プロフィール

バッシー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (15)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (15)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (6)

2016年11月 (5)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (8)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (9)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (12)

2016年 1月 (25)

2015年12月 (14)

2015年11月 (8)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (14)

2015年 8月 (10)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (3)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (11)

2014年11月 (12)

2014年10月 (22)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (23)

2014年 5月 (22)

2014年 4月 (20)

2014年 3月 (19)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (18)

2013年11月 (14)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (25)

2013年 8月 (22)

2013年 7月 (28)

2013年 6月 (27)

2013年 5月 (26)

2013年 4月 (28)

2013年 3月 (28)

2013年 2月 (23)

2013年 1月 (34)

2012年12月 (35)

2012年11月 (28)

2012年10月 (38)

2012年 9月 (38)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (39)

2012年 6月 (40)

2012年 5月 (41)

2012年 4月 (26)

2012年 3月 (44)

2012年 2月 (38)

2012年 1月 (48)

2011年12月 (43)

2011年11月 (32)

2011年10月 (31)

2011年 9月 (43)

2011年 8月 (43)

2011年 7月 (47)

2011年 6月 (32)

2011年 5月 (58)

2011年 4月 (26)

2011年 3月 (24)

2011年 2月 (23)

2011年 1月 (14)

2010年12月 (16)

2010年11月 (17)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (18)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:291
  • 昨日のアクセス:366
  • 総アクセス数:2236058

QRコード

闘魂ジグ30g (ダミキジャパン)

  • カテゴリー:釣り具インプレ
「TRYOUTに参加します!」
と掲載してから、しばらく経つ。

実は色々試してました。

「闘魂ジグ30g」
センター風リアバランスと言う、特徴的なバランス設定。
バーチカルでの適性を確かめたいのはもちろん、
その「どこにハマる」かを確認する作業も試していた。

送られてきたのは「オレクロ」。
しかし澄み潮気味な時期に出番が少ないゴールドベースのカラーだったので、
シルバーベースを追加購入。

岸ジギ(スピジギ)で3回、
ボートシーバスで2回、
それぞれ投入。

このカテゴリー、既にレギュラーには
「ゼッタイ30g」
「爆岸30g」
「キールジグ36g」
があり、ハナから投入というケースはなかった。

釣果はボートでの1本のみ。

しかし、岸ジギがハマる展開がなく、この間岸ジギでの釣果自体がゼロ。
ボートも40gクラスの展開が多く、ジギングで釣れたサカナ自体がコレ1本。

釣果から善し悪しを談じることは出来ない。

使用したインプレとしては、
・フォールでのダート幅は小さめ
・小さくスライドしながらイレギュラーにヒラヒラ落ちる
・巻き上げでは「スルン」と上がってくる

分かりやすく表現すれば、
「フォールはセンター的、
巻き上げやリトリーブはリア的」
という感じ。

しかし正確に言えば、
「センターとリアの中間くらい」
というべきか。

つまり、
フォールではリア的な速さで沈みながらも、水抵抗を受け流す時、イレギュラーなヒラヒラが生じる。
センターバランスだと、それが沈降速度を弛める事になるが、それがない。

リアクションで喰わせる岸ジギでは、沈降速度は生命線。
それは確保しつつ、リアバランスとは違うフォールアクションを期待できる。

岸ジギでハマりそうなシチュエーションはズバリ、
「シャロー岸ジギ」

通常ストンと落とし、ボトムで跳ね上げの一瞬にリアクションバイトさせるのだが、
フォール最中に少し魅せてから跳ね上げで喰わせる事ができそうだ。
わずかな違いだが、喰わせるタイミングがピンポイントだから、そこまでのプロセスにバリエーションができるのは、実は大きな違い。

まだシャロー岸ジギシーズンではないが、いずれ威力を発揮しそうな予感がある。

明日は川崎新堤。
月内に試せるチャンスは多くないから、敢えてレギュラーに加えて「打順」を増やしてみたい。

楽しみだ!


コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!