アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:706
  • 昨日のアクセス:3222
  • 総アクセス数:16026827

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area16  ~奥日高の清らかな宝石~

Area16 - Stage2 ~奥日高の清らかな宝石~
 
2009年9月20~22日 北海道 静内川 イワナ





いろいろなことに絶望し、
 
森の中に入ると新しいものが見えてきて、
 
絶望が別のものに転化する。






開高健の言葉である。
 
昔知ったときはさっぱり意味がわからなかったが、ようやくこの歳になって全てを理解した。



絶望の中で生きた10代後半から20代、もがいた末に掴んだ手のひらの中の小さなもの。

それを持っている限り、僕はもう惑うことはない。






前の週、僕は中国へ飛んだ。
 
y7T3cTAifttJ9PBu6iEW_480_480-290c0f71.jpg 




中国に行ってみると、街や人々に未来への確信と希望が満ちあふれていることがわかる。
 
それは日本における昭和30~40年代の頃のよう。
 
誰もが今日よりも明るい明日を見据えている。
 
日本人がそれを見失ったと言われて久しい。



政治家が悪いのか、官僚が悪いのか。
 
だけど、結局、誰かのせいかなんて意味がない。
 
少なくとも僕は、今日よりも明るい明日を心から信じている。
 
 
 
 
 
 
 
そして、中国でもニオイビジネスの夜明けを迎えようとしている。

A8eCzz7ZDdoUL7fbHQE9_480_480-55c97538.jpg 
 

8yApCg7aarNEKjSDiFK4_480_480-013c1ef9.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
日本に帰ってきて翌朝、仕事が遅くなってほとんど徹夜になってしまったがボートで出撃。
 
 
 
今年も東京湾のイナダが絶好調。
 
h5fDLAMcNRi4TuODzwEF_480_480-8c5632c3.jpg 
 
ロッドはクロスインパクト73ML。こういう釣りにドンぴしゃ!
 
 
 
 
 
 
 
鳥山を撃って撃って撃ちまくる。
 
Yh6t2kWX22NykNiW698N_480_480-1ec0cc2e.jpg 
 
スーサンでキャッチ。
 


 
gYJHujmmzsL4SAkcknsJ_480_480-2f0c6aaf.jpg 
 
当日一番反応が良かったのはナバロン150F。このルアー、例の時のルドラを越えるかもしれません。
 
 
 
 
 
夕飯はNSFCyooichiさんに教わったイナダのお茶漬け。
 
イナダをヅケにして、ご飯に乗せたら梅昆布茶を掛けるというもの。
 
最高に美味かった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜は早めに寝ようとしたが、なかなか寝付けない。
 
何と言っても楽しみだったんだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
翌朝、6時30分発の新千歳行き。
 
7fd6RPkuwodgTKjyPQjZ_480_480-213d59a9.jpg 
 
 
SgQTt2zZ4D98eEMuHOtv_480_480-5b638f06.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
トラウトのために東京から北海道へ移住した人、健さんが空港で待っていてくれた。
 
 
 
 
 
この高くて青い空。
 
LUiJjSw8M76HZQJBRDxh_480_480-d35ba465.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
走ること1時間半ほどで静内へ。
 
 
 
 
 
 
 
サケの遡上が真っ最中。
 
紅鮭もガシガシと遡上していた。
 
E9G6yFToEM5BKeNKZ5Be_480_480-d777b73b.jpg
 
 
 
 
 
鮭を狙って大きなクマも来ていた模様。
 
mvJvN6JjPCGTiij8WZyv_480_480-9c411d02.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
「ははは、きっと、大きな犬だよ。だってクマは想像上の動物だぜ?」
 
健さんの言葉。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
Z3aV7kGEmyF6oUbHsQ24_480_480-850f6876.jpg 
 
 
 
