アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:191
  • 昨日のアクセス:2776
  • 総アクセス数:16030868

プロフィール

村岡昌憲

東京都

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2019/2 >>

1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (3)

2017年 8月 (1)

2017年 7月 (7)

2017年 6月 (4)

2017年 5月 (4)

2017年 4月 (2)

2017年 3月 (4)

2017年 2月 (4)

2017年 1月 (2)

2016年12月 (1)

2016年11月 (2)

2016年10月 (4)

2016年 9月 (4)

2016年 8月 (2)

2016年 7月 (4)

2016年 6月 (3)

2016年 5月 (5)

2016年 4月 (3)

2016年 3月 (6)

2016年 2月 (3)

2016年 1月 (5)

2015年12月 (3)

2015年11月 (7)

2015年10月 (12)

2015年 9月 (11)

2015年 8月 (7)

2015年 7月 (15)

2015年 6月 (7)

2015年 5月 (11)

2015年 4月 (13)

2015年 3月 (5)

2015年 2月 (5)

2015年 1月 (8)

2014年12月 (2)

2014年11月 (9)

2014年10月 (11)

2014年 9月 (11)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (8)

2014年 6月 (8)

2014年 5月 (10)

2014年 4月 (15)

2014年 3月 (10)

2014年 2月 (7)

2014年 1月 (8)

2013年12月 (5)

2013年11月 (9)

2013年10月 (8)

2013年 9月 (8)

2013年 8月 (13)

2013年 7月 (9)

2013年 6月 (9)

2013年 5月 (7)

2013年 4月 (8)

2013年 3月 (9)

2013年 2月 (15)

2013年 1月 (12)

2012年12月 (4)

2012年11月 (10)

2012年10月 (3)

2012年 9月 (5)

2012年 8月 (9)

2012年 7月 (7)

2012年 6月 (3)

2012年 5月 (4)

2012年 4月 (5)

2012年 3月 (6)

2012年 2月 (3)

2012年 1月 (9)

2011年12月 (8)

2011年11月 (12)

2011年10月 (10)

2011年 9月 (8)

2011年 8月 (9)

2011年 7月 (10)

2011年 6月 (7)

2011年 5月 (12)

2011年 4月 (7)

2011年 3月 (8)

2011年 2月 (7)

2011年 1月 (7)

2010年12月 (10)

2010年11月 (10)

2010年10月 (9)

2010年 9月 (7)

2010年 8月 (9)

2010年 7月 (8)

2010年 6月 (9)

2010年 5月 (11)

2010年 4月 (8)

2010年 3月 (7)

2010年 2月 (7)

2010年 1月 (5)

2009年12月 (7)

2009年11月 (8)

2009年10月 (8)

2009年 9月 (10)

2009年 8月 (13)

2009年 7月 (10)

2009年 6月 (4)

2009年 5月 (5)

2009年 4月 (5)

2009年 3月 (12)

2009年 2月 (5)

2009年 1月 (2)

2008年12月 (5)

2008年11月 (1)

2008年10月 (7)

2008年 9月 (9)

2008年 8月 (6)

2008年 7月 (8)

2008年 6月 (8)

2008年 5月 (9)

2008年 4月 (11)

2008年 3月 (10)

2008年 2月 (8)

2008年 1月 (2)

2007年12月 (5)

2007年11月 (4)

2007年10月 (8)

2007年 9月 (3)

2007年 8月 (2)

2007年 7月 (5)

2007年 6月 (6)

2007年 5月 (13)

2007年 4月 (11)

2007年 3月 (11)

2007年 2月 (7)

2007年 1月 (10)

2006年12月 (4)

2006年11月 (10)

2006年10月 (20)

2006年 9月 (13)

2006年 8月 (9)

2006年 7月 (9)

2006年 6月 (7)

2006年 5月 (14)

2006年 4月 (21)

2006年 3月 (8)

2006年 2月 (4)

2006年 1月 (12)

2005年12月 (6)

2005年11月 (1)

2005年10月 (3)

2005年 9月 (7)

2005年 8月 (3)

2005年 7月 (3)

2005年 6月 (13)

2005年 5月 (14)

2005年 4月 (6)

2005年 3月 (16)

2005年 2月 (9)

2005年 1月 (5)

2004年12月 (3)

2004年11月 (12)

2004年10月 (7)

2004年 9月 (5)

2004年 8月 (11)

2004年 7月 (8)

2004年 6月 (7)

2004年 5月 (8)

2004年 4月 (3)

2004年 3月 (5)

2004年 2月 (4)

2004年 1月 (5)

2003年12月 (9)

2003年11月 (10)

2003年10月 (7)

2003年 9月 (8)

2003年 8月 (10)

2003年 7月 (14)

2003年 6月 (9)

2003年 5月 (5)

2003年 4月 (5)

2003年 3月 (6)

2003年 2月 (10)

2003年 1月 (3)

2002年12月 (4)

2002年11月 (6)

2002年10月 (3)

2002年 9月 (10)

2002年 8月 (3)

2002年 7月 (2)

2002年 6月 (8)

2002年 5月 (4)

2002年 4月 (3)

2002年 3月 (9)

2002年 2月 (4)

2002年 1月 (5)

2001年12月 (9)

2001年11月 (5)

2001年10月 (2)

2001年 9月 (6)

2001年 8月 (7)

