アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:741
  • 昨日のアクセス:1110
  • 総アクセス数:16037053

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area13  ~違いこそ財産~

Area13 - Stage8 ~ 違いこそ財産~

2008年9月29日 干潟シーバス






人と違うことができるという財産。

子供の頃はそれが財産にならないのが日本。

だけど、大人になるとこれが本当の財産だと気付く。

それを子供の頃に教えて欲しかった。



無個性に染まりがちな今の時代の子供に、個性を守ることを教えるのは難しい。

が、自分がその道を成し遂げていくのなら、子供はそれに希望を見せるだろう。

そういう父親になりたいと思う日々。





違いを楽しめ。







20日夜はTSST。
 
今年の最終戦に最初の参戦。
 
内容はソルストに出るので、割愛。

gQyCmmz6LOdERXP39hkQ-94ed39bd.jpg

mPSirs6OoCSPyD3Xngoh-f0ebf279.jpg



最後の2時間。
 
干潟に群れるイナッコに突如デカイシーバスの群れが襲いかかる。
 
ランダムにあちこちで起きる強烈なバイト音を攻略できず。
 
それが今の自分。
 
悔しさを全て飲み込んで、2008年秋シーズンの開幕を感じた。







時間中に釣った40オーバーのチヌ。
 
B-太80SRのジャーキング。でかいスズキが食うはずだったが・・・。

zWVBdZBQKJ3Kj4zoguJb-aa88bedd.jpg





28日夜はボートシーバス。
 
こちらもでかいのを求めて干潟を回る。
 
 
 
僕は60止まり。
 
仲間が明らかな超弩級サイズを掛けたが、タモ寸前でバラシ。
 
いよいよ。いよいよだ。

3ktjijNSQcE4F6eFsMjx-d14d73a8.jpg





同じく昼間にアムズデザイン訪問。
 
レッドの机。言っちゃ悪いが汚い。仕事机としておかしい。
 
風神仲間にアイマ仲間となる。これからもよろしく。

6nTZh9ku7bnkA6EvUz9J-af1da75e.jpg






次の日は大阪へ。ゴー潔Pという番組に出演。
 
初めてのラジオ。あっという間の1時間だった。
 
お笑いの人ってやっぱり面白い。ただ面白いのではなく、ツボを心得てる。

zuY2jEf72JswcRy24jmA-60f53e01.jpg









そんで、昨日の話。
 
干潟に行ってみようと思った。
 
最近、仲間内で出ている千葉のいい話。
 
だったら、あそこでも出るのかな。
 
 
 
運河の中に突如ある、バスケットコート1面くらいの干潟。
 
そこに点在するハードボトムの釣り。
 
 
 
水深が良い感じになるのを見計らって出撃。
 
時間は21時過ぎ、下げも佳境、流れが馬の背をトロリと洗い、その後ろの瀬にもやもやとした流れが少しだけ出ている。
 
風はないが、雨がひどい。
 
 
 
 
 
最初はスーサン、と思ったが、でかいサイズがいる可能性が高いと思い、最初からアグザで入る。
 
流れに合わせたデッドスロー。水深50センチぐらいを引いてくると、馬の背の上でドン。


vYMmjkdg9YikBFUBJF6H-063cdb41.jpg





ところが、小さい。
 
このサイズが出るとダメ。
 
建て続けに10ヒット近く。アグザとビーフリーズとハチマルのローテーション。
 
かなりの群れが付いていたようで、流れが強くなると活性が上がりヒットする。
 
bFAV9efboSPjOcGYCMmy-7a90869c.jpg 
 
B-太の60SR。初めて使ったが、動きすぎ。
 
もう少し重くしてヌラリ感が出たら恐ろしいプラグになりそう。
 
リップ後ろにウェイトを張ってみよう。
 
 
 
 
 
フッコはまだ出そうなのだが、早々に見切る。
 
でかいのが釣りたいのだ。
 
 
 
 
 
少し上流に行く。
 
普通の運河であったはずだが、崩れたテトラの横が、昔より掘れて速い流れが出ている事に気付く。
 
 
 
コモモをセット。
 
大人気の頃から使ってるコモモのコットンキャンディー。かれこれもう9年ぐらい?
 
未だに無くさないし、水が入って少し錆びているが、いいチューニングになってる。
 
 
 
下流側にそっと入って、水際めいっぱいに出る。
 
そこから再度キャストで上流側へコモモを放り込む。
 
着水音を抑え込んでそっと着水。
 
その流れのモヤモヤをロッドを立てながら流れより若干速いスピードで引く。
 
 
 
水面がゴバッと割れる。
 
ズッシリとした重みがネオンナイトにのしかかる。
 
テトラ横の蠣瀬に走るが、ロッドを立てて阻止する。





寄ってきてずり上げ。

KfBvTSsvaEtoyLwbAVfY_480_480-a13bba7b.jpg


70オーバー。まあいいでしょ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
その後、同じところからX-120SWでもう一本。
 
こちらはフッコ。

ojMkPN9QcThvWW4cgY2M-9e34c42e.jpg


 
 
 
 
 
 
 
 
 
さあ、秋を楽しむぞ。
 
 
 
 
 
使用タックル
ロッド アピア 風神号 ネオンナイト83ML
リール ダイワ イグジスト3102
ライン 東レ シーバスPE  F-ZERO 1号
プラグ メガバス X-120SW
アピア AXA
アイマ B-太80SR・60SR・コモモ
邪道 スーサン

  

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!