プロフィール

バッシー

神奈川県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

アーカイブ

2017年10月 (6)

2017年 9月 (6)

2017年 8月 (8)

2017年 7月 (15)

2017年 6月 (6)

2017年 5月 (9)

2017年 4月 (15)

2017年 3月 (9)

2017年 2月 (6)

2017年 1月 (5)

2016年12月 (6)

2016年11月 (5)

2016年10月 (8)

2016年 9月 (8)

2016年 8月 (5)

2016年 7月 (5)

2016年 6月 (9)

2016年 5月 (9)

2016年 4月 (7)

2016年 3月 (9)

2016年 2月 (12)

2016年 1月 (25)

2015年12月 (14)

2015年11月 (8)

2015年10月 (13)

2015年 9月 (14)

2015年 8月 (10)

2015年 7月 (9)

2015年 6月 (3)

2015年 5月 (6)

2015年 4月 (10)

2015年 3月 (14)

2015年 2月 (8)

2015年 1月 (6)

2014年12月 (11)

2014年11月 (12)

2014年10月 (22)

2014年 9月 (12)

2014年 8月 (11)

2014年 7月 (14)

2014年 6月 (23)

2014年 5月 (22)

2014年 4月 (20)

2014年 3月 (19)

2014年 2月 (18)

2014年 1月 (23)

2013年12月 (18)

2013年11月 (14)

2013年10月 (18)

2013年 9月 (25)

2013年 8月 (22)

2013年 7月 (28)

2013年 6月 (27)

2013年 5月 (26)

2013年 4月 (28)

2013年 3月 (28)

2013年 2月 (23)

2013年 1月 (34)

2012年12月 (35)

2012年11月 (28)

2012年10月 (38)

2012年 9月 (38)

2012年 8月 (30)

2012年 7月 (39)

2012年 6月 (40)

2012年 5月 (41)

2012年 4月 (26)

2012年 3月 (44)

2012年 2月 (38)

2012年 1月 (48)

2011年12月 (43)

2011年11月 (32)

2011年10月 (31)

2011年 9月 (43)

2011年 8月 (43)

2011年 7月 (47)

2011年 6月 (32)

2011年 5月 (58)

2011年 4月 (26)

2011年 3月 (24)

2011年 2月 (23)

2011年 1月 (14)

2010年12月 (16)

2010年11月 (17)

2010年10月 (11)

2010年 9月 (18)

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:400
  • 昨日のアクセス:366
  • 総アクセス数:2236167

QRコード

今の海の状況と、これから。

前のログの続き、ね。


関東は梅雨明けから10日ほど。

関西でも今日梅雨明けが発表された地域もあり、
ようやく夏本番の地域が増えた。

(西日本他、豪雨の被害に遭われたみなさま、お見舞いとお悔やみ申し上げます。)


で、南関東。

梅雨明け早々に、
「マグロ、シーズン突入!」
なんて騒いだのも束の間。

あっと言う間に沈黙...

東京湾も、
イワシが大挙押し寄せて爆っ!
と思いきや、

日替わりで好不調を繰り返すような展開。

バッシーにしても、
ここ数年GWくらいから梅雨明け頃まで通ってる場所は、今年は盛り上がらず、

「始まらないで、終わった」

デカいサイズの集まったタイミングはあったのだが、それも一瞬。
(90upバラして終わる)


今年のここまでの気温や水温の推移で言えば、

春以降の水温の上昇は早く、
例年よりも早くに赤潮が発生した。

が、
逆に北寄りの風が強く吹く事も多く、
ようやく、25℃くらい。

黒潮の寄りがおかしいのが今年。

理由の1つは、
「関東以外はまだ梅雨だったから」


そう、関東では梅雨明けして夏になったから、
「なんか違うなぁ」
って思ってたけど、

大きな気候の流れで見ると、
ようやく梅雨明けしたところなのだ。

なのでこれからようやく夏らしい安定をみせてくるのではないかと。


ただ一方で、
春から続く、
いや何年かに渡って続いている気候変動の影響の方が大きくて、

夏場に水温が上がって30℃になったとして、

冬の最低水温から22℃くらいの上がり幅。

以前ならその差25℃くらいの上がり幅があって、
梅雨明けから一気に水温が上がったため、
赤潮も今くらいに来ていた。

なので、
川崎新堤で夏場となれば表層グリグリドンが毎日展開され、

朝だけとかショボいものではなく、
昼寝時間や帰る時間を悩むくらい、
朝から夕方まで釣れた。

台風が来て、濁りが一気にとれたり、青潮になるまでは連日のように。

それが近年はなくなった。

最近のグリグリドンは破壊力がなく、
5本くらい出れば御の字。

アベレージも下がってる(以前は55以上)ので、バラしも多い。

この傾向は今年の夏も同じだろう。

やはり今年もイワシが少ない。

いてもこの時期でもマイクロサイズがいたりする。


で、以前のような状況はもう望めないのを前提に考えると、

「秋になるまではマイクロベイト対策メインで良いのでは?」


と言っても、
IP-13やPB-13、ミニカリダートなどでと言うことではないのだけれど、

マイクロベイトに強いスピンテール全般、
特にPB-20はしばらく強いと思う。

先日の川崎では、
一時浅いレンジでバイトが出た(バイトシーンが見えるくらい)ので、
PB-13での表層テロテロ巻きで連発(連バラし)したので、
持っといて損はないと思う。


もちろんIP-26などのような鉄板も活躍するのではあるけど、
サイズは選べない印象。

かなりテクニカルだけれど、
PB-20のようなマイクロベイトを、
ベイトのサイズに充てていくくらい、
サイズ狙いはシビアになってる印象。

この状態が、9月中旬くらいまでは続くのか、

今年は梅雨明けが早かった分、もう少し早くに訪れるのか。

ちなみに、
川崎新堤で「秋の訪れ」を感じる方法として、

「ミノーに反応が出てきたら秋」

ビッグサイズミノーではなく、
80~110mmサイズのミノーに反応が良くなると、

バッシー的には秋パターンの釣りが通用し始める目安。

このタイミングの直前には何故か、

「やたらとワームのただ巻きに反応が良い時期」

が来るのだけれど、これが例年だとお盆の後半。

お盆休みが終わった後、
ミノーを試して反応が良ければ、

「秋の釣りをしてよし!」って感じ。


ただこれも一昨年くらいから少しパターンが変わってきてるので、

今年辺りはまた変わるターニングポイントになるのかも知れないけどね。


ちなみにちなみに、

毎年夏に盛りをみせる、横浜方面のマゴチ。

今年は「からっきし」らしい。

ハゼエサで上手な人がやってようやく数本って貧果。
サイズも小さい。


こんなとこにもだんだんと影響が出てるのかなぁ。


まぁアングラーとしては、
変わりゆく環境に合わせて、
工夫していくしかないのですけどね。

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!