雲がこんなに美しいと思ったのは今年最初のこと。
 
僕は9ヶ月も何やってたんだろう。
 
地面ばっかり見て、ダメだな。
 
UtNdt4DPSKhJeDNcauCQ_480_480-adda9dc7.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
河口エリアでは40センチほどのブラウンが数回ヒットするも、全部はずれる。
 
そして、一気に上流部へ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
静内のヒロさん(左)と、やること全てクールな健さん(右)。
 
fhLHmekafNeVrfkQZaFR_480_480-d1bdc4c2.jpg 
 
 
 
 
 
ダムのアウトレットに。
 
F5WBtD84BQi6z6bkaKZi_480_480-a68b5739.jpg 
 
ここでは何にも無し。
 
 
 
 
 
スーパーで買い物して温泉とキャンプ場へ。
 
2hThkiWZsWhiCohXcaHn_480_480-6f85438c.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
温泉の休憩室に大きなクマがいた。
 
 
WFxk6KLjPse863WLH5SD_480_480-b05f732f.jpg 
 
 
一度でいいから、生きているお前に会ってみたい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
北海道はキャンプ天国。
 
本当に多くのキャンプ場があり、キャンパーがいて、それぞれのスタイルで楽しんでいる。
 
pHfmNLVGmbOcppiLzWLY_480_480-a5a1b411.jpg 
 
 
 
僕らもバンガローを借りて、夜はバーベキュー。
 
NPxRU3p5ne9aNZAmbTux_480_480-4ca0357c.jpg 
 
ずいぶんと飲んで就寝。
 
 
 
 
 
 
 
翌朝、今日も良い天気の予感。
 
5ri3U5EQDxBrGEJfLXeT_480_480-76860d76.jpg 
 
 
 
 
 
林道を走り、歩くこと2時間。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
静か。
 
静かすぎる景色。
 
mzgaFzuOZPmkLFY5QwAJ_480_480-5b130cff.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
静謐が全てを蹂躙すると、美しいという表現を越えてしまう。
 
UAMhEj9jiwL2sgVKk8Rg_480_480-e0ebea49.jpg 
 
この谷をかつてどれだけの量の水が流れたんだろう。
 
そして、どれだけのイワナが生まれ、産卵し、また生まれたんだろう。
 
 
 
60センチを越えるイワナを釣りたくて、どんどん遠くに入る自分。
 
それを拒絶もせず、淡々と受け入れ、そして待ちかまえる。
 
自然はいつも中立だ。
 
 
 
 
 
健さんは僕に気を遣ってか、100m程後ろで釣っている。
 
ベイトタックルを自在に操り、まるでルアーを置くようにキャストするその姿は、スピニングの自分よりはるかに大自然に受け入れられているように感じた。
 
RKQRtuVySP3ajYbA5vW7_480_480-3a7565b7.jpg 
 
 
 
 
 
水温がグンと下がって魚の反応は少し厳しいようだ。
 
飲むととても美味しい。
 
3aJHckr9i5UXOrHXnuSu_480_480-8b3e6077.jpg 
 
 
 
川を歩くこと3時間。
 
日差しも上がり、張り詰めるほど冷たかった水も少し緩んだ頃、ようやくイワナが反応するようになった。
 
 
 
スプーンのカウントダウンのデッドスロー。
 
fiP5SxULhfk8zOoaG2ar_480_480-f7101e95.jpg 
 
そして、以後の淵や出合では必ず1~2匹ほど。
 
 
 
 
 
完全に野生したニジマスの美しさ。
 
この銀色や虹色は川の中の何から作られるんだろう。
 
EzABLbM9twxTxi4gbRFR_480_480-bbc54de4.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
午後になり、標高もグングンと上がると紅葉がちらほらと見られるように。
 
zV7AyHeWakb37w3ZT9G5_480_480-ae668130.jpg 
 
 
 
 
 
健さんは許されている感じ。
 
山を、川を、熊を抱擁する大自然に溶け込んだようなスタンスで釣りをしていた。
 
DBHPtWnTrpU3ucoVcRks_480_480-e7e281ac.jpg 
 
だから熊に会ったことないんだよ、きっと。
 
 
 
