アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:692
  • 昨日のアクセス:752
  • 総アクセス数:16225798

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area1 ~雨の日の約束~

Area1 - Stage2 ~ 雨の中の約束 ~

2009年11月21日 旧江戸川



自由ってなんだろう?



最近は良くそんなことを考える。

自分の行きたい時間に釣りに行く。

その簡単にできそうなことすら、簡単にはできない。

いや、人生も家族も全て捨てていいなら、それはできるだろう。

だけど、多くのものを守るために仕事をしなくてはいけないから時間が自由にならない。

仕事によって差はあるだろうけど、本質は変わりがない。





多くのものを得る自分だが、今の状況は決して自由とは言えない。

そして、そのジレンマに一番苦しむ約束の日。

数度のチャンスを仕事でふいにすると、その真の自由が心から欲しくなる。

が、自由を手に入れた人は一方で孤独になる。

僕の知っている自由な人はみんな寂しそうだ。

どちらがいいのだろう。

もし自由を手に入れたなら、僕も孤独になるのだろうか。







おそらく今年あと2回となった約束の日。

寒さと雨が日替わりでやってきて僕はすっかり体調を崩していた。

が、朝から小雨の降る中準備をして会社に行く。
 
会社が終わり、僕は釣り場へと向かった。







霧雨がかすかに降り、冷たい北風が川面を走る。

200センチを越えるような潮位から一転下げだした川の流れは音こそ聞こえないが、圧倒的な勢いとボリューム感で海へ向かって流れていく。



僕はポイントへと入った。

前回とまったく同じ距離。

先行者は無し。

発熱もそれほどでは無し。





風がやや向かい風となって、僕に吹き付ける。

時合まであと10分ほど。

流れは変わった直後のようだ。

加速した流れがヨレを大きく作り、ヒラキが僕の前に静かに存在している。
 
この広い河口のどこかにいる超弩級はやがてこのヒラキにやってくる。
 
そしてそのヒラキの中に点在するストラクチャーについてベイトを待つのだ。





しかし、そこには僕が音も立てずに、まるで杭のように立っている。
 
そして、時合だとつぶやいてから、ルアーを使って川面に幻想を作り出す。














 
超弩級スズキは喰うだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
10年ほど生きた彼の知恵と記憶は、僕が演じる幻想を見破れるだろうか。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
           ドゴンッ!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
全身を電気が走り抜けるようなバイトの衝撃だった
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
喰ったその場で首を数回振ってから上流へと泳ぎだした。
 
 
 
 
 
 
 
それはとても重く厚く、そして静かな走りだった。
 
 
 
 
 
 
 
前回のそれと違うあまりの迫力に僕は少し畏怖を覚えた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
獲る!
 
 
 
慎重に、だけど大胆さを忘れずに。
 
 
 
端から見たらゴリ巻きに見えるほどであったが、自分なりに感じたフックセット感から勝負を早く付けないといけない、という感覚がそれを選んだ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
手前に寄ってきた魚は相当大きい。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
が、テールフック1本。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
勝負を早く付けたいが、無理はできない。
 
ドラグを1/4回転緩める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ライトの中で銀鱗がきらめき、幾分か怒りに満ちた瞳が光ったかと思うと、激しい水しぶきと共に圧倒的なトルクで沖へと走っていく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
やや左に行ったスズキが右に向きを変えた瞬間に左下に向けて鬼アワセを叩き込む。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
再度寄ってきたスズキの目の下らへんにフロントフックがやや浅いながらも刺さっている。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一気に勝負を付ける。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
リーダーを掴んで、左手の親指をスズキの口の中に突っ込む。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それは今年、いやここ数年無かった唇の厚さだった。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕が掴んだ瞬間、スズキも渾身の力を振り絞って身体を右に左にひねって暴れた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
激しい水しぶきが僕の顔にかかる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
が、僕は顔も背けることもなく、そして目をつぶることもなく、魚だけを見続けいた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
スズキがおとなしくなる。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
どうだ!
 
 
 
 










 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
陸が遠いのでナイトホークのティップ部分を外して、それで長さを測っておく。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕が楽しみにしているガイドの位置まではあと少し届かなかった。
 
 
 
90センチ級である。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕はすぐスズキを放した。
 
 
 
蘇生の必要もなくスズキはあっという間に闇の中へ消えた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
来年まで生きろよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
94センチ。
 
ヒットルアー  ima  ピース100
 
 
 
 
 
 
 
 
 
  
 
使用タックル
ロッド icon アピア 風神号91MLナイトホーク
リール icon ダイワ イグジスト3012
ライン icon 東レ シーバスPEパワーゲーム 1号
プラグ

iconiconicon

icon

 

 

 

 

邪道 スーサン

 

 

komomo130スリム トマホーク

ゴミ icon ペットボトル

icon 

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!