすね。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「座れよ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて多くのアサリが集まった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「もう十分だ、引き上げよう。」
 
そう俺は周りに向かって言った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ふと見ると郷が見あたらない。
 
 
 
 
 
 
 
アタリを見渡すと、郷は海の中に立ち込んで、釣りをしていた。
 










 
俺は背後に近づいて声を掛けた。
 
 
 
 
 
「スズキか?」
 
 
 
 
 
 
 
「そうだ。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「潮止まりだ。」
 
 
 
 
 
 
 
「そうか。」
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
郷はロッドをたたんだ。
 
 
 
俺たちは家に戻った。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家に帰ってすぐのビールに、誰かが睡眠薬を仕込んだと気付いたのは、すでに足下がふらつくのに気付いたときだった。
 
 
 
 
 
「くっ、ここまでか。」
 
 
 
その言葉が出る間もなく、俺の意識は闇の中へと落ちていった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
2時間ほど経っただろうか。
 
 
 
 
 
肩を揺すられて、目を開けると、目の前に大野と郷が見守っていた。
 
 
 
 
 
俺は、しばらくは状況がつかめずにいたが、突然あることに気がついた。
 
 
 
 
 
「しまった!もうやってしまったか?!」
 
 
 
 
 
「ええ。」
 
 
 
大野が即答した。
 
 



 
 
アサリご飯はできてしまっていた。
 
 
 
誰かの策略で、レシピは無い。
 
 
 
 
 
 
 
今年はこのアサリご飯を堂元知事に捧げよう
 
 
 
 
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!