 
 
イワナのサイズはなかなか上がらない。
 
vWLYMysxjfQyJDsMrxD2_480_480-7401a33f.jpg 
 
 
 
 
 
だけど、がむしゃらに狙うんではなく、淡々と、淡々と釣り続ける。
 
そして全てをそっと川に戻す。
 
pHa4unRpytRbfNE2XUpR_480_480-fab678f8.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
こういう人がいないところに来ないと、人という存在を考えることができない。
 
hfXdeZjOo7vBrKJ76dCi_480_480-5e0d5909.jpg 
 
 
 
 
 
神々の世界で、そっと人や自分のことを考える。
 
nmziuuAaNSwccAZtBMr4_480_480-3c716393.jpg 
 
この水を持ってきたボトルにめいっぱい入れた。
 
 
 
 
 
 
 
その思考の時間に、自分は試される。
 
yehPLGSxxUPwfUd5ojRM_480_480-ecc6b1e4.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
若い頃は見えなかったものが、不惑の年を迎える頃には、見えるようになる。
 
それが何かは誰も説明することができない。
 
開高健でさえも、おそらく説明できなかったんではないだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
だけど、一つだけ。
 
そんな場所は初めて来たのに、とても懐かしい気分になる。
 
心の故郷とはそういうものなのかもしれない。
 
smscO2FoyFxyu9LoKanE_480_480-7dfb7618.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
6kmほど遡って車に戻る。
 
 
 
 
 
汲んだ水でコーヒーを入れる。
 
GX7Lz6rw74yHmUmX68vU_480_480-0fa60e2b.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
骨だけになったエゾシカ。
 
命は輪廻する。
 
このエゾシカの命はクマにキツネに引き継がれ、そして残った全ては土に帰る。
 
Mz87xJWFrocfGDWonrCR_480_480-14aa6576.jpg 
 
そしてクマもキツネもやがて土に帰る。
 
その土に染みこんだ雨は月日を経て川に流れ込み、イワナを育てる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
夜はペテガリ岳の麓の山荘に入った。
 
e5xXpAh99xHExBo3oGYV_480_480-9d618e76.jpg 
 
 
 
 
 
夕方に釣った2匹のイワナでイワナ飯を炊いた。
 
その美味さは予想通りだった。
 
BPSwh6mp2isffJ4xN2Um_480_480-9bdcf598.jpg 
 
 
 
先に仕込んであったホイル焼きも絶品。
 
6EjkPFWzcfZZNdvEkEEb_480_480-72720339.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
翌朝、最後のダムのインレットへ。
 
XWT8RkRG7M47ysUd47Bi_480_480-5ade4838.jpg 
 
 
 
ロッドは9.1ftで再開発に入ったナイトホーク。
 
繊細さを試すには本当に良い状況。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
d6jVhYa7bpsF9QMcXxEC_480_480-b6449972.jpg 
 
水面にかかる虹。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
支流では美しいイワナが何度か顔を出した。
 
CFTcJCzkkmcOdY3RvZJK_480_480-15674c0b.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
午後まで釣りを続けたが、結局、最後まで大きなイワナは姿を見せなかった。
 
釣ったのは35センチが最高で、見かけたのは45センチほどまでだった。
 
 
 
 
 
 
 
健さんによると、この川は昭和40年代に多くの70UPイワナが釣り上げられたそうだ。
 
しかし、釣り人が入り続けて大きなイワナは姿を消した。
 
 
 
 
 
イワナが60センチを超えるのに何年かかるんだろうか。
 
おそらく10年近い月日が掛かるような気がする。
 
エサの多い湖であれば若くて大きいイワナもいるだろう。
 
が、僕を惹きつけて已まないのは、源流に生きるイワナである。
 
 
 
 
 
この日本に残る最後の宝石。
 
例え、エボシになろうとも、僕はその宝石を求め続けるだろう。
 
 
 
 
 
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!