アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:1345
  • 昨日のアクセス:3222
  • 総アクセス数:16027466

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area10 ~やる気スティック最終章~

Area10 - Stage6 ~ やる気スティック最終章 ~
 
2006年3月2.3日 港湾部シーバス


やる気スティックの最終テストが終了。

ルアーの開発っていつも後味が悪い。

自分がそのルアーを使って釣りたいシーンや要素が頭の中にいくつもあると、どうしても判断がぶれる。

今回の最終テストに持ち込んだプロトはA~Jまでの10種類+α2本の12本。

それを交互に泳がせながら、そして自分の中のテーマをイメージしながら(っていうか季節感も感性もほとんど成りきってキャストからリトリーブまでを味わっていく。

違和感の残るものはすぐに解る。

そういったものを省きながら煮詰めていくと、案の定(笑)



・春のバチ抜けに最強の1本となるだろうI

・最も一般受けするアクションのH

・夏秋に最強。これこそ自分が欲しかったもの、のB

・春も夏もなんとかテクニックでカバーできるD

・夏寄りだが、春もテクニックで何とかなるC



という感じに割れていく。



ルアーとしては全て完成しているのである。

全てのプロトで魚を出せと言われたら、100%できると断言できる。

答えが出れば、後は悩むだけである。

今回は大阪から2人も出てきてこっちの2人と4人で悩む。





ちなみに、アロウズレアフォースは自分が望むというより、全国どこでも通用するだろうアクションを選んだ。

結果、全国区のルアーになったのはご存じの通りだ。アカメのヒットルアーとしても完全に定着したし、相変わらずの大人気。これはアロウズにとっても自分にとっても良い選択だった。



ヨルクルは自分だけ解っていればいいという感じで選んだので、 今でも使い方が解らない人はたくさんいる。 だけど必殺ルアーとして使ってくれている人もちらほらいる。

自分のビジョンを理解して共感してくれた人からのメールは嬉しい。 だけど、売れなきゃ次もないのである。そういう点でヨルクルはぎりぎりのセールスだった。



そんな訳で今回はどうしようかなぁと思って、悩みに悩んだ訳なのだが、 問屋さんの
 
「村岡さんの好きを押し通した方が邪道っぽいで」 という一言で、決めた。
 
選んだのはC。
 
本当はBにしたかったのだが、春を釣るにはちょいとテクニックがいる。きっと理解されずにヨルクルのようなマニアック商品になりそうな気がした。 マニアック商品ははまった人には絶賛されるが、はまらなかった人には。無駄金を使わせたも同然となる。
 
せっかくの自分の実力を信じて買ってくれた人に、ビジョンを届けられないのは実は結構辛いことなのである。現場で失望したアングラーの顔を想像すると、こっちもその選択を後悔しそうになる。
 
そこで悩んだ末の結論だ。
 
しかし、やる気スティックのアクションは、自分の中の集大成に近い。
 
足下で8の字を引いた時に、
 
なるほどねっ♪
 
と、音符付きで言ってもらいたいのだ。
 
なので今回も一般受けする方向から外れてしまったが、Cなら、春もイケるし、夏秋の本当の使い方も、少しここでテクニックを紹介すれば多くのユーザーに、なるほどといってもらえる気もする。
 
 
 
mQG54Qy8PB9PyywtfgWd-fd52fdff.jpg
夜明け寸前のシャローで仕留めた50クラス
 
 
 
 
 
 
 
kLTXxQ6GHwH6pm8xnCxz-979f629c.jpg
春パターンの表層デッドスローもいけます。
 
 
 
 


使用タックル
ロッド メガバス XOR-SS610
リール ダイワ セルテート1500
ライン 東レ シーバスナイロン8lb
プラグ ZONK77
にょろにょろ
シーバッド
ヨレヨレ~
ベイスラッグ

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!