アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:329
  • 昨日のアクセス:881
  • 総アクセス数:16226316

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area5  ~秋の気配を感じて~

Area5 - Stage31 ~ 秋の気配の中で ~

2008年9月8日 港湾シーバス




前回のArea5で、人生において秋シーズンを迎える残り回数を数えると、本当に少ないと書いた。
 
まだこのスズキ釣りのこと、なんにもわかってないかもしれないのに。
 
そう思うと気が焦ってしまう。






奥利根から帰ってきて、ようやくスズキモードに。
 
今年は熊本や鹿児島に遠征に行ってみようと思っている。

その時間を考えると湾奥で勝負できる時間が意外と少ない。



そろそろ、という感じで連日の出撃。
 
私事だが、我が家は子供が生まれたばかり。
 
会社から帰ってご飯を作って子供を家に入れてからがフィッシングタイム。
 
体力を考えると、2~3時間勝負。
 
それを今年は楽しもう。





9月8日、21時より出撃。
 
干潮は日付が変わって1時46分。
 
下げの勢い増す中、港湾部へ。
 
 
 
前日はElegyにも書いたが、荒川で良いサイズを掛けたけどバラシ。
 
荒川は本当に調子が良い。が、調子が良いと行く気がしなくなる。
 
それが自分の中での荒川だ。
 
 
 
最初に下げ潮が正面を走る岸壁に。
 
20m先のブレイクに魚が付いていれば数釣りできるポイント。
 
 
 
スーサンをつけて斜めにキャストしながら少しずつ進んでいく。
 
 
 
10投目くらいにブレイクの真上でコツンと。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ここんところのバラシ癖がひどいので、バラシ癖修正技を使う。
 
「バラそうとしてみるファイト」
 
HQJvXxc35ouC8XsUMAde-c176b98e.jpg 
 
しっかりキャッチ 泣
 
 
 
 
 
北風が良い感じで下げ潮を押しているのだが、意外と潮位がまだ高い。
 
上げがしっかり効いたんだろう。
 
 
 
スーサンだとブレイクよりずいぶん上になってしまうので、FLAP SLAP SW 柊にチェンジ。
 
Fpx8ayv86agz3gRmNppu-ce73e27d.jpg 
 
 
 
いつも書いてるが、飛ばないという欠点を除けば本当に秀逸なルアー。
 
 
 
 
 
ブレイクに当ててもそこでリトリーブを止めれば根掛かりしない。
 
 
 
じっくりとデッドスローでブレイクに絡めて引いて、この日も3本をキャッチ。
 
jTd4Y3Ac97gedCZ76Vur-eb344a75.jpg 
 
CCxAVYTzF49Dd2xPbvYx-6a468468.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
最後にスーサンでもう1本。
 
TEJQ8t4kr44gxGQGSM7r-4f6bf264.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
今日はウェーディングをするつもり。
 
最近開拓しているポイントは潮位がかなり低くならないと入れないポイント。
 
今日は干潮が46センチということなので、おそらく80センチを切る下げ7分過ぎでないと厳しい。
 
そのタイミングで入る。
 
 
 
 
 
下げ止まるまでに2本をキャッチ。
 
 
 
 
 
ブーツ120で1本。
 
MxVTX2f4e9hzHhE4PUyt_480_480-3327ed24.jpg 
 
こいつはスズキサイズだった。
 
 
 
 
 
120SWでセイゴが1本。
 
 
bKO3XUPVLCHmjS92Bcj2-97a6eeb1.jpg 
 
 
 
 
 
 
 
 
このポイントは下げ止まる瞬間に、下げが一瞬加速する。
 
それがなぜ起きるのかというと、対岸の地形の影響であるとにらんでいる。
 
対岸の流れが大きく変化する中で、僕がいる側の流れが目の前のブレイクに集中する。
 
その瞬間、見事なまでの鏡のような潮目が発生し、それがやがて消える。
 
そのタイミングで何らかの動きがあるはず。
 
 
 
が、この日はそこで魚の反応を出せず。
 
でも、イナッコの動きが一つの答えを出していた。
 
 
 
次回、釣ったら書こうと思う。
 
 
 
 
 
使用タックル
ロッド icon アピア 風神号91MLナイトホーク
リール icon ダイワ イグジスト3012
ライン icon 東レ シーバスPEパワーゲーム 1号
プラグ

iconiconicon

icon

 

 

 

 

邪道 スーサン

 

 

メガバス FLAP SLAP SW 柊

 

 

 

 

 

 

 

ゴミ icon ペットボトル

icon

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!