アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:787
  • 昨日のアクセス:2849
  • 総アクセス数:16034313

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area24-6 ~シーバス 東京湾奥 その2~



Area24 - Stage6 ~ 数を釣って知り得たもの その1~
 はこちらから





ソルティーバディーで再度、浮かせる。
 
激デッドスロー。出れば儲けものだがそうは出ない。
 
出ないけど、フォローベイトでサスケを持っていけば魚は獲れる。
 
3投してサスケに変える。
 
激デッドではなくてデッドスロー。ソルティバディーより速く引く。
 
するとガッツンとバイト。
 
しかし、小さい。この展開だとそろそろ大きなサイズが出ても良さそうなんだが。
 
 
55くらいでしたか。 本当にこのサイズ多いね。いい食い方してます。
 
しばし、思案。
 
数年前から掘り下げてきたこのフォローベイトという考え方。
 
上に浮かせるプラグと食わせるプラグを使い分ける。活性を上げるプラグと食わせるプラグを使い分ける。
 
色々とあるけど、水面直下の10センチ単位でレンジを刻み込んで大きな魚を狙っていく。
 
湾奥にだって大きな魚はたくさんいる。
 
でも、ほとんどの場合、見切られて終わり。回りにいる小さいのを取って終わりにしちゃダメなんだ。
 
常に上を狙っていく姿勢。大事だよ。
 
 
 
 
 
で、今度はしつこくソルティーバディーで誘い続ける。
 
ソルティバディーに出るぐらい誘ってサスケをフォローでという考えが頭を巡ってた。
 
風はずいぶんと弱くなってきた。西からやや南寄りに動いて、やや強いぐらいの南西風になってる。
 
ここの条件が悪くなり出した。1発出したいものだけど・・・。
 
 
 
そう思っているととうとうソルティーバディーにヒット。
 
風が収まって泳ぐレンジが下がった分もあるけど、魚がかなり上を見出している。
 
こいつは50くらいでした。 綺麗な魚体でしょ。
 
 
 
 
 
リリースして、サスケにチェンジする。フックがかなり伸び始めているのでペンチで曲げて戻す。
 
変えたいところだけど、フォローベイトとしては時間をあけるのはまずい。
 
かなり期待してサスケをキャスト。
 
今度はデッドスロー。なるべく潜らせたくない。浮力とのバランスを考えて水面から15センチぐらい。
 
このレンジでどう・・・?
 
 
 
ゴッ!
 
間違いなく大きな魚のバイト。ワンテンポ待って乗ったのを確認してからスイープにアワセる。
 
バッドからロッドがねじ曲がる。ふと曲がるロッドを見て驚いた。このロッド、バッドが弱いのだ。
 
バッドから、ではなく、バットだけねじ曲がってる。
 
 
 
それでも取らなきゃ。
 
魚はジョワーッとドラグを引きずり出して沖へ走っていく。
 
重みからして70台。満を持しての登場。こちらも狙った展開だけにこの魚取ったら終わりにしようと決める。
 
慎重に慎重にファイト。
 
魚がまた走り出す。
 
その時にバレてしまった。
 
あちゃ、フックがびろーんと伸びてる。アワセが弱すぎた。フックが根本まで刺さりきらなかった様だ。
 
 
 
 
 
しかし、落ち込んでる事はない。魚はまだいる。大きいのもまだいるに違いない。
 
そう思いながらキャスト。
 
5投目ほど、カケアガリを越えた瞬間にまた大きめなアタリ。
 
スイープにかつ、力強く。背筋を使ってアワセを確実に入れる。
 
ギュイーンと走るけど、さっきほどのトルクがない。
 
それでも最大っぽいので慎重にファイトしてぶっこ抜く。
 
 
 
ぶち抜くのがヘビカバ流(笑)
 
釣り博でどっかのメーカーにそんな似たコピーがあった。
 
でもさ、要するにサイズが小さいってことなのよ。決して威張れるもんでもないし、格好いいものでもありません。
 
 
 
こいつは60ギリギリ。結局最大魚でした。こんだけ釣ってこれが一番でかいんじゃ不満。
 
 
 
 
 
で、それでももう一度期待してキャスト開始。
 
ブレイクラインはもう反応が乏しいので、岸際を狙ってみると相変わらずの45センチ級がまたヒット。
 
 
 
これでやる気失せた。
 
 
 
本気での釣り。自分の感性と技術を解放して、目の前に広がる状況に全力で挑む。
 
それにこの魚はきちんと問いかけてくれる。
 
 
 
自分がちょっと前まで寝込んでいたことなどすっかりと忘れていた。
 
少し咳が出始めて、しかも腰がビリビリと熱を持ってきた感じがしたので、撤収とした。
 
とりあえず満足。
 
 
 
今年も大きい魚を狙っていきます。
 
港湾部の80UP、荒川の90UP。
 
また応援よろしくお願いします。
 






使用タックル
ロッド メガバス Destroyer F3-610XS
リール シマノ ステラ4000 DH
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ ミラクルワークス ドカポップ12cm・阿修羅
邪道 ヨレヨレ~
メガバス X-80SW・X-110SW
   

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!