2001年 7月 (6)

2001年 6月 (3)

2001年 5月 (5)

2001年 4月 (2)

2001年 3月 (2)

2001年 2月 (4)

2001年 1月 (2)

2000年11月 (1)

2000年10月 (2)

2000年 9月 (1)

2000年 8月 (3)

2000年 7月 (3)

2000年 6月 (1)

QRコード

北九州・博多の旅

9月4日 北九州空港へ飛ぶ。

レンタカーを借りて門司にある先祖代々の墓へ墓参り。

お墓を洗ってお花を生けて線香を上げて。

大事な事ほどおろそかになる一方の先進国ニッポン。

僕はきっちりとやっていきたい。



夕方に花田さんと合流し、小倉のはぎ寿司へ。

マスターもソルトルアーをやるとのことで北九州シーバスなどについて情報交換。

HLP3x3ieeMA93v322Y3y_480_480-78163fde.jpg


時間になって、花田さんと別れ、fimo九州福岡支部のゴミ拾いベントへ。

奈多浜? 広い砂浜の入口にすでに盛り上がっている一団が。

9KTALKgMua5pE8fRiKBL_480_480-a22e7b9b.jpg

福岡県は博多と北九州という100万都市が二つもある珍しい県だ。

当然、どちらの住民もお互いを強く意識している。

だけど、釣り人であること、浜がゴミで汚れていること、の前に、それは関係ない話。

北九州のスーパーアングラー田中章太郎氏が呼びかけたイベントに、博多のスーパーアングラー蔵前博之氏が応える。

博多からも北九州からも大勢の人が集まった。そして長崎や大分からも人が集まる。

東京から参加した僕や青Pさん、小林(兄)さんなどで、東京名物もんじゃを振る舞う。

ddCs76UrUmhf9GNgSic8_480_480-ed382ddf.jpg

そこそこ上手にできたけど、月島の本場にはかなわない。

みなさん、東京にお越しの際はぜひ釣り業界御用達のもんじゃ五平をお試しあれ。




そして、夜も更けていくけど釣り人の話はまったく止まらない。

sRyv8Z4YtWcbdpXv3df2_480_480-dc9fee38.jpg





やがて、夜明け。
fHkUij4amE3MmYJ9mS7T_480_480-7cb782a0.jpg




薄桃色が鮮やかな橙色に変わっていく。

SUT7MGjLw24WcGSSnscS_480_480-e584e67d.jpg



セピア色に包まれて遊ぶ、元子供。まちゃさんbrkzbAta3gfb7pwSWkD8_480_480-363a1598.jpg



朝になり、田中氏の号令によって一斉にゴミ拾い。

M6x9cC7YncQxD8kVRGYg_480_480-a3db21e9.jpg



HHBWvWiHgNfN2RXtwrsu_480_480-713eda86.jpg


たくさんのゴミが集まった。

rg2H6cVPaNS9HwUBsh7p_480_480-e2de8569.jpg




ゴミを拾っていて、やはり、と思ったことがあった。

それは福岡県沿岸のゴミは、アジア諸国から流れてきているゴミが多いということ。

中には注射器や薬品のビンなどもあり、そのビンにはハングル語と英語でしか薬品名が書いてない。

化学に詳しい人なら、それが何であるかはわかる。だけど、一般の人はわからないだろう。




地球の海を漂うゴミ問題。

その問題の前には、釣り人であるかどうか、どこに住んでいるかどうか、といったことなど何の関係もない。

そんな小さな問題などはるかに超越する、人類であるかどうかという問題こそ、大事な考えである。

人類が出したゴミは人類が何とかする。

今日も明日も毎日のように大量のゴミが海岸に打ち上げられる。

行政は動かない、いや、動けない。

そんな中、好きこのんで海岸に出て行く連中がいるではないか。

それが釣り人である。


saGGk2JAdNE5BEjaOPvL_480_480-e963b36a.jpg



ちゃんぽんやうまかっちゃんをもらう。ありがとう。
j2dxLd9FcQQX69JnDHsj_480_480-ec61c7ca.jpg



その日の夜は小倉の海を少し回ったけどあまりパッとしない感じ。

次の日は日中に仕事して、夜になって蔵前さんと合流。


博多港湾シーバスを楽しむ。
imKJRWi4TdkC5nNFRiKW_480_480-deb33baa.jpg


3ヶ所目の場所移動で、やっと潮が効いているところでマリブで1本。
2ezR3zLdQ9thwxtc5YY8_480_480-661aa11f.jpg



その5分後、また潮が効いたタイミングで1本、
RK24xC7sKuHAgzmrb7ei_480_480-f89d0b04.jpg


お腹が減ったので長浜ラーメンへ。

G8iKAp3xmFpR3bX4YbU8_480_480-caa0539d.jpg



ラーメン食べた後も博多市内を攻略。


今週から出荷開始のチョーサンで1本。
nucQf9NOVwiJ2of9rrNm_480_480-fc470bcd.jpg




9月17日~18日、ゴミを拾ってみませんか?

全国のアングラー、一人一人ができる範囲でゴミを拾う。

そこからの可能性を探っていってみようと思ってます。

それが釣り人のためになるかどうかは分からない。でもやってみないとわからない。




fimo設立の想い。






コメントを見る

村岡昌憲さんのあわせて読みたい関連釣りログ



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!