アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:259
  • 昨日のアクセス:1110
  • 総アクセス数:16036571

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area14  ~遠州の宝~

Area14 - Stage3 ~ 遠州の宝 ~

2008年6月21~22日 浜名湖遠征






この2週間は、なんだかとっても充実した日々だった。

仕事も遊びも適度に忙しく、暴飲暴食気味なところもあって胃を痛めたりしたのだけど、それ以上になんとなく頑張ってしまう雰囲気に包まれて過ごしていた。

その中で出会いについて色々と考えていた。



最近、人と人の出会いについての哲学が変わった。

以前は出会いとは必然であり、出会うべくして出会うものだと考えていた。

自分にとって良いものをもたらす人も悪いものをもたらす人も、全ては必然であり、それは運命によって導かれるものだから、どうしようもないもの。

だけど、悪い出会いも、神様はその出会いによって何かを自分に教えようとしている。
 
自分の何かが悪い。そこから何を学べるのか。
 
そんな風に考えてこの数年間ほどをやってきたのだ。
 
それはそれで悪くはなかったと思う。




が、少し考え方が変わった。
 
良い出会いも悪い出会いも、全ては自分の精神の鏡であると考えるようになった。
 
出会いは全てただの出会いであり、それを良くするのも悪くするのも自分次第なのだ、と。
 
それは仕事でもプライベートでも一緒であろう。
 
今の自分の回りにいる縁のあった人。
 
まずはその人達を幸せにしてあげること、楽しんでもらうこと、プラスなことをあげること。
 
せっかくの出会いも自分がさぼれば、悪い出会いになる。
 
自分が頑張れば、どんな出会いも最高の出会いにすることができる。
 
 
 
 
 
この出会いから何を学ぶのか。
 
そしてこの出会いからどれだけのことを学べるのか。
 
いや、そういう見返りみたいなものはいらないのかもしれない。
 
 
 
相手が楽しんでくれれば、それだけでいい。
 
そんなシンプルな感情に精神が満たされていた。
 
その幸福感はとても気持ちの良いもの。
 
そういうことを教えてくれる人が最近身の回りにひしめくように集まってきた。





4yXQzvF7ruTmDpLtkoxa-393c2408.jpg
 
すっと染みこむように、そういう気持ちを出せる人に出会えること。
 
 
 
 
 
vXN5VDoZOuDL4sdYKu8V-79d1128d.jpg 
 
その貴重な機会に感謝の心を持って挑めること。
 
 
 
 
 
 
 
pAQghouyayTxtw9rdLs8-b60e5810.jpg 
 
夢幻のような時間を濃密に過ごす努力をすること。
 
 
 
OUCjBzcE5EJnTYhVGevG-893c53d3.jpg 
 
出会いを作ることができる喜びをともに理解し合えること。
 
 
 
 
 
bYxYTwfzCU96aTEataeg-681b4bfa.jpg 
 
見た目の派手なつながりは虚像だと解っている人。
 
 
 
ZFBBaYBMXNMn2z7dfc3d-04885bc2.jpg 
 
そしてやっぱり釣り。 1本の魚の、そのたった1本の価値に心震える瞬間。
 
 
 
 

 
 
 
GWの大阪からずっとそんな感じだった。
 
出会う人にさぼらないこと。
 
それが何を作り出すのか。
 
その答え合わせをしていた。
 





金曜夜から浜名湖へ。
 
久々に会う鳥居靖生さん。
 
 
ccEYBmiN6eRzknUCO2ea-232f84a4.jpg 







 
今回は浜名湖ボートシーバスカーニバルへ参戦した。
 
ショッカーの方々、特にアイバさんには、前日にプラクティスまで付き合っていただく。
 
シーバスは渋めのようだったが、チヌやらタコやら。
 
同行の大野ゆうきもすっかりタコにはまったよう。
 
 
 
 
 
 
 
大会はどしゃ降りの雨の中でもすごい盛り上がり。
 
cLDiyHsmac9QyuQF9Cmh-f06d1670.jpg
 
 
 
釣り人とは、限りある資源を奪い合う関係であるから、得てして釣り人同士の会話は腹の探り合いになりがちである。
 
そしてコミュニティの対立が必然的に存在している。
 
今までに行ったどの地方でも、それは見受けられたのだ。
 
 
 
 
 
ところが、浜名湖のメンバーにそれが非常に薄いことが驚きだった。
 
浜名湖の豊かさと、鳥居さんの人望。
 
一人のプロの求心力で、地方を一つにまとめてしまう。
 
それなりには問題もあるのだろうが、この大会の間は本当に心地よい雰囲気だった。
 
何かともめてばかりいる他の地方のアングラーも見習うべきだろう。
 
 
 
 
 
 
 
鳥居さんは、プロの中で、本当の釣り人である一人だろう。
 
 
 
 
 
そして出船。

6iRxpeKDo5p86VmcP9YY-8e6c7aa3.jpg








5時間後、スズキはイケスにいなかったが、タコやらキビレがイケスに。なぜ?
 
22aupuhzRZ4gQHKuY4kr-e20cc473.jpg 

 
浜名湖ボートタコカーニバル?
 
 
 
 
 
結果や詳細は8月10日発売のソルストで。
 







今回、感じたのが、浜名湖の資源の豊かさだった。
 
どうかこのフィールドがいつまでもみんなに愛されるように。
 
そしていつまでもこの豊かさが続くように。
 
 
 
そう思いながら、東京へと向かった。

8rodYtpwtLkmSrFBUHaf-990eb510.jpg





今回、ボートをお借りしたヤマトさん。
 
http://www.yamato.rdy.jp/
 
本当にありがとうございました。
 
ここのスズキの掻き揚げは最高でした。また食べに行きます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
家に帰ってたこ焼き
 
D43kj6advjQwT8Hnz7kk-5cefb9ef.jpg 






使用タックル
ロッド アピア 風神Z 73Mクロスインパクト
         83MLネオンナイト
リール ダイワ イグジスト2508&3012
ライン 東レ シーバスPE エフゼロ1号
プラグ 邪道 スーさん
原工房 ブーツ110
アムズ Keep90

 

 




 

 
 
 
 
 
 
 
 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!