アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:595
  • 昨日のアクセス:1428
  • 総アクセス数:16039460

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area24 ~ねらい目は運河のボトム~

Area24 - Stage8 ~ 数釣る中で見える世界 ~

2006年3月183日 港湾部シーバス



今年は春一番から三番までは絶好調の南風が吹いている。

湾奥にもベイトがごっそりと入るはずだが、なかなかその様子を見ることができなかった。ポツポツ取材がてら釣りをしていたぐらいで、本気で湾奥真っ向勝負に挑むのはこの日が初めて。



夕方にざっと雨が降ったので、会社で仕事しながら様子を見ていたらつい寝てしまった

起きたら日付が変わる寸前。

慌てて釣り場へ向かう。

車を走らせている間に色々と場所を検討する。

ほんとは下げの明暗部をやりたかったのだが、もう潮は干潮。

運河の橋周りは小康状態だろう。

沖に面したエリアもダメそうなので、運河筋の台船周りをチェックすることにした。
 
ポイントは暗く、看板のネオンが水面をうっすらと照らしている場所。



ポイントはずいぶんと潮が引いている。

風もすっかり止んで、水面が鏡のようだ。

台船と台船の間にヤルキスティックをキャストして、ロッドを立てて引いてくる。





今日は二桁釣って帰ると決めていた。

そこで一つの場所を少しでも荒らさずに、一尾一尾を大事に獲っていく心づもり。

キャスト距離を短くして足下の魚をしっかりと獲っていく。



しかし、干潮周りはなかなか厳しい。

魚がたまに反転した様子を水面にモヤモヤで教えてくれるくらいで、

バイトが取れない。

そこでヤルキスティックをボトムまで沈めて、デッドスローでリトリーブする。

秋にレアフォースでやる水面直下の釣り、あのデッドスローをミドルレンジでやる。

夏に強いパターンだが、ヤルキスティックの真骨頂である。

台船の下では反応が出なかったが、運河のミオ筋でバイトが出た。

流れの速い流心に魚がいるのだろうか。

ひたすら遠投してボトムを獲って、デッドスローという感じでやっていると、ようやくバイト


djZFC4QYuFWDbgLaLHCK-b4bc85f7.jpg
まずは小さかったが嬉しい一本。 今テストしている風神Zイブランは68のレングス。
 
 
 
ロッドが68なので、飛距離が出せない。
 
ネオンナイトに変えに行こうかと思案しながら二尾目を狙っていく。
 
 
 
 
 
 
 
5分に1発くらいバイトが出る。
 
ボトムからゆらっとわき上がるエビに見えるのだろうか。
 
ボトムからヤルキスティックが離れて上に向かって泳ぎ始めた瞬間、バイトが出る。
 
引ったくっていくようなバイトではなく、アミを食べるような吸引バイト。
 
そこを普段よりやや速め強めでアワセを入れる。
 
iF94WB4V9NwywASyYe3O-463b4c04.jpg
 
ちょうど60くらいありました。
 
 
 
 
 
この後反応が無くなったので、対岸のカケアガリをイメージしてヨレヨレをフルキャストして同じ事やっていたら一発出た。
 
 
yRU5MzHDZzYsUEdBwO5W-46e21ea0.jpg
 
 
 
 
 
 
 
 
やがて潮が上げ始めてきた。
 
しつこくボトムを探っていると、強烈なバイトが。
 
ロッドをめいっぱい絞り込むファイト。しかし、意識が集中しているのはロッドのしなりとバランス、ガイドの位置等々。なかなかいい竿だが、バッドが堅すぎてベリーから来る反発力の抜けがスムースでない。
 
EKsQBuKD2NCgED2Jo9eE-3c649d3f.jpg
あげてみたらすごく大きく、70くらいありました
 
 
 
 
 
その後、立て続けに同じパターンでもう一本。
 
OKAAsU3cRCQTYxkoS3dD-c49be0aa.jpg
ちなみにこのカラーネームもイブランと言います。 Evening Rendezvous。Z-Rayのオリジナルカラー。バチ抜けシーズンはほんと最強だった。今も手に入ればなぁ。
 
 
 
あまりの景気よさに、近くにいたアングラーが寄ってきて、パターンを聞いてきたので、素直に教えてあげる。ヤルキスティックはもってないだろうけど、ヨレヨレとかワンダーとかでできるかもよって。
 
しかし、伝え方が悪かったのか、バイブレーションをキャストした。
 
そしてボトムを取って、そのまま根がかり。
 
思わず笑った(ごめんね)
 
 
 
 
 
で、こういう風にやるんだよって感じで、ヤルキスティックを封印して
 
ヨレヨレで攻め続ける。昨年まではこれでやっていたんである。
 
しかし、一度新しい武器を手にしてしまうと、非常にしんどい。
 
 
HrWCKHKDKzbeocSknj9b-9bb556c1.jpg
 
kRbBV3iJrZu5BRg8HuWM-1a5a734c.jpg
 
とはいえ、なんとか2本。
 
 
 
 
 
 
 
気付いたら、だいぶ潮が上げてきて、台船にも潮が当たっている。
 
その台船際をガツガツと攻めていく。
 
 
 
 
 
3JMQ7amb6cRCxBaaovLj-c818685b.jpg
 
PibnYtZ9hWdQ9WkjGXtM-30adf9f5.jpg 
 
以上。満足して帰る。
 
 


使用タックル
ロッド アピア イブラン
リール ダイワ セルテート2500Rカスタム
ライン 東レ シーバスPE
プラグ

ヤルキスティック
ヨレヨレ~
X-80SW
メテオストライク

 


 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!