アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:540
  • 昨日のアクセス:870
  • 総アクセス数:16231143

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area2 ~早春ベイトStyle2~

Area2 - Stage26 ~ 早春ベイトStyle2 ~
 
2007年2月5日 荒川







前回と同じポイントに出撃。

中土手側からブレイクを撃っていくスタイル。






今日は潮が大きく動くので、前回のポイントでは潮が動きすぎる気がした。

ハイシーズンに良く魚が付いている、流心の橋脚や瀬などはあまり魚が付かない。

付いたときは間違いなくデカいのだが、たいていは反応がないのである。

で、ブレイクも魚が付きやすい流れの速さってのがあって、ハイシーズンはどんなに速くても良いのだけど、この時期は、トロ~リとした流れのブレイクがいいのである。

魚はそういった流れの緩やかなブレイクについて、アミやバチを喰っている。

これが2月いっぱいは続く。





前々回のArea3で行った場所は、それから安定して魚が出ているので、大混雑である。

トロ~リと流れるブレイクの上で80upが連発した。

こういう感じで釣り人が集まるのは最近無かったなぁ、と。

何度か覗いたが、いつも10~20人ぐらい人がいる。

自分みたいに動きながら釣るタイプのアングラーでは、とてもロッドが振れる状況にないので、入ることすらできないのである。

が、例年のポイントをこういう形で封じられると、開拓意欲がわいてきて結果的には面白い釣りが楽しめる。

前回の荒川の水が入る港湾部も、この時期に魚が出るとは正直知らなかった。

今年は一潮回り、魚の動きが速い感じだけど、それでも自分の中では少なからずの感動があったのである。







それで、荒川のブレイクライン。

前回より大きく下流の流れが緩やかなところ。
 
 
 
 
 
 
 
ネオンナイトでフルキャストして、ややダウンスロー気味に誘っていく。
 
リトリーブはデッドスロー。
 
今日は風が無く、水面が静かである。
 
こういう日は、少しレンジが下になる事が多いので、ティップを下げてしっかりとブレイクに擦るように引いていると、コンとたまにバイトが出る。
 
が、なかなか乗らない。
 
アミ特有。
 
ヨレヨレをフォローで入れるがそれでも喰わない。
 
ララに戻して、しつこく通しているとようやくヒット。
 
 
 
相当いい引きで走り回る魚をしっかりといなしていく。
 
足下まで寄せて、ハンドランディングする。
 
 
 
 
QgCio25cNKtU5AXRhwU3-7faf65da.jpg
 
60あるかな? 綺麗な川スズキです。
 
 
 
 
地面に置いた魚がボテッと胃の中のものをはき出した。
 
この時期はアミの固まりをボテッと明太子みたいに吐くのを時々見るので、最初はそれではないかと思ったが、ライトを照らしてみるとバチだった。
 
tBJeNPCmCcrUhPswg5tw-56092160.jpg
 
すっかりバチ抜けパターンが始まっているのである。
 
 
 
ライズこそ出てないが(もしかしたら夕マヅメはライズしていたかもしれないが)
 
しっかりとバチを追ってるということは、もう少し速いリトリーブでもバイトが出せそうと読む。
 
 
 
 
 
そこで、X-80SWやローリングベイトなどにチェンジして、ブレイクを撫でていくがバイトは出ない。レンジは厳しいようである。タイトスラロームに変えて、デッドスローでリトリーブしているとようやくバイト。
 
 
7arUnDS7H2YSJhcwegyZ_480_480-43e41529.jpg
 
50前後。
 
 
 
 
 
 
 
だいぶ釣り下がったので場所を移動して、また港湾部へ。
 
 
 
相変わらず護岸沿いにアミがわんさといる。
 
ヤルキをボトムまで沈めてから、超デッドスローでリトリーブする。
 
これは春の超簡単最強メソッドの一つだろう。
 
今日は3発バイトが出たが、乗せたのは1本だけ。
 
 
 
 
 
バチ抜けSPも試したが、ノーマルのヤルキスティックの方が下のレンジを通せる分、反応がいい。
 
 
 
imJwaABoyrXsJDJYyu4b-a000d0be.jpg
 
さんざんテストでやった釣り方なので、釣れてもすごくうんざりします。
 
 




使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ83L ネオンナイト
リール ダイワ セルテート3000
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ マリア タイトスラローム
アロウズ ララ 
邪道 ヤルキスティック
ゴミ ペットボトル

 


QfMWPGrNZsuDkVVEDLer-57774801.jpg






 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!