プロフィール

Takahiro

熊本県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2018/11 >>

1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:49
  • 昨日のアクセス:117
  • 総アクセス数:662893

QRコード

2週間ぶりのウェーディングは魚も豊富。

  • カテゴリー:釣行記
何かと慌ただしい1週間だったが、体調も心配なので実釣2時間と決めてアジングへ出掛けた。

ポイントに着いたのは0:00を過ぎていた。先行者が一人、ちょうど入れ替わりになった。ノーバイトだったそう。
沖には見かけないボートアジンガーが1隻2人組。どちらも渋そう。
潮は小潮だが潮位差3m近い。
今年は全く潮に関係なくポイントに入ってるが、そんな中では今日は良い方。ちょっと期待したいが、風無し流れ無し先行者のバイトなし。
先週に比べればましだが、まだ濁りが残ってる。エイに注意だ。
ボトムを探りたいところだが、バイブレーションの早巻より始めた。
レンジバイブ6.5g。細かな大きめの振動がお気に入り。
先週のGOLD ONEのみとは違って、短時間だがいつものアジングに戻す。

いつもネットから魚籠へ入れる時に逃がしてしまうのを少なくするため、Tictのバツカンにフロートをつけてみた。
r3n4t9gks968sikon5ug_480_480-21f84d92.jpg
ハンドルとクリップを反対にすることで良い感じでバランスもとれる。
フロートの間隔が狭いかなと思ったが、セイゴも入るからこのまま使ってみよう。

タックルは月下美人MX86ML-Tにストラディック2500HGM。SUNLINE PE0.4にはじめはシーガー1.5号7lbリーダー。
潮上よりボートの邪魔にならないように5m毎に刻んで行く。
それはダウンクロスで暗部へキャストした時だった。
着水と同時にHIT。ゆっくりとした重い引き。このスピードに反応するのはシーバスか?。ドラグが止まらない。30mくらいまでは寄せられたが、駆け上がりに来ると抵抗され寄せられない。リーダーが口に擦れる振動がガンガン伝わってくる。
軽くエラ洗いしたが、口が空いてない。飲み込まれたか?アベレージの70cm前後。できたらバレて欲しいが、飲み込まれたら仕方ない。リーダーから切れるのを望むしかない。ブルカレなら勝負できるサイズだが、バリバリのロッドに使い込んだPE0.4では魚がバテるのを待ちしかないが、それまでに根でラインを切られるのが関の山。2回目の寄せで口元からブレイクしてくれた。

リーダーを1.5号6lbに変えてリグもフロートにした。
同じバイブレーションで7lbとの違いを比較したかったがまた次回に。。。

フロートではフルキャストが出来ないラインだが飛距離は十分。
狙ってる潮目の5m以上先まで簡単に飛んでくれる。
今日はフロート下のリーダーは6lb、ジグヘッドはダイワのSS OG 1.0g。前回は0.8だったが今回は固めのリーダーなので1.0gにしてみた。

相変らず流れは無く、泡やごみも溜まって来た。
ゴミの下をスローに引こうとフォールさせるとHIT。アジだ。ヒラではない。
引きは良いがハイピッチなのでサイズは20cm位か?
それにしてもダイワジグヘッドは最初の貫通感がわかり辛い。いきなりガツンと当たる。問題は無いが、ブルカレだと最初の貫通感は感じられない事が多く、フッキング位置がわからない。その分フッキング後に撓ってくれるので巻くだけで自動的にランディングしてくれるが、MXはドラグかロッドでコントロールしないとバレやすい。

その後ゴミが多くなったので、その手前をフォールさせる。
反応なく、スローリトリーブから徐々にスピードを上げる。
するとまたもやシーバス。口を開けての大きなエラ洗い。
シーバスだと貫通感はバッチリわかる。薄皮を貫通してるがジグヘッドは簡単には外れない。
サイズは60cm弱。試しに寄せるがやはりフックが伸びて外れた。
このジグヘッドの良いところは、伸びてまた戻るところ。
ラインを傷めずにリリース出来るのでありがたい。もっといろいろ使い込んでみたいジグヘッドだ。

しかしまだシーバスが居るとは思わなかった。厳しいアジングになりそう。手首の痛みは限界に近くなった。
ボートもアジング専門なのか近くに寄って来ない。ありがたい。

ゴミが流れだした、時合到来。
キャロで手返し良く探りたいが、そのままフロートでワームをフィジットヌードのラメに変更、フォールで目立つようにした。
それから連発。着水HITや、かなり沈めてのリトリーブでもHIT。
居付は浮いてて回遊系が沈んでるいつもと反対の状況。
それより巻で回遊系、フォールで居付と考えるのが正解だろう。
回遊系20~22cm。居付は24cm前後だった。
長いワームなら何でも食ってくる状況。
しかし別なゴミが流れて来て潮目狙いは終了。
e9b9bdiwemvv9bizrun9_480_480-ff41dacd.jpg
各3匹づつを持ち帰り。

その後は手前の駆け上がりを舐めるように攻めてみた。
するとワタリガニが逃げるように目の前を通った。
試しに掛けてみる事に。。。
2投目で足の付け根に刺さった!サイズは小さいが味噌汁にするため持ち帰り。
3m359wph7vuvhwynaug9_480_480-58a59889.jpg
カニの甲羅を貫通するなんてすばらしいSS OG。ちょっと気に入ってしまった。
流れに敏感なのも流す俺には嬉しい。巻では若干抵抗が大きいか?

釣果は十分だが、刺身のネタが少ない。去年ヒラセイゴがかなりいたが。。
セイゴはダウンで波動を出した方が反応が良い。
同じつりでソゲが来るので、早巻でセイコを待つ。
10投ほどかかっただろうか、ソゲが2枚来た。
その後、弾かれた後にHIT。ピッチの狭いエラ洗い。
ロッドを脇に挟んだままならランディング出来る大きさ。50cm以下。
頭を上げっぱなしで元気の良いヒラセイゴだったが、それが幸いして楽にランディング出来た。
j2k2c8npnvyeg5xbb6o9_480_480-894583a7.jpg
しかし入れるものが無く、そのまま納竿。2時間も掛からなかったが久々に思った通りの楽しい釣りが出来た。
それに色んな発見もあったし。
何より先行者やボートアングラー、後からに来た4人が殆どノーバイトだった環境でのHITはありがたい。
やはり潮は大切な要素。釣果だけでなく、活性が違うので楽しめる。
ただし飽きるのも早いが。。。。。

食べるシーバスを狙うにもランカークラスをじっくり狙うにも今は良い環境。
ルアーやパターンに拘らず、気に入ったルアーを投げ続ければ釣果は出るはず。
ベイト付きが居なくなった今、居付でスキルアップする絶好のチャンス。
これを身に着けると、ハイシーズンが嫌になるほど釣りが楽しめる。
 

コメントを見る



【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ


【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!