アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:567
  • 昨日のアクセス:1151
  • 総アクセス数:16229529

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area16  ~利根川の最初の一滴 その1 ~

Area16 - Stage1 ~利根川の最初の一滴~


2009年9月2~4日 群馬県 利根川 イワナ





最初に

今回の釣行記は、一つ間違えば不謹慎な形となります。

が、源流釣りの怖さ、そして難しさをしっかり伝えることを目的に書いてみました。

一つの啓蒙の仕方として、様々な表記、感情表現をご容赦くださいますようお願いします。















源流イワナといえば、釣り吉三平である。


竜神滝や双頭など何度も登場するイワナのシリーズに胸を躍らせ読んだ子供の頃。


物心ついた頃から海の釣りをやっていたからか、海水魚を狙うシリーズより想像も付かない源流のマス類のシーンばかりが記憶にはっきりと残っている。


そんな源流イワナの60センチを目標にし始めたのはいつからだろうか。


多くの人に聞いても、今の日本では秘境中の秘境にしかいないと言われ、行こうにもどうやったら近づけるものかと思案するばかり。


憧れを軽く抱いたままで、毎年何度か色々な川の源流に出向いたが、釣れるのはせいぜい40センチ止まりだった。






源流イワナがターゲットとしてはっきりとした形になり、行動として動き出したのは今年からだ。


この春から、山の師匠を見つけ、師事しながら山岳技術を身につけていた。


スズキ釣りの回数は大きく減ったけど、新たな世界に挑む充実感に包まれた日々。







そして、今回、利根川の源流に挑んだ。


利根川を選んだ理由は流域面積日本一の大河川であること、利根川の水は、江戸川、荒川、隅田川、多摩川に流れ込み、東京湾のスズキを釣っている僕にとって、利根川の源流というのはルーツを探る旅になるということ。



パーティーは3人。山師匠の深瀬氏と、通称山ちゃんこと山下氏。


山ちゃんも源流大物に憧れるテンカラ師。







集合場所となる関越道六日町ICのジャスコ、最後の装備や明日の昼までのお弁当を買い込みパッキング。

80Lザックがバッツバッツになるほどの荷物。

重さも30kg近くあり、これを背負って歩くことを考えるだけで、これからの大変さに気が引き締まる。


HUBcoLK5OXLXuzoBSL9f_480_480-e5ea1764.jpg



ロッドは、アングラーズリパブリックのパックロッドを選んだ。

クワトロ601S。それをプラダンでケースを作って移動しやすい形に。

リールはキャスティングで買った1500円くらいのもの。

おそらく水に何度も浸かるので、リールの中に水が入るのは防げない。

その場合は、安いリールの方がギアの間にクリアランスがあって壊れない。

グリスを厚めに打ち込んで油切れにだけ備える。

KvY2OJPOr9HcBH5mmyix_480_480-b16d6d2c.jpg





新潟県の六日町の十字峡に僕の車をデポする。

そこから師匠の車で今度は群馬県の水上へ向かう。

カーナビの地図に出る二つの登録地点が、これから始まるすごい行程を物語っていた。







向かったのは奥利根湖(矢木沢ダム)。ゲートの前で仮眠を取る。








朝7時にボートを降ろす。
PgTozYRUWF2Q6cyVmapK_480_480-6a06b4ff.jpg

舗装工事をやるとかで大きく減水した奥利根湖。



下のダムの写真の現在地がダムサイト。そして右上に利根川源流が流入している。

ダムサイトから先は一切、道も無く人も住んでいない。

左岸(河口に向かって左)を歩いていくと2日かかるので、ボートを利用して渡船する。

JbVYOGgO6eYsGZbxHWLk-ccc85bf2.jpg





奥利根湖で渡船サービスをしている高柳氏によって船は快調にダムの奥へ。

bYuGWfgMjXdkdfcXyfpv_480_480-ee2ddac7.jpg




「渇水してっからよぉ!ずいぶん手前になっちまうぜ!」

高柳氏が軽快な調子で叫ぶ。




静謐で美しいダム奥部。

自分たち以外は誰もいない。

tJkn78pk5HVWWRx2pmXv_480_480-4a8ee277.jpg

 



普段より1kmほど後退したところで、僕らは降ろされた。

7b8cQGPdEeKpOcfczaho_480_480-7741fc62.jpg



「気をつけてな!山頂に出たら携帯電波が入るから必ず俺に一報入れてくれ。」


高柳氏の慎重な姿勢。それもそうだ。このダムの奥の奥。ここから山岳渓流である。


何かあったら・・・、そう考えるととても怖い。








でわ、行ってきます。

ihvEL56zQRVg88gZuNNd_480_480-7c828a59.jpg





景色はため息が出るほど美しい。


重いザックを背負って、淡々と登っていく。

HTRkkEVkrs8SjZf6to4m_480_480-7aaa6a7e.jpg



出発して30分でシッケイガマワシに入る。

ゴルジュと呼ばれる岩盤が両岸に垂直に迫るエリアで、僕らの登攀を阻止している。


そういったエリアはどんどんと高巻く。

H2auXBopRwkbhyVXsXSs_480_480-3da470b1.jpg

高巻くとは、滝やゴルジュの手前からどちらかの再度の斜面を登って突破すること。




高巻いたあと、うまく河原に降りられる時もあれば、

h92EJv42LL573CfM6SgS_480_480-6379babf.jpg



ザイルを使って懸垂滑降で降りてこないといけないときもある。

TKZa7jaA7ZSG3KnreCAP_480_480-0e89771a.jpg




この日の大一番。巻淵。淵は深く青さがとても美しい。



高巻きはオーバーハングでまったくダメ。


3HbFcL6SzHaigi3A9YHv_480_480-ebaaa90c.jpg




岩盤の下を横にへつりながら大きな淵を渡る。

ADwNpeEZs6pUHCfHoJsP_480_480-7e2f16fb.jpg

 

 

更にどんどんと登っていく。

K6oMfM8yx8BUTMp9bPdM_480_480-0775f7f4.jpg



軽装備の人や単独行、日帰り渡船の人などは巻淵をほとんど突破できない。

だからここから魚影が濃くなると読んで、竿を出しながら進んでいく。

WCSPnVxP78TdO8wCaOo3_480_480-d09f2461.jpg


しかし、水が澄みすぎているせいか魚の姿はほとんど見えない。







やがて越後沢出合いに出る。ここで今夜はビバークする。

CAQ9SvJaJxksaCiMjj2S_480_480-a36120ba.jpg






高台のわずかなスペースにタープを張る。

3UNrb39nxtTv3ko8CRNz_480_480-0b40ad6e.jpg




焚き火をして冷えた体を温めながら夕食の準備。

dfkuZ2Ho9xnGFGXWPnTR_480_480-29c9b742.jpg





僕はと言うと、トレーニングの成果もむなしく、相当バテていた。

毎日1本の缶ビールを楽しみにしていたのだが、荷物の軽量化のために今日のうちに3本飲んでしまう。








 

焚き火はなぜ美しいのだろうか。



携帯の電波はもちろん、あらゆる通信手段が裁たれた中で、この広い山岳地帯に3人しかいないという状況。



静かで、だけど優しい炎を見つめ続けた。

K3bWh5gWR4RF8jZz7g6J_480_480-8ac2500a.jpg 




 ~ 利根川の最初の一滴 その2 ~ へ続く



 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!