プロフィール

Takahiro

熊本県

プロフィール詳細

カレンダー

<< 2017/7 >>

1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31

検索

:

タグ

タグは未登録です。

アクセスカウンター

  • 今日のアクセス:8
  • 昨日のアクセス:365
  • 総アクセス数:544273

QRコード

連日HITのゴリアテHi 今日は1投目

  • カテゴリー:釣行記
昨日の帰りにどうしても試したかった事があった。
ゴリアテHiを昼間に流れの緩いところでアップクロスで動きを見たかった。
カタログとか読んでないし、読んでも意味が無い。
ルアーは頭では無く、体で感じるもの。使わなければわからない。


パスタランチを済ませて出発。かなりの風なのでルアーが引けるか心配。
風速8m。行きたいポイントは風裏になるので何とかなるだろう。
ポイントに着くと風速4m程だが、たまに10mクラスの突風が吹く。
足場を選んで立ち位置を決めた。

ゴリアテHIをキャスト。さすがに風には弱いが50mくらいは何とかなりそう。
リトリーブスピードの変化にルアーがどう反応するかを見たかった。
昨日はスローのみだったし暗闇なので足元だけしか見れなかった。
予想通り、早めに巻いてもピッチが上がらない。
ルアーより大きな魚の波動が出てるようだ。
それよりこいつは見せてアピールするルアー。
それを試す絶好の機会が今週だったので、是非試して見たかった。

ポイントは湾内の時磯。先々週バイブでランカーを仕留めたところの近く。
ここは潮止り前後で魚が付き場を変えるため移動するポイント。
流れの弱くなったタイミングでアピールが強いルアーが欲しかった。
今まではエスクリム139Fチャートを使ってたが、早く巻くとピッチがあがり小さい魚のような泳ぎになるのを、微妙にスピードを変える必要があった。
旧ゴリアテが最適だったポイントだが、20cm以下のベイトの時には反応が悪かった。
そこにHiが出たのでそこの反応が見たかった。

時間もあるのでちょっとランガンしてベイトを探ってみたら、2週間前と同じ小さいトウゴロがルアーに追われて飛び跳ねる。
色んな魚が居るかも?とボトムまで探るが、たまにチビセイゴが当たるだけ。
スピナーでも同じ。諦めてルアーの比較で遊ぶ事にした。

日も暮れて風も穏やかになりだした。
これから1時間が勝負。日曜日だから8時には納竿にしたい。
ランディングを想定して立ち位置を決め、遠くの明かりでコースを確認。
狙うのは藻の帯の上。移動するとき上を超えるタイミングを狙う。
フルキャストは不要だが、正面からの風と魚の上に落として荒らしたくないので、ロッドのフルパワーでキャスト。サミングで落としラインで方向を確認。おそらく2m以内には落ちてるはず。
1発アクションを入れてミディアムリトリーブ。闇夜では速い巻。
引き重りの変化が少ないので、ここからは感で引くしかない。
それは7巻目だった。横からジャンプしながらHIT。それから10連続エラ洗い。こんな奴がこの時期にも居るのか?
魚が潜らないのでサイズがわからない。
アベレージの65cm位かと突込みだけに注意しながら寄せると、半端じゃない突込み。重い。振るドラグにしても断続的に止まらない。
ここは2m下までは障害物は無いので、ちょっと遊ぶ事にした。
このまま上げたらびしょ濡れ間違いなし。
ドラグを緩めて、ロッドを下げると突込んですぐさま走り出す。これの繰り返し。これは面白い。ハイシーズンのランカー並みのパワー。
これならバリスティック102MHを使えば良かったと思ったけど遅かった。
まあMLでもぎりぎり無理が出来るサイズだが。。。
かなり遊んで上げたが、それでも暴れまくり。泥水をまき散らし、帰ってウェアを見たら、ずっこけた時以上に泥だらけ。やってくれますこいつは。
u29bt9gemi4k455686nf_480_480-68d52eed.jpg
上がって来たのはこの時期にはあり得ない太さ。78cm。
頭が小さくて長い自分好みだが、あり得ない腹の太さ。
予想より20cm大きくてぴっくり。
こいつは遡上途中に迷い込んだか?
gva3ci9eo7n2vw7pm38r_480_480-8ff9b12b.jpg
最後まで3フックとも2本ずつ掛かってたのでバレなかった。
しかし1投目で来るとは?ゴリアテHiのHiはハイアピール?
2本とも外掛かりだが、今日のは的を外した感じの外掛かり。
ヤバイくらいに勢いありすぎ!
今日はルアーは何でも、どう引いてもHITしただろう。
場所によってのムラはあるが、第2のハイジーズンはまだまだ続きそう!
居付では無かったので、場所を冷まして狙えばおそらくランカーも来ただろう。日曜日でなければ。。。
おそらく北風が強かったので、マヅメにベイトが寄せられてたかも?

狙いとは違った釣れ方だしサイズも違ったので、満足感は半分。
喜んだのは脂ののった魚が好きな家族だけ。
LINE報告すると、早く刺身が食べたいとの事。明日しか食べないのに?
それとも昨日のを一緒に食べようと言う事か?
釣って来いだの、帰って来いだのうるさい家族だこと。。。
まあおかげで自由に釣りが出来る訳だが。。。

タックルを変えてもう1本と行きたかったが、冷蔵庫には昨日のシーバスもあるし。。。。
どうせ何でも釣れるだろうから、帰ってたまにはタックルでも流そうかな?
そう思って帰ったら、ウェーダーからワークキャップまで泥水を洗い落とす羽目に。。。
早く帰って良かった。終わって飯食ったらこんな時間。今から風呂!

追記
このシーバスは、おそらくコノシロをたらふく食って太ったのだろう?
だが今は空っぽだった。ベイトを見失ったのか?
TOPでも食らいついてくる勢いだったのはそのせいか。
いずれにしても釣れた魚には違いない。
結局ゴリアテの結果も居付のシーバスもわからず仕舞。
 

コメントを見る



【Good game】 全国のfimoアングラーから届く釣りログの中から釣り人に役に立つ釣行記として作成されている釣りログをお届けします!

【釣具新製品情報】 各社から発売されている注目の釣具をご紹介
 
fimoが運営するニコニコチャンネル【fimo釣りチャンネル】 生放送釣り番組を観るならfimo釣りチャンネルコミュニティ

【フィールドレポーター】全国各地の釣りの状況をお届け!


【fimo釣りログアプリ iPhone用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ

【fimo釣りログアプリ android用】釣りログ見るなら、釣りログ書くなら、スマホから!fimo釣りログアプリ