アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:432
  • 昨日のアクセス:870
  • 総アクセス数:16231035

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/8 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

検索

:

アーカイブ

2017年12月 (1)

2017年11月 (3)

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

Area2 ~シーバス 荒川~

Area2 - Stage16 ~ 月下乱舞 ~

2004年10月28日 荒川シーバス



 
神戸から東京駅に着いたのは22時。

その足でそのまま荒川へ向かう。


川筋は北風が水面を走って好気配。

薄曇りに満月があでやかに輝いている。

この秋のテーマである見えない要素の交差点。

雨直前の今夜に、その一つの姿が見えるはずなのだ。

かつてのArea2を繰り広げた主戦場であり、最後まで雑誌に出されなかったポイントのひとつ。

なぜ出されなかったというと、それは見えないからなのである。

見えないものには2つある。

どうやっても見えない、概念とか想いみたいなものと、見ようとしなければ見えないもの。

どのどちらかはわからない。



でも、ある日突然見え始めたパターンがある。

ただ、ヨレと言えばそれが答えだし、普遍的であるかもしれない。

そのヨレは全く目視できないが、周辺一帯の見えるヨレからそれが判る。そんな感じ。

僕には長い間それが見えなかった。





もうすっかり潮が引いたシャローに入っていく。

底砂の様子を確認するように、立ち込んでいく。

顔を水面に近づけて、ベイトの位置を見懲らす。

漠然としかわからないけど、見当を付ける。



その方向にフルキャストしながら進んでいく。

見当を付けたところにルアーが着水しはじめたら、最初のバイト。

だけど、乗らない。サイズが小さい感じだ。



また数投してまたバイト。
 
ゴッ 
 
と、結構いい感じで食ったがまた乗らない。
 
泳層が違うかな?と思ったが水深30cmほどしかない。泳層もクソもないかも。
 
 
 
 
 
また進み始めたところで、グンとバイト。
 
そのまま風神ゼータ、フローハントの胴調子にフックセットを任せる。
 
 
 
水面でゴブッとエラ洗いが出る。
 
たいしたサイズではない感じ。





gh2yJgRORrko5kkOuF7W_480_480-186b7e90.jpg
70センチ前後といったとこ。
 
 
 
こういう魚が今までは一本は獲れるのだ。
 
いきなり1本獲って、その後にさっぱり。よくある展開。
 
これが不思議だった。
 
その答えはやはり水の中にある。
 
 
 
 
 
そこから扇状にキャストしつつ、レアフォースを通して伝わる重みに全神経を集中させる。
 
探すのは水中に水平にできているヨレ。ハロクラインのようなわかりやすいものではない。
 
だけど、腰くらいの水深にも確実に底層を滑るように走る潮と、そうでない表層の層があるのである。
 
そこを感じながら攻める。
 
 
 
やがて、また一つの形が見えてきた。
 
交差点が脳裏に描ける感じ。
 
水面にできた一筋の風の通り道を撃つ。
 
イメージはU字なのだが、それができるほどの流れはない。
 
そこで、ロッドで多少U字を書きやすいように動かしながらリトリーブするとバイトが出た。
 
 
 
2RMXxChAb2faW5VRcYDh_480_480-392d82a7.jpg
60センチちょうどくらい。レアフォースの限定カラーですな。
 
 
 
 
 
風が水面を滑って作り出す波のエネルギーは、腰くらいまでの水深の潮の流れにかなり大きな影響を与える。
 
乱された潮は止まり、それでも潮のパワーは表層に出たり、底を走ったりして流れを押し出していこうとする。
 
流れが底を走る場所。それが一つのパターンを形成している。
 
ベイトはハゼなのか、甲殻類なのかはわからない。イナっ子なのかもしれないし、サヨリかもしれない。
 
でも広いシャローの中から確実にシーバスはそこに集まってくる。そしてそれが消えるとまたすぐにいなくなるのだ。
 
 
 
 
 
 
GwTAyFM8JHjw9s4FhyYy-c77a1b5d.jpg
途中、小さいのを釣る。
 
 
 
意外と潮の透明度が高いので、カラーを黒金に変える。
 
ルアーはレアフォース。
 
このルアーの魚を呼び寄せる力と食わせる力が今年も主戦力である。
 
まだ魚のいる場所をズバリと特定できない自分を、その呼び寄せる力で補ってくれる。
 
このルアーの登場で、多くのルアーが二軍落ちして、タックルボックスは軽くなった。
 
 
 
 
 
風が変わる。
 
あまり動かない風目が、ぞわっと水面を動く時がある。
 
それとともに動く交差点にすかさず自分も移動する。
 
魚はすぐに来ない。
 
きっと独自の感覚で動くのだろう。ほんとに小さく微妙なんだろう水圧の変化を感じ取って、確実に彼らはその交差点に集まってくるのだ。
 
 
 
動いて10分ほどでヒット。
 
いきなりドラグからラインを10m程度引き出して走る。
 
まずまずだ。続いてエラ洗い。
 
水面に一瞬出た尾ひれで狙っているサイズではないことがわかって少し失望する。
 
寄せて、ボガでつかむ。
 
 
 
96NtjviGO6OVfQafmUgW_480_480-56750365.jpg
 
70ちょっと、ですかね。
 
 
 
 
 
 
 
リリースして次を狙う。
 
撃つべき位置は同じ位置。
 
少し散らして広範囲に探る。
 
だけど、反応はなし。
 
 
 
やがて、また風目が動き出す。
 
風の作る流れがさわ~っと水面を走り、鏡のような水面の盛り上がりの部分を、一瞬でざわめきに変えていく。
 
そして数分後に現れる、鏡のような部分。
 
そこの先。そこに交差点がある。
 
 
 
 
 
ネオンナイトより飛距離に勝るフローハント。
 
そして尋常でない飛距離を誇るレアフォース。
 
遠くへ、撃ち続ける。
 
だけど、闇雲ではない。
 
確信、とまでは言い切れない。
 
だけど、何かが見える。
 
その脳裏に見える一つの線を超遠距離から撃ち続ける。





pstdDyvC762MeuwoovhW_480_480-513cf58f.jpg










偶然を必然に変えるのは結果のみである。
 
結果の積み重ねだけが、確信へと変えていける。
 
 
 
 
 
 
 
やがて、また線が動き出す。
 
そこを追いかける。
 
どこに行くか判らない。
 
右に行ったり左に行ったり。
 
だけど、それが落ち着いて数分後なのである。
 
そこに答えが出る時は出る。
 
 


US6HLv7GhzB9iNciaHRR_480_480-b49ad541.jpg 





 

使用タックル
ロッド アピア 風神ゼータ93Lフローハント
リール ダイワ セルテート3000
ライン 東レ シーバスPE 1号
プラグ アロウズ レアフォース
ゴミ ビニール&空き缶

 

 

コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!